平均年齢27歳!若いクルマ好きが集まるMotorz編集部では、休日もやはりクルマ漬けの日々を送っています。今回は編集部員のイシザキがしつこく「ドライブ行きましょうよ!」と誘ってくるので、しぶしぶ付き合うことになり、そのついでに助手席でカメラを回してみました。

 

 

 

走るの大好き!イシザキです!

 

 

Motorz編集部員でありながら、レーシングドライバーとしても活躍中のイシザキは、愛車のインプレッサ(GDB)で走行会などにも参加しており、とにかく走ることが大好き。

行き先を決めずにフラフラっとただドライブする事も多いそうで、今夜も「どこかに行こう!」と、ノープランでのドライブがスタートします。

 

 

そして、「夜になると来ちゃう。」とつぶやきながら、流れるように首都高に乗るイシザキ。

 

 

 

しかし、レインボーブリッジを越えた辺りの夜景がキレイなスポットでふと思うのです。

「何が楽しくて、男2人で夜の首都高をドライブしているのか……。」と。

なんだかちょっぴり虚しくなってきたような気もしますが、きっと気のせい。

全てはイシザキの気のままに。

謎の深夜徘徊がもう少し続きます。

 

深夜の高速道路にて、意外な出会いが…

 

 

出発から小一時間ほど経ったタイミングで少し休憩!

ということで、某サービスエリアにチェックインする事に。

ちょっとだけ休憩に寄っただけなのですが、時間が遅いのにもかかわらずたくさんの方が休憩していて、そこは正に『類は友を呼ぶ』という状態。

 

 

たまたま寄ったサービスエリアには、ちょうどイシザキと同世代くらいのスポーツカーオーナーらしき人達が集結していたのです。

ここで急遽、気になったクルマのオーナーさんにお話を聞きにいくことに!

 

 

(本当にアポなしの突撃インタビューでした。)

 

若者のクルマ離れなんてウソ!?

 

 

最初にお話を聞いたAさんは、インテグラ(DC5型)オーナーでした。

エンジンは特にイジらず足回りや内装をドンガラにして軽くするなど、あくまでもライトチューンをモットーにしてるそう。

ちなみにAさんは友人のBさんと2台で来ており、このBさんはインプレッサ(GDB)に乗っていました。

しかも、2人とも20代という若さで、クルマで走るのが大好き!とのこと。

もちろんイシザキとは意気投合!!初対面とは思えない盛り上がりを見せていました。

 

 

3人目にお話を聞かせてもらったのは、こちらのアウディA5オーナーで、このオーナーさんもやはり20代。

 

 

このアウディA5には特注のタワーバーが入っており、『通勤快速号』と自称するのも頷けるスペックでした。

 

 

そんな、偶然寄った深夜のサービスエリアで同じ20代のクルマ好きな若者と出会い、クルマ談義で盛り上がった事により、意外にも若いクルマ好きが結構いるという発見に刺激を受けた様子のイシザキ。

「今日のドライブは楽しかったねー。」なんて話をしながらアクセルを踏み込み、帰路へ着きました。

これで、一緒にドライブしているのが女の子だったら最高なのに・・・。

などと少し思う所はあるものの、それでも1人のクルマ好きとしては、若い同好の士との素敵な出会いに喜びを隠せないのも事実!

これからも、クルマ好き仲間を求めての深夜ドライブ!続けていきたいと思います。

 

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!