10月は世界選手権の日本グランプリ月間!F1、WECと続き、今週末はロードレース選手権MotoGPが開催されています。もちろん、Motorz編集部も取材に急行!せっかく現地に来たのなら、隅々まで楽しみ尽くしたいという事で、まずはレース観戦以外の楽しみ方をご紹介したいと思います。

 

©ChikaSakikawa

 

500円でライダーのサインがGETできるかも!?

 

©ChikaSakikawa

 

レース以外の楽しみと言えば、やはり中央エントランス周りに広がる出展ブース!

今年もたくさんのグルメブースやメーカーブースが立ち並びます。

そんな中で、まず気になったのがGPライダーのサインが当たるガチャガチャの存在。

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

 

こちらは500円でガチャガチャを回して、出てきたカプセルに当たりが入っていると、各メーカーのライダー直筆サイン入りグッズがもらえるという驚きの内容で、SUZUKIブースとYAMAHAブースで発見!!

パドックパスを持っていなくても、偶然本人とバッタリ出会う事ができなくても、大好きなライダーのサイン入りグッズをGETできるチャンスです。

MotoGPでの運試し!是非、挑戦してみてくださいね。

 

今回もやるよ!グルメレポート

 

©ChikaSakikawa

 

中央エントランス周りの広場だけではなく、ダウンヒルストレートやV字コーナーなど、観戦エリア付近にもたくさんのグルメブースが出店されるのも、MotoGP日本グランプリの魅力の一つ!

レース観戦の合間やちょっと小腹がすいた時など、どこにいても美味しい食べ物をGETできるのです。

グルメブースが多すぎて、全部美味しそうだから選べない!!なんて事もあるかもしれません。

そこで、私が独断と偏見で選んだおすすめグルメをご紹介したいと思います。

 

まずは、レプソルホンダチームおススメ!本場のパエリア

©ChikaSakikawa

 

まずは、中央エントランスを抜けてすぐ!

常設カフェレストラン『オーク』の目の前に建ち並ぶ、メーカーチーム応援メニュー販売ブース。

ここではチームスズキエクスターやレプソルホンダチーム、モビスターヤマハの3チームイチオシのグルメが販売されているのですが、その中でも特にいい匂いを周りに振りまいていた、『ソフトシェルシュリンプとアボカドの本格パエリア』(1,200円)を食べてみる事に。

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

持ち運びしやすい持ち手つきのBOXに入ったパエリアを開けてみると、想像以上の本格ぶりにビックリ!!

皮ごとそのまま食べられるソフトシェルシュリンプや貝類のダシが出たスープは絶品で、屋台グルメとは思えない完成度。

しかも!!ライダーオリジナルステッカー付きで、マルク・マルケス選手とダニ・ペドロサ選手が選択可能。

まずは、マルケス選手をGETしたので次はペドロサ選手を手に入れるために、今日も買いに行っちゃおうかな?

 

屋台グルメの定番!やっぱりケバブはハズせない!!

©ChikaSakikawa

 

屋台グルメの定番で、しかも持ち歩きやすく食べやすい。

屋外イベントでは、理想の食べ物と言っても過言ではないケバブ。

MotoGP日本グランプリの会場でも、いたる所にケバブ屋さんが出店していました。

そんな数あるケバブ屋さんの中で、今回は中央エントランス入って右側にあったケバブキッチンで『ケバブラップ』(700円)を購入。

 

©ChikaSakikawa

 

©ChikaSakikawa

 

写真に撮るとなんだか地味ですが、お肉がかなりジューシーで、これ1本で満腹!

混雑した場内でも食べやすく、満足度の高いおススメの1品です。

 

おやつには焼き芋団子がヘルシー!

©ChikaSakikawa

 

グランドスタンドを降りた先、ホームストレートの外周のオーバルコース上にあるホスピタリティガーデンにもグルメブースが盛りだくさん。

その中で、一番最初に私の視界に飛び込んできたのは、『こだわりの石焼き芋専門店 ヒゲ商店』の、美味しそうな焼き芋の看板。

 

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

焼き芋を購入しようとお店に近寄ったところ、大好物の炉端焼き団子の姿を発見!!

一瞬で心を奪われ、『三福富金団子』(400円)を購入する事に即変更。

食べてみると、外はカリカリ、中はもっちり。

焼き芋が練り込まれたほんのり甘いお団子に、ハチミツがちょうどいい。

そんな、歩き疲れた体にピッタリのおやつでした。

 

ちょっと分かりづらいけど、ホスピタリティガーデンの存在も忘れないで!

 

©ChikaSakikawa

 

グルメレポートで紹介した焼き芋屋さん『ヒゲ商店』もあるホスピタリティガーデン。

グランドスタンドの階段を一番下まで降りると現れる出店ブース広場なのですが、実際に行っても少し場所が分かりずらい印象。

でもでも、かなりオシャレなグルメブースが立ち並ぶだけでなく、ホンダコレクションホール20周年を記念した特別展示が行われているMUSEUM SHOPも展開。

 

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

 

各メーカーが販売中のMotoGPライダーレプリカヘルメットや、今季限りでMotoGPからの引退を発表しているダニ・ペドロサ直筆サイン入り日本グランプリ限定ヘルメット等、レアなヘルメットが購入できるコーナーや、ホンダが誇る歴代GPマシンの展示もあるなど、ファン必見の空間となっています。

 

©ChikaSakikawa

 

©ChikaSakikawa

 

まとめ

 

©ChikaSakikawa

 

現地観戦に来たのなら、もちろん世界レベルの戦いを生で見る迫力を楽しんで頂きたいのですが、楽しむには休憩も必要!

大好きなGPライダー達を目の前に、ちょっとはしゃぎ過ぎたかな?と言う方は、是非、グルメブースや展示ブース、物販ブースなどを間に挟みつつ、年に1度のお祭りを余すとこなく楽しみ尽くしてくださいね。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!