Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

WEC(世界耐久選手権)ってのがあるらしいけど。WECってなんなの?

ルマン24時間がシリーズに組み込まれてるWEC。名前は良く聞くけど、細かくわからない方も多いのでは?そんな皆様のために、クラス分けを中心に、見どころなどを調べてみました。

 

2015official_v01

知ってる人も知らない人も、要チェックです。

 

WEC(世界耐久選手権)って?

正式名称はFIA World Endurance Championshipで、通称ダブリューイーシーと呼ばれるレースです。
日本ではウェックと呼ぶ人もいるようです。

レース内容は、6時間以上の耐久レースが全8戦、全世界を転戦しながら行われています。

車両は、プロトタイプカーと呼ばれるものとGTカーの2種類があり、プロトタイプカーとはレース専用に設計された車の事でGTカーとは元々量産・市販されている車をレース用に改造した車の事を指します。

レースのクラスも車両毎、ドライバー毎に分かれており、LMP1、LMP2、LMGTE PRO、LMGTE AMの4つのクラスがあります。

車両とクラスについて詳しくみてみよう!

クラスとかLMP1とか言われても良く分からない。という方、安心して下さい。まとめます。

LMP1クラス(Le Mans Prototype 1の略)

ph001

TOYOTA、Audi、Porsche、NISSANのワークスチームとプライベーター2チームが戦っているクラス。

TOYOTA、Audi、Porsche、NISSANは言わずも知れた、4大メーカーでハイブリッドシステムを搭載した世界最先端最高峰のマシンを開発しシーズンを戦っている。残念なことにNISSANは今シーズンは欠場を決定。

そして、プライベーターの2チームはハイブリッドシステムを積んでいないが、ワークスチームと互角の戦いを演じている。これは普通に凄い。

細かなレギュレーションはコチラを参照してほしい。⇒車両レギュレーション

ポイントは世界最高峰最先端の技術が投入されたクラスである事。

 

LMP2クラス(Le Mans Prototype 2の略)

36

主にプライベーターがプロトタイプレーシングカーを製作し参戦しているクラス。

市販のシャシーとエンジンを組み合わせた車両がLMP2であり、各価格には上限が設定されるなど、様々な制限がある。

LMP1クラスとの違いは、コスト制限やエンジン、シャシーが指定されたものから選ぶ必要があるという所。

ポイントはプライベーターが頑張っているクラスってこと。

 

LMGTE PRO(Le Mans Grand Touring Endurance Proの略)

2015-6-heures-du-Circuit-des-Ameriques-Adrenal-Media-ND5-4613_v

グランドツーリングの名の通り、市販のスポーツカーベースの競技車両のクラス。

参戦車両は、フェラーリ、アストンマーチン、ポルシェ、シボレーコルベット、と名だたるスーパーカーが使用されている。

「PRO」と付いているが、特にドライバーの制限はない模様。結果的にプロドライバーが多く参戦している。

スーパーカー耐久レースのプロクラス。

 

LMGTE AM(Le Mans Grand Touring Endurance Amの略)

88

こちらも、市販スポーツカーベースの車両でレースが行われるクラス。

PROクラスとの違いは、車両が発売から1年以上経過したベース車の必要があるのと、ドライバー構成において最低1名以上のアマチュアドライバーの起用が必要なこと。プロと呼ばれるドライバーの参戦人数が制限されている。

スーパーカー耐久レースのアマチュアクラス。(アマチュアと言っても、世間一般ではプロ並の実力者)

WECのここが面白い!

メーカー同士の開発競争!

各社様々な最先端テクノロジーを日夜開発しています。エンジンやハイブリッドシステムに至るまで考え方は様々で、単純な速さを競い合っているわけではない所が魅力。燃料消費削減とか、市販車と同じですね!

各社の違いはと言うと、分かりやすい所はボディ形状ですがその他にも・・・

エンジン

TOYOTA  3.7リッター・90度・V8自然吸気
Audi    4リッター・120度・V6ターボ
Porshce   2リッターV4ターボ
NISSAN   3リッター・60度・V6ツインターボ

とバラバラ。各社の考え方やハイブリッドシステムとのバランスで全然違うのです。

各所の違いについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

個性色々LMP1H。車種バラエティ

6時間ぶっ続けのスーパーカーバトル

6時間のレース中でもタイム差は5~10秒前後と超接戦!

フェラーリ、アストンマーチン、ポルシェ、シボレーコルベットの長時間にわたるバトルも魅力的。

車の耐久性、チーム力、ドライバー。すべてが試されます。

日本のメーカー、ドライバーがいる

日本を代表する企業、TOYOTA。そして、日本人ドライバー中嶋一樹選手が参戦しています!

レース好きなら知っている、日本にとてもなじみ深いドライバー、アンドレ・ロッテラー選手やロイック・デュバル選手、ブノワ・トレルイレ選手なども参戦中!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?もしかしたら、LMP1クラスの車両はF1より最先端かもしれません。
また、現地ではAKB48チーム8のライブや世界各国の料理が食べられる所もあるそうです。
それにしても、6時間見続けるのは辛いと思うのだが・・・皆さんはどうやって楽しんでいるのだろうか・・・

誰か教えてください!

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com