日本最大級の軽カー専門ドレスアップコンテスト『KING OF K-CAR』が2018年10月21日(日)に岡山県美作市の『岡山国際サーキット』にて開催されました。西日本を中心にアツい軽自動車が集うと聞きつけ、Motorzもこの”KING”へ初参加!噂以上に過激でアツいカスタムカーが集まるホットな1日となりました。

 

©︎Motorz

 

KING OF K-CARってどんなイベント?

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車

©︎Motorz

 

今回で12回目を迎えた『KING OF K-CAR』は、日本最大級の軽専門ドレスアップコンテストとして多くのKカー好きから親しまれているイベントで、事前登録の参加者は250台超え、35社がブースを出展。

この日の為に愛車を仕上げてくる熱心なオーナーも多いというKINGですが、2018年は10月21日(日)に開催。

肌寒さが冬の訪れを感じさせる早朝の岡山国際サーキットには、そんな寒さも吹き飛ばす勢いのホットなKカー達が集いました。

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車

50型のテレビは果たして軽に載せて帰れるのでしょうか…(笑) / ©︎Motorz

 

また、会場ではKカーのドレスアップ専門誌『Kスタイル』誌のドレスアップコンテスト『Kスタイルカップ』も併催され、メインステージには100を超えるトロフィーがズラリ!

様々な賞典の他、50型のテレビなどが当たるビンゴ大会など、様々な催しが用意されており、9時の開会式から17時のゲートクローズまで丸1日楽しめるイベントとなっています。

 

公平で平等なドレスアップコンテストを目指して

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車

全国から自慢の愛車と一緒に集った参加者たち /©︎Motorz

 

大阪府松原市にあるドレスアップカーショップの『HEARTILY(ハーテリー)』が中心となって開催している同イベント。

コンテストの投票権を持っているのは出展者にのみ!

参加者や来場者はその結果を待つだけ、という点もKINGの特徴だと思います。

その審査方法には一体どのような想いが込められているのでしょうか?

ハーテリーの四方さんに話を聞いてみました。

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車

KINGの中心人物、ハーテリーの四方さん(左) / ©︎Motorz 

 

多分、普通のドレコンだったら参加者や来場者の皆さまなど”会場が選んだ”1台が選ばれると思います。

しかし、そのシステムでいくと中には組織票で上位に食い込んでくるクルマもあったりして、公平ではないなって思うこともあるんです。

なので我々のイベントでは、カスタムパーツを作っている出展社さんや出版社さんなどの有識者の方々に厳しい目で見てもらうことで公平性を保っています。

だからこそなのかもしれませんが、ありがたいことに参加者の皆さんも「KINGで選ばれたい!」「KINGを目指してクルマを作るぞ!」と気合いが入るという方も多いみたいで、皆さんに支えて頂きながら、なんとか12回も開催することが出来ました。

 

モタガレも出展しました!

そんなKING OF K-CARに今回、Motorzも参加してきました!

初参加ながらもモタガレ賞を設けて頂き、我々も例に漏れず会場の皆さんの愛車を厳しい目で審査させて頂く事に。

非常に悩んだのですが、純粋に我々が「スゴイ!」と感じたコチラの1台にモタガレ賞を贈呈させて頂きました。

 

モタガレ賞をゲットしたのはこの方!

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車 N-WGN

モタガレ賞を受賞された大阪府の山本サンと愛車のN-WGN / ©︎Motorz

 

今回、モタガレ賞として選出させて頂いたのは、エントリーNo.13大阪府からお越しの山本竜二さん。

内外装ともにフルで手が加わっており、一目見ただけでもカスタム箇所の多さに圧倒されますが、派手派手しさを感じさせずバランスよく仕上げられたトータルコーディネート力の高さを評価させて頂きました。

そんな、見事モタガレ賞をゲットした山本さんに、愛車のN-WGNについて詳しく聞いてみました。

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車 N-WGN

©︎Motorz

 

基本的には大阪府のカスタムカーショップ『Make-up(メイクアップ)』で仕上げたというN-WGN。

以前は初代ステップワゴンをカスタムして楽しんでいた山本さんでしたが、このN-WGNはドレスアップから卒業するつもりで購入したのだそう。

しかし、湧き上がる衝動を抑えることが出来ず、気付けば内外装ともにフルカスタム。

外装はメイクアップでワンオフで製作したフルエアロに身を纏い、エアサスはこの個体専用にセットアップした『BOLD WORLD』の『REVOLUTION 1』をチョイス。

足回りには『日正タイヤ』のロアアームや『J-LINE』のアクスルを装着し、純正から延長することなくエアサスを収めたのがこだわりのポイントだと語ってくれました。

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車 N-WGN

迫力あるボンネット / ©︎Motorz

 

モタガレ「山本さん、モタガレ賞 受賞おめでとうございます!」

山本さん「えっと、この度はこのような……あの、ごめんなさい『モタガレ』って何なんですか…?」

モタガレ「なに〜!!それでは『モタガレ賞』のありがたみが分からないのも仕方ありません。モタガレとはですね……」

〜〜〜割愛〜〜〜

モタガレ「つまり、クルマのカスタムパーツやカー用品を手軽に買えるECサイトなんですよ!」

山本さん「ありがとうございます、よーく分かりました(笑)」

ちなみに今、会員登録をしてマイカー登録+そのマイカーに装着されているパーツを5つ登録すると、1000ポイントをプレゼント中!

また、車検証情報まで登録して頂くと追加で1000ポイント、合計2000ポイントをプレゼントしています!

更に送料分のポイント還元キャンペーンも実施中!

気になる方は、是非この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

会員限定!モタガレの送料が実質無料になるキャンペーンスタート!

 

まとめ

 

KING OF K-CAR キングオブケーカー 軽自動車 N-WGN

©︎Motorz

 

今回は年に一度の軽ドレスアップカーの祭典、『KING OF K-CAR』に参加してみました。

初参加してみて最も印象的だったのは、非常に若い参加者が多かったこと!

そんな参加者に話しかけてみると、まだ20代前半だという参加者も多く、「ほぼフルカスタム!もう1台同じクルマが買えます!(笑)」というような、ドレスアップに気合の入った車両も多々。

車両価格や維持費も安く、比較的所有が楽な軽を買ってきて自分の好きなように思うようにカスタムしたいという若者の多さに、かなり驚きました。

ポイントキャンペーンでお得に買い物が出来ちゃうモタガレは、若いカスタムカーオーナーも、もちろん応援しているので、是非チェックしてみてくださいね。

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!