Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCustom

いま一番アツいボーイズレーサー、ホンダ・フィット!最新デモカー7台から見るカスタム・チューニングとは?

2001年、ホンダ・ロゴの後継機として登場したフィット。国産コンパクトカーの中ではベンチマークともされるほどのベストセラーモデルで、低燃費と広い車内空間も相まってファミリーカーとして非常に高い人気を誇っています。そんなフィットのカスタム・チューニングがとても盛り上がっているんです!街乗りから、本気のサーキット走行まで楽しめる、フィットのデモカーと、その歴史をご紹介します!

出典:https://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E7%99%BE%E5%BC%8F%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A-138382749609490/

出典:https://www.facebook.com/

ハイブリッドモデルだって本気で走れるんです!

ホンダフィット、そしてフィットハイブリッドとは

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダのコンパクトカーの中でも、特にベストセラーを達成しているモデルであるフィット。

2001年に登場してから、初代、2代目とカー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、常に国内のコンパクトカーのトップシェアを獲得し続けてきています。

ホンダが特許を取得している独自技術「センタータンクレイアウト」を採用しており、コンパクトカーの中でもかなり広い室内空間を実現。

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

2002年には、国内の年間販売台数で33年間トップに君臨し続けていたトヨタカローラを上回るほどの売り上げを達成。

250,790台を一年で売り上げるという驚異的なセールスでした。

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

2010年からは、ハイブリッドモデルも登場。

1.3リッター直列4気筒SOHCエンジンに、i-VTECとハイブリッドシステムを搭載することによって、燃費は30km/Lを達成。

これはアイドリングストップ機能やエコアシストの標準装備も一役買っています。

そんなフィットハイブリッドですが、実用性だけではなく、ホンダらしい「走り」も当然のように兼ね備えており、トランスミッションにはパドルシフトの7速CVTや、6速マニュアルの設定もあります。

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

現行フィット、ならびにフィットハイブリッドともに、実用性とスポーティさを兼ね備えた「新しいボーイズレーサー」と言っても過言ではないでしょう。

現行のモデルは、2013年から販売されている3代目フィット(GK3/4/5/6)と、2代目フィットハイブリッド(GP5)になります。

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

さて、簡単にフィットの予習が済んだところで、本題であるカスタムカーに迫ります。

車重1トンという軽さに、6600回転で130馬力を絞り出すエンジン!

コンパクトFFなこのパッケージはスポーツ走行に持って来い!

そんなフィットをカスタム・チューニングしたデモカーは、本気でカッコいいんです!

 

最新のデモカー7選

TEIN フィットハイブリッド(GP5)

出典:https://www.tein.co.jp/

出典:https://www.tein.co.jp/

白のボディに緑のカラーリングで目立つこのフィットハイブリッドは、車高調で有名なTEINのデモカー。

迷彩柄のように配色された緑がカッコいいですね!

当然サスペンションはTEINのストリートフレックスを装着。

ローダウン化されていますが、ストリートでの乗り心地は損なわず、スポーティな乗り味を実現しているとのこと。

装着ホイールはエンケイのGTC01。純正より1インチアップの17インチです。

フィットの足回り変更を検討しているなら、TEINは絶対見逃せません!

TEIN公式HP:https://www.tein.co.jp/

住所:横浜市戸塚区上矢部町3515-4

 

BRIDE フィット(GK5)

出典:http://team-bride.jp

出典:http://team-bride.jp

レーシーなルックスがカッコイイこちらのデモカーは、バケットシートで有名なBRIDEのフィット(GK5)!

FIT1.5チャレンジカップにも参戦しているこのフィットは、レギュレーションにあわせてN1規定で製作されています。

この規定はカスタム・チューニング可能な範囲が狭いため、バッテリーを軽量なものに変更するなど、各部にかなり細かい工夫が施されているとのこと。

足回りなどはテイン製でLSDはクスコ製。

エンジンなど、出力アップ面をあまり触れないN1規定の中で、路面をしっかりと捉え、パワーロスを極力減らすようセッティングされている一台です。

チームBRIDE公式HP:http://team-bride.jp

BRIDE公式HP:http://bride-jp.com/

住所:愛知県東海市東海町1-11-1

 

BLITZ フィット(GK5)

出典:http://www.customcar-show.com/

出典:http://www.customcar-show.com/

電子パーツで有名なBLITZもフィットでデモカーを製作しています。

車体全面に装飾を施しながらも、カラーリングによって、派手になりすぎずシンプルに抑えられてカスタムされているところはセンスが光るポイントですね。

エクステリアで特徴的なのは、フロントバンパー下部についた5連のLED。

サイドステップは純製品にもかかわらず、このマッチング具合がカッコイイですね!

