東京都小平市にお店を構える『Garage LFW』は1998年に創業されたドリフト系のチューニングショップです。近年ではボディのラッピングやステッカー製作など、幅広い商品を取り扱っている同ショップに、Motorz編集部が気になるアレコレを質問すると、意外なお話を伺うことが出来ました!

 

photo by Garage LFW

 

 

ドリフト大好き!わんぱくさんのお店

 

1998年に創業した『Garage LFW』は、代表の中谷 聡さんが22歳の若さで立ち上げたショップです。

現在でこそ、ステッカーからチューニングまで、ドリフト関係に特化したショップとなっていますが、創業当初は工業高校出身で溶接工だったことを活かし、ドリフトを楽しむ方向けのワンオフマフラー製作がメインメニューでした。

工業高校出身ということもあり、高校時代はバイクで草レースに出たりしていたそうなのですが、その後当時の仲間がクルマの免許を取得してドリフトを始めたことをキッカケに、中谷さんもドリフトを始めたのだそう。

そして、自身もドリフトを楽しむようになるとワンオフマフラーの需要に気付き、お店をスタートさせました。

現在も福島県のエビスサーキット主催のEDS(エビスドリフトシリーズ)などでドリフトを楽しんでいる中谷さんなのですが、かつてはMSCチャレンジといった大会にも意欲的に参加していたそうで、そのドライビングスタイルからいつしか仲間内からは『わんぱくさん』と呼ばれるようになったそうで、中谷さん自身も今では大会などにエントリーする際は『わんぱくさん』のエントリー名で参加しています。

ちなみに、当初はワンオフマフラー屋さんだった訳ですが、何気ないお客さんの「マフラー交換のついでに車検も取ってもらえないか?」とか「タイヤ換えておいて〜。」と言った声に応えているうちに、気付いたらドリフト用のチューニングなら何でもどんと来い!というお店になっていたそうです。

 

そのアグレッシブな走りから付けられたアダ名の『わんぱくさん』こと代表の中谷 聡さん。 / ©︎Motorz

 

MSCチャレンジなどの大会でも数々の記録を残してきました! / ©︎Motorz

 

きっかけは奥様

 

見た目が派手なドリフト走行ですが、D1グランプリに代表されるドリフト用の競技車両は、走りにも負けないような迫力あるエアロやフルラッピングも見所のひとつだと思います。

そして、もちろんGarage LFWでも車両のチューニングのみならず、ステッカーの印刷やクルマのラッピングまで行なっています。

そのきっかけは、以外にも中谷さんの奥様なのだとか。

当時、奥様が書いていたイラストをステッカーにして貼って大会などに出ていたら「それ良いね!」と周囲からの評判が良かったでwそうで、中には「(直接)クルマに描いてくれ!」という相談も受けるほど大盛況に。

それならば、コレも商売にしようと考えるようになったそうです。

奥様にそのことを話すと「いいじゃん、やろうよ。」とふたつ返事で話は決まり、中谷さんが大会に出場する際のマシンはもちろん、同ショップでのラッピングデザインやステッカーのデザインなど、全て奥様が担当しています。

 

同ショップのロゴやイラストは全て、中谷さんの奥様が担当。 / ©︎Motorz

 

シルビアのことなら、なんでもお任せ!

 

ドリフトベースとして人気の高いシルビア(S13〜15)が特に得意だというGarage LFWでは、シルビアを中心に多くのドリフト車向けのオリジナルパーツを展開しています。

特にサスペンションキットは中谷さんが自身で走ってテストもしていて、普段使いにも支障がないように味付けされているそうです。

またこちらはシルビア系のみならず、スカイラインやマークⅡ、ソアラやRX-7などのドリフトで人気の車種を中心に全12車種をラインナップしていて、適応外の車種もワンオフ製作可能なので、気になる方はぜひ問い合わせてみてください。

 

S15シルビア用の前後バンパーやサイドステップなどのオリジナルエアロも販売しています。 / photo by Garage LFW

 

S13シルビアでドリフトを楽しみたい方を悩ませるのがEAIバルブ問題。同ショップではこのようなオリジナルのソケットを販売しています。/ photo by Garage LFW

 

サスペンションキットは全12車種をラインナップしている他、ワンオフ製作も対応可能です。/ photo by Garage LFW

 

織戸学選手との意外な接点

 

中谷さんがかつて出場していたドリフトの大会に審査員として来ていたのが縁となって織戸選手と知り合ったのですが、その後もご縁があり、織戸選手がD1グランプリにカムバックした直後の2009年のアリストから、主にグラフィック面で織戸選手をサポートしていました。

ちなみに、現在販売されている織戸選手のオリジナルステッカー類は、全てGarage LFWで製作されています。

 

取材日にもタイミングよくちょうどMAX ORIDOステッカーが印刷されていました。 / ©︎Motorz

 

ショップ情報

 

SRエンジンの在庫も数多く揃えています。 / ©︎Motorz

 

住所:〒187-0004東京都小平市天神町1-30-25

TEL/FAX:042-342-3203/042-332-3500

営業時間:平日 12:00〜

定休日:イベント・レース開催日

E-mail:g-lfw@jcom.home.ne.jp

HP:http://www.garage-lfw.com/

 

まとめ

 

photo by Garage LFW

 

走りだけでなく、ドレスアップの相談もできるGarage LFWは東京近郊でドリフトを始めたい方に、Motorz編集部がイチ推しするショップです。

最近では自分でドリフトをするというよりは、ドリフトをする方へのサポートやイベントの運営に注力していて、走行会なども定期的に開催しているそうなので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

特にシルビア系にはめっぽう強いと評判なので、シルビアオーナーでドリフトを楽しんでいる方は、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

GarageLFWのサスペンションが欲しい人は以下のリンクをクリック!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします。