Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike, Race, Racerz

2015年MotoGPチャンピオン!DUCATIへの電撃移籍を発表した、YAMAHAのエースライダー”ホルヘ・ロレンソ”を知っていますか?

スペイン・バレアレス諸島出身の現役MotoGPライダーで、ロードレース世界選手権125ccクラス史上最年少出場記録など数々の最年少記録を打ち立て、ロードレース世界選手権250㏄クラスで2度、MotoGPクラスで3度のタイトル経験を持つ天才ライダー”ホルヘ・ロレンソ”を知っていますか?

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

ホルヘ・ロレンソ:プロフィール

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

名前:ホルヘ・ロレンソ・ゲレロ (Jorge Lorenzo Guerrero)

生年月日: 1987年5月4日

出身地:スペイン・バレアレス諸島、パルマ・デ・マヨルカ

3歳の時にメカニックでバイク好きな父親から手作りのバイクをプレゼントされた事をきっかけに、ミニクロスレースに参加を開始します。

そして9歳になる頃には、ミニクロス、トライアル、ミニバイク、モトクロス・ジュニアのマジョルカ選手権を独占状態。

11歳でコパ・アプリリア(50cc)を制すると、13歳でスペイン連盟から特別許可を得て、国内選手権125ccクラスへの参戦を開始します。

ここまでの数々の記録から実力を認められたロレンソは2002年、競技規則に従い、出場最低年齢となる15歳の誕生日を待ち、デルビのファクトリーチームからロードレース世界選手権125ccクラスに参戦します。

世界GP125ccクラスの初参戦は第3戦スペインGP。これは15歳と1日で決勝レースデビューという最年少記録となりました。

そして翌2003年の第12戦リオGPで初優勝を飾り、2004年にはシリーズランキング4位を獲得。2005年には、フォルトゥナ・ホンダから250ccクラスにステップし、ランキング5位を獲得します。

そして2006年、アプリリアのエースライダーに指名され、7度のポール・トゥ・ウインを含む全8勝を収め、最年少チャンピオンに輝くのです。

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

そして翌年、ディフェンディングチャンピオンとなったロレンソの勢いは留めることを知りませんでした。

9度のポール・トゥ・ウインを含めた12度の表彰台を獲得し、史上2番目の最年少2連覇を達成!

そして2008年、ヤマハのファクトリーチーム、フィアット・ヤマハから最高峰クラスにステップアップを果たすのです。

 

ホルヘ・ロレンソ:レース戦歴

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

ロードレース世界選手権参戦7年目の2008年フィアット・ヤマハから最高峰クラスに参戦を開始したロレンソは、デビュー戦でポールポジションと最少年表彰台を獲得し、その後も第3戦ポルトガルGPでの最年少優勝や、史上最年少の3連続表彰台など数々の最年少記録を樹立していきます。

しかし、第4戦中国GPで大クラッシュによる右足首の骨折から転倒が増え、第7戦カタルーニャGPで頭を強打した事によるドクターストップでの欠場や、第11戦アメリカGPでの両足骨折など不調が続き、新人王を獲得したものの、ランキングは4位でシーズンを終える事となります。

翌2009年はゼッケンを48から99に変更。前年とは全く違う安定した走りでバレンティーノ・ロッシやケーシー・ストーナーと共にチャンピオン争いを繰り広げ、全18戦中優勝4回、表彰台12回という好成績でランキング2位を獲得しました。

そしてMotoGP参戦3年目の2010年は、ロッシとの熾烈なタイトル争いを繰り広げていましたが、第4戦ムジェロでロッシが足を骨折した為離脱。

安定した速さと強さで優勝と表彰台を重ね、第15戦マレーシアGPで最高峰クラスチャンピオンに輝いたのです。

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

チャンピオンの証であるゼッケン1を付けタイトル防衛に挑んだ2011年はシーズン序盤の5戦で安定して表彰台を連取するなど、好調な滑り出しを見せるも、第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行で左手薬指の先端部分を切断する重傷を負い、終盤3レースを欠場する事となってしまいます。

その結果シリーズランキングは2位、チャンピオンの座をケーシー・ストーナーに明け渡してしまうのです。

そして2012年シーズン、2年ぶりのタイトル奪還を目指し開幕戦のカタールでポールトゥウィンを達成。

その後も2位、1位と着実に上位を獲得していきます。

第7戦オランダGPでアルバロ・バウティスタの転倒に巻き込まれリタイヤするも、その他のレースでの成績は1位と2位のみというブッチギリの強さを見せつけ、第17戦のオーストラリアGPでチャンピオンを確定させるのです。