なお、この車体はチタンマフラーや電子パーツなどの他にターボキットも組み込まれてチューニングされているとのこと。

フィットのカスタムを行う上では、かなり参考になる一台ではないかと思われます。

BLITZ公式HP:http://www.blitz.co.jp/

住所:東京都西東京市新町4-7-6

 

M-TEC 無限フィット(GK5,GP5)

出典:http://www.mugen-power.com

出典:http://www.mugen-power.com

ホンダのカスタムと言えば、やはり無限。

専用のエアロパーツは、フィットをシャープに際立たせていますね!

その他にもスポーツマフラーやスポーツサスペンションキットも装着。

これによって、フィットRSノーマルには無かったリアの”カッチリ感”が増しているとのこと。

出典:http://www.mugen-power.com

こちらはフィットハイブリッド(GP5)(出典:http://www.mugen-power.com)

ホイールも当然無限製。MD8でカスタムされています。

インテリアにもセミバケットシートやスポーツマット、アシストメーターなど、数多くの無限製カスタムパーツが組み込まれており、さながらフィットタイプRと言えるような仕様となっています。

無限(M-TEC)公式HP:http://www.mugen-power.com

住所:埼玉県朝霞市膝折町2-15-11

 

AXIS STYLING フィット(GE6)

(出典:http://axis-jp.com/)

出典:http://axis-jp.com/

タイプRの証である赤いエンブレムを付けているこの2代目フィットは、アクシススタイリングのデモカーフィット。

エンブレムの通り、エアロパーツは「仮想TYPE-R」を想定して製作されており、インテグラタイプRやシビックタイプRのようなボーイズレーサー感をかもしだしています。

また、フィット特有の不満点であるスロットルセッティングを見直し、街中でも、キビキビとした気持ちのいい運動性能を実現しているとのこと。

見た目を楽しむもよし、走りを楽しむもよしカスタム・チューニングが施された一台となっています。

ホンダの歴代タイプRが好きで、今フィットに乗っている人は、検討してみてはいかがでしょうか?

アクシススタイリング公式HP:http://axis-jp.com/

住所:福岡県北九州市小倉南区朽網東6-36-1

 

SEEKER フィット(GK5)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/prospec_works

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/prospec_works

ちらりと見えるリヤスポイラーがカッコイイこのフィットRS(GK5)はSEEKER(シーカー)のデモカー。

そこまで派手に見せすぎないリアやリップなどのスポイラーが、街中でも個性をさりげなくアピールできる。そんな仕様になっています。

元々のコンセプトは、街乗りもサーキットも両立して楽しめること。

それに合わせてECUチューンを施し、様々なステージで気持ちよく走れるように最適化。

それ以外にも、足回り・吸排気・ブレーキと、ひと通りSEEKERオリジナルパーツでまとめられています。

つまり、このスタイルが気に入ればSEEKERワンストップで作れるということ。

自分のフィットに刺激を足す方向でカスタマイズしたい方、いかがでしょうか?

SEEKER公式HP:http://www.seeker.co.jp/

住所:東京都杉並区宮前1-19-7

 

百式自動車 フィット(GE8)

出典: http://www.fieldaim.com

出典: http://www.fieldaim.com

このド派手な2代目フィット(GE8)は、百式自動車のデモカー!

N0-TECという耐久レースに参戦するために製作されており、当然のようにロールバーが張り巡らされています。

クスコ製のLSDやサスペンションとあわせて、フジツボ製のセンターパイプとJ’sレーシング製のマフラーを装着。

それ以外にも軽量化によって、車重は1トン切りを達成。

レースという限られたレギュレーションの中で、可能な限り、重箱の隅をつつくようなところまでカスタマイズ・チューニングされた一台です。

フィットによるレース参戦を検討中、または既に参戦中の方、一度見てみるのもありかもしれません!

百式自動車公式HP:http://hyakusiki.com/

住所:神奈川県横浜市泉区上飯田町2509

 

 

さて、ここまでカスタムされたフィットを見てきましたが、実際今から選ぶならどのフィットが良いのでしょうか?

中古車相場価格とともに、歴代フィットと、そのスペックを見ていきましょう。

1ページ|2ページ
Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com