『ブランド価値の向上』、『先進技術の獲得』、『モーターサイクルレースの健全なる普及』を目的に、世界各地でレース活動を行うとともに、技術開発、人材育成などに積極的に取り組んでいるYAMAHAが、今季も“Revs your Heart”の具現化を目指すべく、国内外主要チームのレース活動体制を発表しました。

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

昨シーズンのモータースポーツ活動実績

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

昨シーズンのMotoGP世界選手権では、1961年の初挑戦以来グランプリ通算500勝を達成したほか、マーベリック・ビニャーレス選手がランキング3位、バレンティーノ・ロッシ選手がランキング5位を獲得。

そして世界耐久選手権では、『GMT94 Yamaha Official EWC Team』が年間タイトルを獲得し、その最終戦である鈴鹿8耐では 『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』が三連覇を達成するなどの成果を挙げました。

また2015年以来、『世界のどこからでも、世界のトップを目指すことができる体制づくり』のため、アジアを皮切りにステップアップ構造の構築に取り組み、この成果として昨年は全日本ロードレース選手権やアジアロードレース選手権で頭角を現したライダーが、欧州でチャレンジをはじめるなど、着実に前進を遂げています。

 

2018年シーズン国内外レース活動体制

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

ロードレース

MotoGP世界選手権

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

2017年、グランプリ通算500勝を達成したMotoGP世界選手権には、ファクトリーチームの『Movistar Yamaha MotoGP』から、昨年、MotoGPクラス自己最高のランキング3位となったマーベリック・ビニャーレス選手と、1勝を含む6度の表彰台を獲得しランキング5位となったバレンティーノ・ロッシ選手が参戦します。

そして、サテライトチームの『Monster Yamaha Tech3』からは、昨年3度の表彰台を獲得するなどランキング6位とルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたヨハン・ザルコ選手と、2018シーズンを欠場するジョナス・フォルガー選手に変わるライダーを加えた体制で参戦。

2チーム・4人が、『YZR-M1』で三冠獲得を目指します。

 

スーパーバイク世界選手権

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

スーパーバイク世界選手権には、『Pata Yamaha Official WorldSBK Team』から、アレックス・ローズ選手とマイケル・ファン・デル・マーク選手が参戦します。

昨年は、それぞれ表彰台を獲得するなど、ローズ選手がランキング5位、ファン・デル・マーク選手がランキング6位を獲得したほか、鈴鹿8耐では『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』のメンバーとしてYAMAHA初の三連覇を達成。

今シーズンは、3シーズン目を迎え熟成した『YZF-R1』で、2009年以来のチャンピオンを目指します。

 

スーパースポーツ世界選手権(WSS)

スーパースポーツ世界選手権(WSS)には、『GRT Yamaha Official WorldSSP Team』から、昨年、新型『YZF-R6』で2勝を含む8度の表彰台を獲得しチャンピオンに輝いたルーカス・マヒアス選手と、ランキング5位のフェデリコ・カリカスロ選手に加え、スーパースポーツ300世界選手権(WSSP300)でランキング2位となったアルフォンソ・コッポラ選手がステップアップし、『YZF-R6』で連覇を目指します。

 

世界耐久選手権(EWC)

2017年9月に開幕した世界耐久選手権(EWC)には、昨シーズン、3度目の世界チャンピオンに輝いた『GMT94 Yamaha Official EWC Team』と、ランキング3位となった『YART Yamaha Official EWC Team(YART)』が参戦。

そして耐久仕様の『YZF-R1』の開発とEWC連覇を照準に、昨年まで若手育成を担うユースチーム『YAMALUBE RACING TEAM』で全日本ロードレース選手権・JSB1000に参戦してきた藤田拓哉選手が、アジアから世界へのステップアップとして、第2戦から『YART』のレギュラーライダーとして参戦します。

 

MotoAmerica AMA/FIM北米ロードレース選手権

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

MotoAmerica AMA/FIM北米ロードレース選手権には、最高峰クラスのスーパーバイクに2015-16年に連覇し、昨年はランキング3位となったキャメロン・ボビエ選手と、スーパースポーツ2016-17年のチャンピオンであるギャレット・ガーロフ選手が、『Monster Energy/Yamalube/Yamaha Factory Racing』から『YZF-R1』で参戦します。

 

全日本ロードレース選手権

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

YAMAHAの技術開発と人材育成の重要拠点となる全日本ロードレース選手権には、最高峰のJSB1000に『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』と、ユースチームの『YAMALUBE RACING TEAM』が参戦します。

ファクトリーチームからは、JSB1000で5連覇・通算7度のチャンピオンを獲得してきた中須賀克行選手と、昨年JSB1000での初優勝など、トップライダーへと成長した野左根航汰選手が、ファクトリー仕様の『YZF-R1』で参戦。

チャンピオン奪還とともに、戦闘力の高いマシン開発を進めます。

そしてユースチームからは、昨年ST600でチャンピオンとなった前田恵助選手が『YZF-R1』で出場。

野左根選手や藤田選手に続くライダーとして、次なるステージを目指します。

 

アジアロードレース選手権(ARRC)

