マツダ株式会社(以下、マツダ)は、ユーザーが永く大切にマツダ車を乗り続けられる環境作りを目的とした初代「ロードスター」(以下、「NAロードスター」)のレストアサービスのWEB申込受付を2017年12月13日に開始致しました。

 

©MAZDA

 

 

「NAロードスター」のレストアサービス

 

©MAZDA

 

このレストアサービスは、ユーザーが所有する「NAロードスター」をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもので、利用者とロードスターアンバサダーの山本 修弘(やまもと のぶひろ)をはじめとした担当者が面談し、個別の要望やクルマの状態に合わせたサービス内容を決定し提供するものだそう。

そして、今後も「NAロードスター」に乗り続けられる幅広い環境作りを目指し、現在供給終了となっている一部パーツの再供給を開始するというNAロードスターユーザーにとって、嬉しすぎる内容となっている。

 

ロードスターアンバサダーの山本 修弘氏コメント

 

©MAZDA

 

「レストアサービスの実現に向けて、サプライヤー各社様、専門店の方々やファンクラブのオーナー様など、これまで多方面の皆さまからご支援をいただきました。本サービスは第27回(2018年次)RJCカーオブザイヤーの特別賞を受賞し、申込受付開始に先立って実施した事前説明会には600名以上の方々からお申込をいただくなど、みなさまからの熱いご期待を感じております。まだ対象となるモデルや部品は限られてはおりますが、より高い品質のサービスを目指すべく、マツダはテュフ ラインランド ジャパン株式会社よりクラシックカーガレージ認証を取得致しました。お客さまとともに、このサービスを今後育てていきたいと思います。」

 

サービスのこだわり

 

©MAZDA

 

パーツの再供給については、オリジナルと同じくバックウインドウを解放できるビニール生地のソフトトップや、トレッドパターンを再現し乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブの4点をはじめ、復刻した約150点の部品を2018年1月より販売開始予定。

その他の生産終了部品の再供給についても、引き続き検討を進めているとの事で、マツダは、「NAロードスター」のレストアサービスやパーツの再供給を通して、ユーザーの人生をより豊かにし、ユーザーと特別な絆で結ばれたブランドになることを目指します。

 

まとめ

 

クルマ好きにとって、お気に入りの愛車のレストアパーツの生産終了はどこまでも付きまとう最大の問題です。

今回MAZDAがスタートさせた、NAロードスターのレストアサービスは、そんなクルマを愛する人たちの希望の光と言っても過言ではありません。

このサービスのスタートをきっかけに他メーカーも触発され、多くのユーザーに愛される往年の名車が続々と蘇る時代が来ることを期待して、これからもお気に入りのモデルに乗り続けて頂きたいと思います。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!