世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第7戦、カナダGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1カナダGP2017!

©Pirelli

ight: Steven Tee/LAT Images
ref: Digital Image _R3I0800[/caption]

2017年 F1GP 第7戦 カナダGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第7戦 カナダGP リザルト

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
4位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
6位:エステバン・オコン(フォースインディア)
7位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
8位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
9位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
10位:ロマン・グロージャン(ハース)
11位:ジョリオン・パーマー(ルノー)
12位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
13位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
14位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
15位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
16位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
※完走扱い

ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)※完走扱い

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)

カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)

 

2017カナダGPの見どころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
これからこちらのMotorzツイッターアカウントではF1第7戦カナダGPの様子をお伝えします。
夜遅い時間ですが、どうぞお付き合いください!
#CanadianGP #F1JP

今日はMotoGPやフォーミュラE、さらにはWRCなど多くのトップレースが開催されて画面に釘付けという方も多いかもしれませんね!?
そしてお待ちかねのF1がいよいよスタートの時間を迎えています。
#CanadianGP #F1JP

さて、それでは早速昨日の予選を振り返っていきましょう!
昨日の予選でポールポジションを奪ったのはハミルトンでした。
通算65回目の獲得はセナに並ぶという快挙で、憧れのドライバーの記録に並んだハミルトンが涙を流すというシーンも見られましたね!
#CanadianGP #F1JP

そして2番手につけたのはベッテル。前回のモナコGPでは優勝を飾りましたが、今回は予選でメルセデスに遅れをとることになりました。
昨年もこのカナダではこの2名が優勝争いを繰り広げましたが、今年はどうなるでしょうか?
#CanadianGP #F1JP

その2人の僚友であるボッタス、ライコネンが続き、フェラーリとメルセデスが2列目までを独占。
それに続いたレッドブル勢が3列目に並ぶこととなりました。
#CanadianGP #F1JP

そしてインディから復帰したアロンソは12番手からの発進となりました。
インディ500では残念ながらリタイアに終わり、このカナダGPでも金曜日にトラブルに見舞われましたが、なんとか入賞にも期待が持てる位置に付ける走りを見せました。
#CanadianGP #F1JP

F1カナダGPスターティンググリッドです。
1ハミルトン
2ベッテル
3ボッタス
4ライコネン
5フェルスタッペン
6リカルド
7マッサ
8ペレス
9オコン
10ヒュルケンベルグ
ここまでがQ3進出組です。
#CanadianGP #F1JP

以下は
11クビアト
12アロンソ
13サインツ
14グロージャン
15パーマー
16バンドーン
17ストロール
18マグヌッセン
19エリクソン
20ウェーレイン ※ピットスタートを選択
以上の通りとなりました。
#CanadianGP #F1JP

戦いの舞台となるモントリオールのジル・ヴィルヌーブ・サーキットですが、現在は風が強いようですね。
コースはドライコンディションとなっています。
#CanadianGP #F1JP

©Pirelli

このコースは非常に高速なレイアウトながら壁が近いため、モナコと同じように一瞬のミスが大きなクラッシュに繋がってしまうことも多いですね。
セーフティカー出動率が高く、レースが荒れやすいのも特徴です。
今日も最後まで目が離せない展開となりそうです
#CanadianGP #F1JP

さて、レースの前にポイントランキングにも注目しておきましょう。
現在ドライバーズ選手権でトップに立っているのは129ポイントを獲得しているベッテルです。
それを25ポイント差でハミルトンが追いかける展開となっています。
#CanadianGP #F1JP

F1 ドライバーズランキング
1ベッテル 129点
2ハミルトン 104点
3ボッタス 75点
4ライコネン 67点
5リカルド 53点
6フェルスタッペン 45点
7ペレス 34点
8サインツ 25点
9マッサ 20点
10オコン 19点
#CanadianGP #F1JP

今回ポールポジションを獲得したハミルトンはこの点差を縮めるチャンスが訪れています。
前回のモナコでは不調のまま終わってしまっただけに、この得意のカナダではベッテルの前でフィニッシュしたいところです。
#CanadianGP #F1JP

続いてはタイヤ戦略も見ておきましょう。
今回カナダGPに持ち込まれたタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトと最も柔らかい3種類。
Q3に進出したドライバーは全車ウルトラソフトでのスタートが決定しています。
#CanadianGP #F1JP

ピットストップのタイミングは1ストップ作戦が主流になると見られています。
しかし、セーフティカーの出動によっては展開が大きく変わるため、機転の利いた戦略が求められます。
#CanadianGP #F1JP

さて、フォーメーションラップ3分前となりました。
スタートタイヤが明らかになりましたが…マグヌッセンとウェーレインがスーパーソフトタイヤを履いています!
残りの全車がウルトラソフトでスタートするようです。
#CanadianGP #F1JP

スタート~20周:オープニングラップからクラッシュ!?

©Pirelli

各車グリッドに整いました!
いよいよカナダGPがスタートします!!
#CanadianGP #F1JP