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

YAMAHAの人材育成において、重要な役割を担うアジアロードレース選手権(ARRC)には、『YAMAHA RACING TEAM ASEAN』から、伊藤勇樹選手とケミン・クボ選手が、スーパースポーツ600に『YZF-R6』で参戦します。

伊藤選手は昨年、チャンピオンにあと一歩まで迫りながらランキング4位、ルーキーとして臨んだクボ選手はランキング17位となりました。

今年も引き続き、チャンピオン獲得と育成の両方に焦点を当てて活動していきます。

また、スーパースポーツ600に併催のアジアプロダクション250には、現地法人の運営チームが参戦。

メーカーとしての各種サポートを通じ、『YAMAHA RACING TEAM ASEAN』など、次のステップに進むライダーの育成に努めます。

 

若手ライダーの育成プロジェクト『YAMAHA VR46 Master Camp』

バレンティーノ・ロッシ選手が主宰する『VR46 Riders Academy』と協力し、2016年にスタートした若手ライダーの育成プロジェクト『YAMAHA VR46 Master Camp』を、2018年も実施。

過去2年で4回、アジアを中心にグローバルに参加者を選抜し、12カ国からのべ23人が参加しました。

この中で、アピワット・ウォンタナノン選手(タイ)が、2017年より『VR46 Master Camp Team』から、CEVジュニア世界選手権Moto3への参戦を開始し、今シーズンも継続参戦が決定。

さらに、ガラン・ヘンドラ・プラタマ選手(インドネシア)が、今年からWSSP300にフル参戦するほか、コッポラ選手(イタリア)がWSSへステップアップするなどの成果を残しており、今シーズンもグローバルにライダーを選抜し、若きタレントの発掘・育成を目指します。

 

モトクロス/スーパークロス

モトクロス世界選手権

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

モトクロス世界選手権の最高峰となるMXGPには、『Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team』から、昨年ランキング6位のロマン・フェーブル選手と、ランキング7位のジェレミー・ファン・フォルベーク選手が参戦。

ファクトリー仕様の『YZ450FM』で、チャンピオンを目指します。

また『Wilvo Yamaha Official MXGP Team』からは、ショーン・シンプソン選手とアーヌー・トヌス選手に、MX2でランキング2位を獲得しステップアップしてきたジェレミー・シーワー選手を加えた3人が、『YZ450F』で参戦。

MX2には、『Kemea Yamaha Official MX2 Team』からビセボロッド・ブリリヤコブ選手、ベン・ワトソン選手、ヤゴ・グリーツ選手が『YZ250F』で参戦します。

 

AMAスーパークロス・AMAモトクロス

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

1月に開幕したAMAスーパークロスには、最高峰の450SXに、昨年ステップアップした若手のクーパー・ウェブ選手と、2015年以来のヤマハ復帰となるジャスティン・バーシア選手が『Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team』から2018年型『YZ450F』で参戦しています。

そして5月に開幕するAMAモトクロスには、最高峰の450MXに『Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team』が、2018年型『YZ450F』で参戦。

ライダーはスーパークロスと同様、ウェブ選手、バーシア選手です。

そして東西のエリアごとに開催される250SXには、『Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing』などが『YZ250F』で参戦。

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

また、250MXには、『Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing』などが『YZ250F』で参戦するほか、2017年全日本モトクロス選手権・IA2でチャンピオンを獲得した渡辺祐介選手が参戦します。

渡辺選手は、若手育成をミッションとするユースチームで成長を遂げ、2017年からファクトリーチームに所属してチャンピオンを獲得する成果を出しました。

そして今回の派遣は、海外挑戦により渡辺選手のさらなる成長と、ロードに続きモトクロスでも世界に続くステップアップの道筋を築くことを目的としています。

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

全日本モトクロス選手権には、最高峰のIA1に『フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA』から、昨年までIA2に参戦していた岡野聖選手がステップアップし『YZ450F』にて参戦します。

 

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

IA2では、若手育成を担うユースチーム『YAMALUBE RACING TEAM』の活動を再開します。

ライダーは、昨年IA2で実力をつけた鳥谷部晃太選手と大倉由揮選手、マシンは『YZ250F』です。

 

エンデューロ

エンデューロ世界選手権には昨年と同様、『Outsiders Yamaha Official Enduro Team』からロイック・ラリュー選手がEnduroGPに、ジェーミー・マッカニー選手がEnduro 2に参戦。

マシンは、EnduroGPが『WR450F』、Enduro 2が『WR250F』を使用します。

 

トライアル

©Yamaha Motor Co., Ltd.

 

全日本トライアル選手権には、『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』から2013年以降5年連続ランキング2位を獲得する黒山健一選手がファクトリーマシン『TYS250Fi』で出場。

チャンピオンの獲得を目指します。

 

まとめ

メーカーとして若手育成に力を入れている、YAMAHA発動機の2018年レース活動体制。

実力派ベテランライダーを筆頭に、どんどん下位カテゴリーからルーキーをステップアップさせるその姿勢は、ライダー個人だけでなく、メーカーとしても応援したくなるモータースポーツへの熱い気持ちを感じます。

今季も、最速を目指して戦うYAMAHAの活躍に、是非注目してみてくださいね!!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!