Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Race

”エッソウルトラフロースープラ”覚えていますか?名門であり老舗でもある、チームルマンの歴代GT参戦マシンを一挙振り返り!

トヨタ系ワークスチームとして、高い人気を誇る老舗チーム「Team LeMans」。スーパーGTや、スーパーフォーミュラなど、様々な国内レースで長年活躍してきた名門チームです。過去の所属ドライバーは伊藤大輔選手や飯田章選手・脇阪寿一選手(現・チームルマン監督)など、そうそうたる顔ぶれ。そんな有名ドライバーがこのチームで操ってきたマシンを、チームルマンの歴史と共にご紹介します!

出典:http://toyotagazooracing.com

出典:http://toyotagazooracing.com

Team LeMansってなに?

出典:https://www.teamlemans.co.jp

出典:https://www.teamlemans.co.jp

「エッソウルトラフロースープラ」と聞いて、懐かしく感じる人もいるのではないでしょうか?

数々の名ドライバーが所属していたTeam LeMans。

現在は2016年にSuperGTを勇退した「ミスタースーパーGT」として今も人気を集める脇阪寿一選手がSuperGTで監督を務めています。

そんなTeam LeMansですが、こちらは「株式会社ルマン」という渋谷に本社を置く自動車部品メーカーで、1967年に設立されました。

当時の社名は「ルマン商会」で、2000年にレース部門を「株式会社チームルマン」として子会社化。

社名の由来は、ル・マン24時間レースから来ています。

チームの歴史は古く、ルマン商会のレース部門として1969年に設立。

1970年代から、日本のトップチームとして数々のカテゴリーで活動しています。

フォーミュラレースでは1976年以降、全日本F2000からスーパーフォーミュラと、国内トップカテゴリーに継続して参戦。

2016年も、元F1ドライバーとして有名な小林可夢偉選手がTeam LeMansから参戦しています。

 

出典:https://www.teamlemans.co.jp

出典:https://www.teamlemans.co.jp

全日本GT選手権には1999年からスープラで参戦。トヨタのワークスチームの中でもエース的存在で、チーム・ドライバー共に人気の高いチームです。

最近ではENEOSカラーが印象的でしたが、2016年からスポンサーがWAKO’Sに変更になりカラーリングも一新され話題になりました!

そんな名門のチームルマンですが、過去にはどんなマシンが走っていたのでしょうか?

JGTC時代から現在のスーパーGTまで、参戦マシンを一挙ご紹介!

懐かしいマシンも出てきます。では見ていきましょう!

 

虎のカラーリングが特徴的!1999年 エッソタイガースープラ

出典:http://supergt.net

出典:http://supergt.net

1999年にTeam LeMansはJGTCにスープラで初参戦。

当時のカラーリングは「虎」柄で、他のマシンとは一味違う個性的なマシンでした。

海外でのレース経験が豊富な野田英樹選手(現レクサスチームサード監督)と、元WGP世界王者で、二輪から四輪レースに転向し、ルマン24時間耐久レースでも活躍していたワイン・ガードナー選手のコンビ。

初参戦のシーズンにも関わらず、安定してポイントを獲得し、シリーズランキング9位で終えます。

 

「ミスタースーパーGT」脇阪寿一のトヨタ移籍!2001年 エッソウルトラフロースープラ

出典:http://ms.toyota.co.jp

出典:http://ms.toyota.co.jp

この年に脇阪寿一選手がホンダの童夢から移籍!1999年から継続して、この年も野田英樹選手が相方としてドライブしました。

そして、名前も「エッソウルトロンタイガースープラ」から「エッソウルトラフロースープラ」に変更になり、カラーリングも一新!「虎」柄から、ブルー&ホワイトのお馴染みのカラーリングになったのもこの年ですね!

しかし、エッソと言えばエッソタイガーということは変わらず、前年ほど派手ではありませんが、リアフェンダー辺りに虎の写真があしらわれていました。

この年の成績は、第2戦富士スピードウェイに見事優勝。第3戦・第4戦とポイントを獲得しますが、その後はトラブルにも見舞われノーポイントに。

ポイントランキング7位でシーズンを終えました。

 

エッソブルーのマシンがチャンピオンに!2002年 エッソウルトラフロースープラ

出典:http://ms.toyota.co.jp

出典:http://ms.toyota.co.jp

チームルマンがJGTCに参戦して3年目のこの年、ついにシリーズチャンピオンを獲得します。

ドライバーは昨年から引き続き脇阪寿一選手が継続。

相方には前年までRAYBRIG NSXをドライブしていた飯田章選手が抜擢されました。

第1戦は1ポイント獲得し、第3戦では優勝!その後も安定してポイントを獲得するクレバーな走りで、見事シリーズチャンピオンになりました。

ポイントを取ってないラウンドはわずか1ラウンド。この成績からもシーズンを通して強かったのがわかりますね!

ちなみに、”エッソウルトラフロースープラ”は2005年まで続きます。

その中でも特に印象深いのは、シリーズ優勝した2002年、そして2003年の伝説となったSUGOでのバトルなど、数々の伝説を打ち立てた車両ですよね!

 

懐かしのマシンを紹介してきたところで、次のページでは、トヨタからレクサスへと変わっていきます。
もはや懐かしいSC430から、2017年のLC500はどうなるのか?といったところまで!詳細は次のページで!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
sei

高校生ライターとして記事を書かせていただいています! 「モータースポーツ・クルマ業界を盛り上げたい!!」という一心で、Facebookグループ運営・管理やライター活動をしています。 自分が書いた記事で、少しでもクルマ・モータースポーツに興味を持っていただければ幸いです。 https://www.facebook.com/seitaro.hamano

車買取.com