Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Race, Racerz

現役レーシングドライバーが贈る、ツインリンクもてぎでレース観戦する上で抑えておきたいポイントまとめ

皆さんこんにちは、レーシングドライバーの根本悠生です。いよいよ最終戦ですね!今回は”森の中のテーマパーク ツインリンクもてぎ”を攻略しましょう。車載映像の画像と合わせて、運転中のドライバー目線から観戦ポイントをご紹介します。どこよりも”車”と”ドライバー”の差が分かりやすいこのサーキットを攻略して最終戦を思いっきり楽しんでください!

FIA-F4最終戦もてぎ観戦ポイント

誰もが知る激ムズコーナー!進入スピードが全てを物語るS字1つ目進入アウト側

S字1つ目アウト側

出典:http://yukinemoto.com

まずはS字の1つ目。他のどのサーキットにも無い独特な形状をしているこのコーナーは、ドライバーの勢い、度胸が試されます。

モータースポーツファンの皆さんはご存知の通り、ここは登り坂。

外から見ているよりも実はかなり高低差がある為、少しでも車速は高めで入っていきたいところ。

ですがFIA-F4はダウンフォースが少ない為、進入からフラフラの状態で飛び込んでいきます。ダウンフォースの大きいF3やGTカーでは見ることのできない、ミドルフォーミュラだからこその葛藤が見れるコーナーです。

そして1つ目と2つ目の間、切り返しのポイントもドライバーによってかなり違いが出てくると思いますので是非注目して頂きたいと思います。

また、ここは道路を渡るとすぐ3コーナー〜5コーナー進入までも観ることができるというのもオススメポイントです!

 

ワンメイクなのにそんな違うの?!ヘアピン出口アウト側

(出典:http://yukinemoto.com)

出典:http://yukinemoto.com

ここヘアピンは簡単そうに見えて実はとてもブレーキングが本当に難しいコーナーです。

いつも練習走行をご覧になってる方はご存知かもしれませんが、ここヘアピンは本当に色んなドライバーがしょっちゅう飛び出しています。

“まっすぐブレーキングしてアウト・イン・アウトを綺麗に取る”というシンプルなコーナーに見えるのですが、コーナーの先には762mの長いストレートが。

そのため1kmでも脱出の速度を上げるべくタイヤの限界(を少し超えたところ)を使っていかなければなりません。

先程のS字と同様に暴れる車をどうドライバーが押さえ込んでいくのか、その努力がよく見えるポイントになっています。

そして何と言ってもヘアピンは激しいオーバーテイクが何度も見られるポイント!

インに飛び込み、クロスラインを取らせない絶妙なラインを取って立ち上がっていくその姿は本当に格好良いですよ。

 

ブレーキングのセンスが問われる?!90度コーナー

(出典:http://yukinemoto.com)

出典:http://yukinemoto.com

もてぎの観戦ポイントをご紹介する上で、このコーナーは外せません。

ヘアピンを立ち上がり、長いストレートを駆け抜けた後の直角コーナー。

FIA-F4でも6速で210km/h以上のスピードからフルブレーキングをして曲がって行きます。

FIA-F4のローターはスチールなので目立ちませんが、スーパーフォーミュラなどのカーボンブレーキを使用している車両ではローターが発熱して真っ赤になっている様子がよく分かります。

もし車の写真を撮るのがお好きな方は外せないポイントですよ!

ちなみにFIA-F4でもたった90m程でフルブレーキしながら6速→2速へ、イン側の縁石を踏みフル加速していくという一連の動きがあっという間に過ぎていくコーナー。

1ミスで即グラベルに飛び出してしまうここも必見です!

 

FIA-F4はもうフラフラ!?タイヤ限界で攻め切るビクトリーコーナーは必見!

(出典:http://yukinemoto.com)

(出典:http://yukinemoto.com)

今回は”FIA-F4フラフラシリーズ”となりそうなので、最後にビクトリーコーナーをご紹介します。

ここもヘアピン同様立ち上がりにメインストレートがある為、脱出の向き・角度がとても大事になってきます。

人によってアプローチのライン・車速・ブレーキング時の向きが全く異なってくる為、ここも違いがよく見えて面白いと思います。

ブレーキングだけではなく、スロットルの抜き方まで繊細にしていかないとすぐにリアが抜けて飛んでってしまうピーキーなコーナーです。

僕は毎年あそこの転がし方で悩むんです…本当に難しい。

特にアウト側、丁度ストレートに向けた切り返しを真正面から見れるポイントがオススメです!

 

【番外編】サーキットにこんなものあっていいの?!”メガジップライン つばさ”

(出典:http://www.twinring.jp/)

出典:http://www.twinring.jp/

上記でコーナー毎の観戦ポイントのご紹介は終わりですが、最後にもてぎならではの観戦ポイントをご紹介します。

実はツインリンクもてぎには「メガジップラインつばさ」という国内最大級のジップラインが設置されています。

長さ561m、高低差約20mというとんでもない規模のジップラインが、森の上の方から中間地点を経由して中央エントランスまで通っています。

この中間地点はVIPスイートよりも高い位置にあるため、最終ビクトリーコーナーから1コーナー、3・4コーナーまでも観ることができる一番の特等席なんです!

僕は重度の高所恐怖症のためどんなにお願いされても絶対に乗ることはないと思いますが…他のサーキットでは見ることのできない絶景を観ることができますので興味のある方は是非チャレンジしてみてください!

 

まとめ

出典:https://www.facebook.com/

出典:https://www.facebook.com/

いかがだったでしょうか?ツインリンクもてぎは公式HP上でもそれぞれの観戦ポイントからの形式を映像でチェックできます。サーキットにいらっしゃる前に是非一度チェックしてみてください。

ツインリンクもてぎロードコース観戦ポイントビュー

いよいよ2016年FIA-F4シリーズも最終戦。2年間参戦していて未だ勝つことができていないため、この最終戦でチーム一丸となって勝ちにこだわっていきたいと思います。

#14 東京トヨペット GUNZE KCMG 根本悠生を応援よろしくお願い致します!

Writer Introduction
yuki_nemoto

レーシングドライバーの根本悠生です。 2016年はF4 JAPANESE CHAMPIONSHIP CERTIFIED BY FIAにKCMGより"東京トヨペット GUNZE KCMG"として参戦。"身近なレーサー"をモットーにモータースポーツを盛り上げるべく活動しています。http://yukinemoto.com/

車買取.com