Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Entertainment

鈴鹿8耐2016小ネタ集「15選」詰め込めるだけ…詰め込んでみた!

今年も真夏の中で激闘が繰り広げられた“コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース”。ここまでMotorzでもたくさんの記事を取り上げてきましたが…正直、ネタをご紹介し切れていません!なので、くどいようですが「鈴鹿8耐ネタおまけ編!」ということで、週末のサーキットで見つけた小ネタたちを写真をともにご紹介していきたいと思います!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

 

やっぱりすげぇ!!Ninja H2R

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

68台のバイクが一斉にスタートしていく瞬間も鳥肌ものでしたが、もっと鳥肌がたったのは、この「Ninja H2R」のデモラン!

わずか30秒以内で400km/hまで達するという脅威のモンスターバイクが、鈴鹿サーキットに登場。決勝レース前に迫力あるデモランを見せてくれました。

さらに今回はベースモデルに加え、白色のトリックスター仕様とボンネビル・スピードウィーク仕様も初登場!これまでのH2Rが鈴鹿を疾走したことは何度もありますが、3台揃うと、想像もつかないほどの迫力ですね!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

鈴鹿8耐を初めて取材した編集部ヤマトくんも「すげぇっす!!とにかく音!あのパワーバンドに入った時の迫力はヤバかったっす!」と超ウルトラ興奮していました。

いや実際に、本当にすごいです!

正直、バイクを域を超えています!

多分、目をつぶって音だけを聞いたら「F1か?」と言いたくなるくらい体の芯まで響き渡るサウンドが特徴でしたね。

おそらく、今後もどこかで走っているところを見られる機会があると思いますので、その時は是非注目してみてください!

 

飛びます!飛びます!「BASE8耐」

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

超ど迫力のバイクパフォーマンスに、市販バイクの試乗会。また様々なショップのグッズやバイク製品の展示販売など、バイクファンにとっても、お祭り好きな人にとっても楽しめるのが、このレースのいいところ。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

今回もサーキットではレースが開催されている一方で、こちらも大盛り上がり!特に若者を中心に盛り上がっている印象でしたね。今年はエリアも拡大し、一大イベントになっていました!

 

鈴鹿8耐の隠れ風物詩…「8耐マン」

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

「鈴鹿8耐の風物詩ってなんですか?」と答えると、色々出てくると思います。

花火、ナイトラン、ルマン式スタート、などなど…。

でも、こんな“隠れ風物詩”もあるんです!

それが、こちら!8耐マン!

このレースを毎年観戦している常連ファンの方にとっては、恒例の光景ですが、毎年鈴鹿8耐になるとロゴマークをかたどったコスチュームで登場し、一際注目をあつめるというもの。

もちろん、鈴鹿8耐をこよなく愛するファンです。

彼らのことを、我々が説明するより…

是非、熱い想いがつづられた彼らのブログをチェックしてみてください!

http://ameblo.jp/8hours-man/

「今年会えなかった(泣)」という方は、是非来年リベンジだ!

 

世界一速い「ゆるキャラ」

Photo by Yamato

Photo by Yamato

鈴鹿8耐をはじめ国内モータースポーツではおなじみのピットウォーク。各チームとも配布グッズを用意したり、レースクイーンやチームを応援するゆるキャラも登場するなど、年々賑やかになっています。

特に最近は公認・非公認を合わせて数え切れないほどのゆるキャラが出ていますが…

今回は「“世界最速”のゆるキャラ」が来ていたのを知っていますか?

