車の運転をする上で重要とされるのが休憩です。特に『睡眠』については夜間の睡眠時間はもちろん、休憩時の睡眠時間も運転する上では重要な要素となります。では、効果的に休憩や仮眠を取るには、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

©フリー写真素材ぱくたそ

 

 

休憩時間の重要性

 

©フリー写真素材ぱくたそ

 

車を運転する上で睡眠時間というのは非常に重要な要素であり、前日の睡眠時間をきちんと確保していないと運転中の眠気に繋がります。

もちろん睡眠時間が確保されていても睡魔が来ないとは限らず、運転時の注意力が散漫になり、事故を引き起こす可能性が増加するため、眠気を感じた時はすぐにでも休憩と適切な睡眠が必要であると考えられます。

とはいえ、休憩時に睡眠時間を取りすぎても、集中力を高める効果が低い事はご存知でしたか?

それでは、どのようにどれくらいの時間の休憩(仮眠)が効果的なのか、ご紹介します。

 

効果的な休憩をするためには?

 

©フリー写真素材ぱくたそ

 

運転中に睡魔を感じて休憩を取る場合、仮眠が効果的です。

仮眠といっても30分以上の睡眠は逆に深い眠りを誘発してしまい逆効果となってしまうので、20分までの仮眠が良いとされています。

また、寝る姿勢も重要で、敢えて座った状態で寝ることがおススメです。

仮眠時は座席をフルに倒し、水平に寝転んで足を伸ばしたほうが良いのでは?と考えられがちですが、家のベッドで寝るように足を伸ばして寝てしまうと深い睡眠を促進させるため、眠気を取るための仮眠とは逆効果になってしまいます。

車の中で仮眠を取るなら、シートリクライニング程度で15〜20分程の仮眠が非常に効果的と言え、仮に寝付けなくても目を閉じているだけでも脳に入って来る情報を遮断することができるので、十分な休憩効果を得る事ができるので意識してみてくださいね。

 

まとめ

 

©フリー写真素材ぱくたそ

 

いかがでしたか?

運転中に睡魔を感じ、それによりヒヤリとした経験がある人はドライバーの半数以上とされています(公益財団法人 高速道路調査委員会調べ)。

効果的な仮眠を取ることで結果的に安全かつ早く目的地に到着することができるので、眠気を感じるようであれば、軽い仮眠を取る事がおススメです。

 

あわせて読みたい

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!