Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

「ミスをした方が負け」…スーパー耐久開幕戦から繰り広げられた“目に見えない攻防戦”

ツインリンクもてぎで開催された2017年のスーパー耐久開幕戦。ST-Xクラスは昨年チャンピオンのNo.1スリーボンド日産自動車大学校GT-R(内田優大/藤井誠暢/平峰一貴)が貫禄の走りを見せ優勝。No.3ENDLESS・ADVAN・GT-R(YUKE TANIGUCHI/山内英輝/元嶋佑弥)が2位となった。レースのラップチャートをみると、105周のうち101周で1号車がトップ。もしかしたら、大きく展開が動かず、あまり面白くなかったという方もいるかもしれない。しかし、今回優勝争いを繰り広げた2台のGT-Rは、超ハイレベルなバトルをしていたのだ。

©︎Tomohiro Yoshita

ライバル対決は昨年から始まっていた

©︎Tomohiro Yoshita

KONDO Racingと日産自動車大学校がコラボし参戦しているスリーボンド日産自動車大学校GT-R。昨年、6戦中4勝を挙げる活躍をみせ、念願のシリーズチャンピオンを獲得した。

しかし、このタイトル獲得は決して簡単なものではなく、彼らを最後まで追い詰めたライバルの存在があった。それがNo.3ENDLESS・ADVAN・GT-Rだ。

スリーボンドGT-Rが勝てなかった第3戦鈴鹿と最終戦オートポリスで優勝。その他の4レースも全て表彰台に上がる活躍をみせた。

特に最終戦オートポリスでは、序盤から2台のデッドヒートとなり、最終的に燃費良く走ることができた3号車が逆転し優勝。

すでにスリーボンドGT-Rは第5戦岡山でチャンピオンを決めていたものの、最終戦を勝利で飾れなかった上に、「やはり3号車は手強い存在」という印象を受けたままシーズンオフを過ごすことになった。

実際、開幕戦を終えた後のドライバーや監督からの話を聞いても、3号車をかなり警戒しながらのレースだったようだ。

©︎Tomohiro Yoshita

一方の3号車エンドレス陣営も、2015年にタイトルを獲得。連覇を目指し2016シーズンはマシンをスイッチし同じGT-R NISMO GT3を導入してきた。しかし他を圧倒するパフォーマンスをなかなか引き出せずタイトル争いでは敗北。なんとしても2017シーズンは王座を取り返すという強い決意でシーズンオフから準備を進めてきた。

その2チームが相対した開幕戦。想像をはるかに超えるシビアなバトルが展開されたのだ。

 

予選から0.002秒差

©︎Tomohiro Yoshita

土曜日の公式予選。1号車スリーボンドと3号車エンドレス0.001秒単位での激戦を繰り広げる。

スーパー耐久ではAドライバーとBドライバーの合算タイムで争われるのだが、3号車がトータル3分54秒839だったのに対し、1号車は3分54秒841。

その差は、わずか0.002秒差。ポールポジションはNo.8ARN Ferrari 488 GT3が獲得したが、この2台のGT-Rの僅差は、何かを予感させるものがあった。

今回は、200分(3時間20分)の耐久レースとなった決勝。この2台はスプリントさながらの“0.1秒のロスも許されない”バトルを展開していく。

1ページ|2ページ
Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com