それが、こちら。

奈良県奈良市の非公認キャラクター「リニー君」

現在開発中のリニア中央新幹線(リニアモーターカー)の新駅を奈良市内に誘致しようということで誕生したゆるキャラ…だそうです。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

つまり最高速度500km/hを記録する乗り物をベースにしたゆるキャラなので「世界最速のゆるキャラ」なのです。

もちろん、ちゃんと車輪が付いていて、中の人が寝っ転がれば、そのまま進むことも可能…のようです。

実際に会ってみたところ、ご覧の通りシュールでした(笑)

リニー君のオフィシャルTwitter。気になった方は、是非フォローを!

https://twitter.com/linny_kun

 

Motorz的には、決勝よりも前夜祭の花火が感動した!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

鈴鹿8耐といえば、レース後の花火が風物詩。

今年も決勝日にたくさんの花火が打ち上がり、皆さんも思い出に残る瞬間だったと思います。

通常なら、日曜の決勝レース後の花火が感動的です

……が!!

Motorz的に感動したのは、実は前夜祭の花火でした!

理由は簡単。

全部Motorz色の花火だったから~!!(←オイw)

詳しく説明しますと、今年の前夜祭はカワサキの新型Ninja ZX-10Rデビューを記念してカワサキ特集の内容となっていました。

さらに今回は「Ninja H2R」が夜の中でど迫力のデモランを実施!

2台のマシンが揃ってチェッカーを受けた瞬間にカワサキグリーンの花火が「ドーーーン!」と打ち上がったのです。

ちょっと脱線した内容になってしまいましたが…

皆さんにとっても、今年の花火が思い出に残るものであってくれれば幸いです!

 

これなら酷暑でも大丈夫?気合いの入ったクールダウンエリア

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

今年も鈴鹿8耐は暑かったよね。来場いただいた皆さんが少しでも涼めるようにと、鈴鹿サーキットには「クールダウンエリア」というのが夏季限定で用意されます。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

さらに8耐のレースウィークは至る所にミストを設置!こういった配慮が行き届いているのも、さすが伝統ある鈴鹿サーキットさんですよね!

 

鈴鹿8耐といえば「赤福氷」が有名ですが…

鈴鹿8耐

最近ではグルメも充実している鈴鹿8耐。

GPスクエア周辺は、冠スポンサーである「コカ・コーラ ゼロ」は至るところで販売されていました。

さらに夏の鈴鹿でのレースと言えば、夏季限定で出張営業していただける「赤福氷」が有名ですが、もう一つ欠かせないのが「牛ステーキ串」

今年もパドックで出店している店舗を見つけてパシャり!

レースを見ながら、出来立ての牛ステーキ串をいただく…。これも鈴鹿8耐の楽しみの一つとしている方も多いと思います。

皆さん、今年も食べましたか?

 

幻想的な空間が広がる「ナイトピットウォーク」

ピットウォークというイベントはSUPER GTやスーパーフォーミュラなど国内レースでは恒例行事となっていますが、夜にピットウォークをやるのは鈴鹿8耐だけ!

ということで、今回も盛大に開催されました!

例年、この日は熱帯夜になることが多く非常に暑かった印象があるのですが、今年は比較的涼しくナイトピットウォークも快適に過ごせたのではないかと思います。

昼では各ピット「カッコイイ!」と言いたくなるようなバイクの展示や、レースクイーンの華やかなイメージがありますが、夜はライトアップという魔法が加わるので、幻想的な雰囲気に。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

例えば、ヨシムラ・スズキのピット。

またレースクイーンもナイトピットウォーク限定バージョンで登場するチームが。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

#9Motorrad RennsportでレースクイーンをしていたEXEDY RACING GIRLSの清瀬まちさんも…

昼間はカッコいいコスチュームですが、夜は花魁風のちょいセクシーな浴衣姿に。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

こんな感じで、この1時間のピットウォーク限定の催しが盛りだくさん!

この他にもアコースティックライブを行っているピットや、アイドルがミニライブを始めるピットまで!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

本当、ここ数年のナイトピットウォークはレベルが急激に上がり始めていますね。

今回参加できなかった皆さん!来年は是非参加してみてください!

とにかく小ネタが盛り沢山の鈴鹿8耐!でも、これだけじゃありません!次のページでは注目のあのチームから、感動のレース終了の瞬間も含めてご紹介していきます!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com