2代目E36は高性能ラグジュアリーモデルへ

©︎BMW AG

初代E30型M3の生産は1990年で終了しましたが、BMWはDTMへ1992年までワークス体制での参戦を続けます。

そして新型M3に切り替える予定で、1993年から2代目E36型M3の販売が始まりました。

しかし、DTMを管轄するONS(ナショナルスポーツ協会)との間で、参戦のためのホモロゲーション取得に関して見解の相違があり、結局BMWワークス体制によるE36型M3のDTM参戦は実現しませんでした。

E36型M3自体も初代の2.3 / 2.5リッター直4から3リッター(286馬力)、後に3.2リッター(321馬力)直6エンジンへと換装。

ハイパワー路線は健在だったものの、通常のE36型3シリーズとデザイン面での差別化はほとんど無くなっています。

この代から2ドアクーペやカブリオレだけでなく、4ドアセダンにもM3が設定され、日本では通常の3シリーズにM3仕様のエアロを装着した「形だけM3」も販売されるなど、初代のような特別なモデルではなくなりました。

 

レース仕様のE36型M3 GT

©︎BMW AG

しかし、E36型M3にもレース用ホモロゲーションモデルが存在しました。

それがFIA GT2とIMSA GT規格用のM3 GTおよびそれをベースにした特別仕様車GT2で、3リッターエンジンは295馬力にパワーアップされたほか、専用スポイラーが装着されていますが、残念ながら日本には正規輸入されていません。

 

右ハンドルも選べるようになった3代目E46型

©︎BMW AG

2000年には3代目E46型M3がデビューし、M5の復活によって、セダンの設定は無くなりクーペとカブリオレのみとなりました。

E36の末期に設定されたものの、熟成不足で故障が頻発した6速SMGが、改良を加えられて信頼性を向上したSMGIIにバージョンアップ。

ベースグレードのほかにエンジンをパワーアップしたハイパフォーマンス仕様「CSL」も追加されたほか、ALMS(アメリカン・ル・マンシリーズ)参戦用のホモロゲーションモデル、380馬力の4リッターV8エンジンを搭載した「GTR」も2001年に追加されています。

E46型は日本で販売された際にCSLとGTRを除き初めて右ハンドルも選べるようになったのもポイントの1つです。

 

車格アップした4代目E90 / 92 / 93型

©︎BMW AG

2007年にデビューし、日本でも同年発売開始した4代目は、3シリーズコンパクトの後継が1シリーズとして独立デビューしていたのに伴い、3シリーズの車格がアップしていたため、M3としても大型化・大排気量化が図られました。

エンジンは3.2リッター直6から420馬力の4リッターV8に変更され、2ドアクーペ(E92)、カブリオレ(E93)に加え、E36以来の4ドアセダン(E90)が復活しています。

また、セミATのSMGは7速DCT(シュアルクラッチミッション)へと途中で換装されました。

 

E92でDTMに復帰

©︎BMW AG

この4ドアセダン仕様E90型M3で、DTMに復帰するのではと噂されていましたが、結局2012年からDTMの車両規則が4ドアサルーンから2ドアクーペに変更され、2012年からE92でDTMに復帰しています。

復帰して早々の2012年にドライバー、チーム、マニュファクチャラーズ(メーカー)とタイトルを総なめにし、翌年以降もアウディやメルセデス・ベンツと激闘を繰り広げ、毎年何らかのタイトルを獲得しています。

ただし、後述のようにM4への移行に伴い、M3でのDTM参戦は2013年が最後になりました。

 

5代目F80型からは高性能4ドアサルーンへ

©︎BMW AG

2010年代に入るとBMWはその車種ラインナップを大きく変え、従来は同シリーズ内でセダンとクーペなど別ボディが存在していたのを、ボディごとに別シリーズに分ける事になりました。

3シリーズも4ドアセダンが3シリーズ、2ドアクーペが4シリーズへと分離され、「M」も2ドアはM4へ移行し、M3は4ドアセダンのみ。

エンジンは4リッターV8から3リッター直6ツインターボへとダウンサイジングされつつ、420馬力から431馬力へとパワーアップしたもの、日本仕様のミッションは7速DCTのみとなっています。

M4には日本仕様でも6速MTが残されていることを考えると、現在のM3は、かつてのスポーツモデルではなく「高性能サルーン」へと変化したと考えるべきではないでしょうか。

 

まとめ

©︎DTM

高性能2.3リッター直4DOHCエンジンを搭載し、ボディもブリスターフェンダーで武装した、いかつい初代M3のデビューから今年で31年。

その間に大きく、重く、ハイパワーになり続けたM3は、今や高性能4ドアサルーンとなり、初代モデルの面影は残されていません。

しかし、3シリーズの下級モデルクーペ版、2シリーズに設定されたM2がそのコンパクトなボディサイズから「初代M3の再来」と評判を呼びました。

歴史は巡り、もはやレースに参戦することも無くなったM3は、こうした「後輩」が活躍した際に「昔はM3もこうだったんだよ」と語られる存在となって、今に至っているのです。

 

あわせて読みたい

GT500マシンのスプリントレース、DTM!40分間続く超接近戦がスゴい!

市販車の面影はほぼ無い。旧DTMの優勝マシンは、改造しすぎのモンスターだらけ!

レースまるごとYoutubeで見れちゃう!公式にアップロードされたレース映像5選!

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!