Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race, Car

GT3市場がさらに激化?日産が「GT-R GT3エボルーションモデル」の製作を開始!

現在では世界各国のレースで活躍しているGT3カーですが、競争は年々激化しています。その激戦を勝ち抜くために、日産はGT-R NISMO GT3(R35)のエボルーションモデルの開発を始めると発表しました。ここまでのGT3仕様GT-Rの活躍とともに、激化するGT3市場の状況について簡単に見ていきましょう。

©︎Tomohiro Yoshita

2015年に日本、欧州シリーズを制覇

©︎日産自動車株式会社

R35をベースとしたGT-R NISMO GT3。初代が登場したのは2012年。FIA GT3車両の導入が本格的に始まったGT300クラスを皮切りに、スーパー耐久でも参戦。そこから徐々に国外シリーズにも活動の幅を広げていきました。

スーパーGT、スーパー耐久ともに、いくつかのレースで勝利を挙げるものの、チャンピオンを獲得できる強さを発揮することができず、3年が過ぎてしまいます。

©︎日産自動車株式会社

そこで、2015年にマシンをアップデート。軽量化や前後の重量配分の見直し、エアロダイナミクスの改善や燃費向上など、これまでの弱点を克服する形で新バージョンが登場しました。

すると、国内外のシリーズで大活躍。GT300クラスでは第2戦富士、第3戦タイでワンツーフィニッシュ。

この他にもNo.10GAINER TANAX GT-Rがほぼ全戦で表彰台に乗る活躍を見せ、最終戦を待たずにアンドレ・クートがドライバーズタイトルを獲得。同時にチームタイトルも勝ち取りました。

©︎日産自動車株式会社

海外では、ヨーロッパを中心に争われるブランパン耐久シリーズのプロクラスでアレックス・バンコム/千代勝正/ウォルフガング・ライプの日産GTアカデミーRJNが見事シリーズチャンピオンを獲得しました。

このシリーズには、アウディ、BMW、メルセデスベンツなど強豪メーカーが集結。世界屈指のレベルを誇るGT3マシンで争われるレースを制したということもあり、「現在のGT3マシンの中で最強」というイメージがついていきます。

©︎Tomohiro Yoshita

また2016シーズンになりますが、スーパー耐久(ST-Xクラス)では全戦でGT-R NISMO GT3のマシンが優勝。日産自動車大学校とコラボしているKONDO RACINGがシリーズチャンピオンを手にしました。

しかし、GT-Rの快進撃をライバルたちがただ黙って見ているはずがありません。

2016年にはGT3界の勢力図が大きく変わることになります。

 

強豪ライバルが新マシンを続々導入。あっという間にアドバンテージがなくなる…

©︎Tomohiro Yoshita

2016年になるとメルセデス、BMW、フェラーリ、ランボルギーニなどが続々と新型マシンを導入。ブランパン耐久をはじめ、各国のGT選手権で快進撃をみせます。

現行で活躍しているGT3マシン一覧

ニュルブルクリンク24時間ではメルセデスAMG GT3がワンツーフィニッシュ。ブランパンシリーズもHTPモータースポーツがチームタイトルを獲得。一方のGT-Rを使うチームRJNはチームランキング11位。スーパーGTでもチャンピオン争いに絡むことができず苦しいシーズンとなってしまいました。

©BMW AG

欧州の強豪ライバルが力を入れて開発したマシンを相手に、今のGT-Rで戦っていくのは、現状難しい状況になっている…それを改めて痛感させられた2016シーズンでした。

この1年での急激な変化は、GT3ともに活躍の場を広げていった千代勝正も感じていた様子。現在のGT3争いについて、2017日産モータースポーツ体制発表でのトークショーで、このように語ってくれました。

©︎Tomohiro Yoshita

「GT3の競争が激しくなっていますね。2015年に優勝できた時から2016年までにほとんどのメーカーがクルマを新しくして、それで競争力も上がりました。またBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)もGT-Rが2015年に勝ったことによって厳しくなっていて、世界からかなり(GT-R)がマークされていました」

 

開発ドライバーには柳田真孝&ミハエル・クルム

©︎Tomohiro Yoshita

この状況を打破するために、2018年にエボルーション仕様を導入することを正式アナウンス。

さらに開発ドライバーにはスーパーGT500クラスで2度のチャンピオン経験を持つ柳田真孝と、ル・マンや海外GT選手権など様々なカテゴリーで活躍してきたミハエル・クルムが担当します。

おそらく2017年モデルのGT-R(市販モデル)をベースにマシンが製作されると思われますが、これまでのノウハウとドライバーたちの経験を全て注ぎ込んだマシンにするとのこと。

©︎Tomohiro Yoshita

今回のエボルーション車の開発に向けてクルムは「GT3は世界のメーカーが力を入れて開発しているマシン、どこかで新しいものを導入しないと、ついていけなくなります。だから今のタイミングで、全部のポイントを良くすることが目標です。まだ開発が始まったばかりなので、まだ何とも言えないですが、エアロやエンジン、ブレーキバランスとか、全てを良くしていかなきゃいけないと思っています」とコメント。

詳細な情報が出てくるのは、おそらく夏から秋頃になるとは思いますが、どんなGT3マシンがでてくるのか。楽しみなところですね。

 

まとめ

©︎Tomohiro Yoshita

年々、世界中の各メーカーが参画し始めているGT3。

今年はレクサスも本腰を入れてRC F GT3を導入してきましたし、来年や再来年に向けてもアップデートを施してくるメーカーが少なからず出てくるでしょう。そして、日産勢も今まで以上に力を入れて開発に着手します。

「買えるレーシングカー」と例えられることが多いGT3ですが、その市場は思った以上のスピードと規模で激化しています。

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com