翌2013年は、ディフェンディングチャンピオンとして最終戦バレンシアGPまでタイトル争いを展開しましたが、第7戦TTアッセンでの左鎖骨骨折や、第8戦ドイツGPでの転倒による欠場が影響し、レプソル・ホンダのマルク・マルケスにタイトルを奪われてしまいます。

そして2014年は、タイトル奪還を志すも、開幕戦カタールGPでの転倒リタイアや第2戦オースティンでのジャンプスタートペナルティなどを受け、第14戦アラゴンGPまで優勝を手にすることができず、ランキング3位でシーズンを終える事となるのです。

最高峰クラス参戦8年目の2015年は序盤3戦で表彰台を逃します。しかしその後、自身初となる4連勝を達成。

6勝を含む11度の表彰台獲得で3年振りで3度目のタイトルを獲得するのです。

2008年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (フィアット フィアット・ヤマハ・チーム / ヤマハ・YZR-M1) シリーズランキング4位

2009年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (フィアット フィアット・ヤマハ・チーム / ヤマハ・YZR-M1) シリーズランキング2位

2010年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (フィアット フィアット・ヤマハ・チーム / ヤマハ・YZR-M1) チャンピオン

2011年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (ヤマハ・ファクトリー・レーシング / ヤマハ・YZR-M1) シリーズランキング2位

2012年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (ヤマハ・ファクトリー・レーシング / ヤマハ・YZR-M1) チャンピオン

2013年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (ヤマハ・ファクトリー・レーシング / ヤマハ・YZR-M1) シリーズランキング2位

2014年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (モビスター・ヤマハ MotoGP / ヤマハ・YZR-M1) シリーズランキング4位

2015年:ロードレース世界選手権 MotoGPクラス (モビスター・ヤマハ MotoGP / ヤマハ・YZR-M1) チャンピオン

 

攻撃的なライディングとお茶目パフォーマンスでギャップ萌え!ホルヘ・ロレンソ

2013MotoGP ヘレスロレンソvsマルケス

 

MotoGP Brno 2009

 

Valentino Rossi Vs Marc Marquest Vs Lorenzo GP 2016

 

日本GP2010 Valentino Rossi vs Jorge Lorenzo

 

ロレンソ MT07ライド

 

2017年モビスター・ヤマハ MotoGPからDUCATIへ電撃移籍

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

今シーズンは、ディフェンディングチャンピオンとして、タイトル争いを繰り広げていましたが、第15戦日本GPでの転倒によりマルク・マルケスにチャンピオンの座を明け渡したロレンソ。

現在2位争い真っ只中である彼は、今年の開幕戦で大きな決断を発表しました。それは、ロードレース世界選手権の最高峰クラスMotoGPに参戦を開始した2008年から現在まで、ずっと駆り続けたYAMAHAのマシンを降りる事。そしてDUCATIという新境地で新たにチャンピオンを目指す事。

3度のタイトル獲得という実績が有り、確実に優勝を狙える安定した環境を捨てて、ゼロからの挑戦を開始する事を決めたのです。

複数メーカーをまたいでタイトルを手にする。それは、自分が手にしてきたタイトルがマシン性能に頼ったものではなく、ライダー自身のポテンシャルによるものだという証明。

そして、最高峰クラスの歴史上、2メーカーでタイトル獲得に唯一成功した、ジャコモ・アゴスチーニ(MVアグスタ/ヤマハ)、エディ・ローソン(ヤマハ/ホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ホンダ/ヤマハ)、ケーシー・ストーナー(ドゥカティ/ホンダ)という偉大なトップライダーを超えていきたいという新たな目標なのではないでしょうか。

 

まとめ

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

ロードレースの世界最高峰であるMotoGPで、参戦を開始してからの8年間、トップライダーとして走り続けてきたロレンソ。

勝つ事だけを純粋に追及し続けるかのような攻撃的とも言えるライディングスタイルは、彼の生き方そのものを表現しているようにも見えます。

そんなロレンソが2016年、今年度の残り2戦でチームメイトロッシとの因縁の戦いにどういう結末を見せてくれるのでしょうか。

そして来シーズン、新境地DUCATIでの新たな伝説の始まりに期待せずにはいられません。

そんな、攻めの姿勢を貫き続ける次世代ライダー”ホルヘ・ロレンソ”のこれからの活躍に大注目です。

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com