近年、記録的な降雪や普段雪が降らない地域での積雪など、予想以上の雪によるトラブルが急増しています。2018年にはチェーン装着が義務化されており、冬用タイヤやタイヤチェーンを装着しなければ走行できない場面も増えています。しかし、タイヤの脱着や組み換えには、時間もお金もかかり、タイヤを保管しておくことが難しい場合もあるのが現状です。そこで注目されているのが、夏も冬も走行できる「オールシーズンタイヤ」です。では、オールシーズンタイヤで、冬を越えられるのでしょうか。

出典:https://www.pakutaso.com/20140254043post-3819.html

オールシーズンタイヤとは

オールシーズンタイヤはその名の通り、全てのシーズンで使用できるタイヤのことで、晴天時や降雨時にノーマルタイヤ(夏用タイヤ/サマータイヤ)に近いグリップを発揮し、雪道においては、スタッドレスタイヤに近いグリップ力を発揮することが特徴です。

オールシーズンタイヤには、サイドウォール部に「スノーフレークマーク(正式名称:スリーピークマウンテン・スノーフレークマーク)」または、「M+S」(マッド&スノー)と刻印されています。

スノーフレークマークまたは「M+S」が刻印されているタイヤは、高速道路で「冬用タイヤ規制」が実施されていている場合でも、走行することが可能です。

ただし、路面条件が悪化したときに出される「全車両チェーン装着規制」においては、オールシーズンタイヤもチェーンを装着しなければ通行することができません。

出典:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-supplies/faq090

オールシーズンタイヤで冬を越えられるのか

では、降雪や「冬用タイヤ規制」が実施される路面でも走行可能なオールシーズンタイヤで、冬を越えられるのでしょうか。

結論から言うと、実はオールシーズンタイヤでは冬を越えることが難しいのが現状です。

理由は、その特性を理解すれば明らかで、オールシーズンタイヤは「晴天時」、「雨天時」、「雪道」に対応したタイヤで、「凍結路面」には対応していません。

つまり、「オールシーズンタイヤ=スタッドレスタイヤ」ではないのです。

各タイヤメーカーのオールシーズンタイヤの注意事項を確認してみると、「スタッドレスタイヤではありません。凍結路面や過酷な積雪路面ではスタッドレスタイヤを装着してください。」と、しっかり明記されています。

このことからも、路面凍結の恐れがある時は、スタッドレスタイヤでなければ走行できません。

出典:https://www.pakutaso.com/20210143013post-32907.html

オールシーズンタイヤの危険性

オールシーズンタイヤを装着し、スタッドレスタイヤと同様の運転をしていると、凍結した氷上では停止できない恐れがあります。

JAFが行ったテストによると、氷盤路(凍結路面)では、オールシーズンタイヤとノーマルタイヤの制動距離にほぼ変わりがありませんでしたが、圧雪路における制動距離は、スタッドレスタイヤよりも伸びる結果となっています。

テスト結果からも、冬の雪道や凍結路面では、オールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤの方が安全だと言えるでしょう。

出典:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-supplies/faq090

圧雪路と氷盤路の制動距離測定テスト

【条件】

  • 新品タイヤを使用
  • 時速40km/hからの制動を3回実施した結果の平均値
  • タイヤの種類:スタッドレス、オールシーズンタイヤ、ノーマルタイヤ、タイヤチェーン(ノーマルタイヤにチェーンを装着)、オートソック(タイヤに被せる繊維状の緊急用の滑り止め)、スプレーチェーン(タイヤに直接吹きかける緊急用の滑り止め)

出展:https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/snow/normal?_ga=2.73396755.1614626746.1611549774-144572690.1611549774

【テスト結果】

〈圧雪路〉※( )内はオールシーズンタイヤを基準とした制動距離の差

  • オールシーズンタイヤ:22.7m
  • スタッドレス:17.3m(-5.4m)
  • ノーマルタイヤ:29.2m(+6.5m)
  • タイヤチェーン:28.4m(+5.7m)
  • オートソック:20.1m(-2.6m)
  • スプレーチェーン:24.1m(+1.4m)

 

〈氷盤路〉※( )内はオールシーズンタイヤを基準とした制動距離の差

  • オールシーズンタイヤ:101.1m
  • スタッドレス:78.5m(-22.6m)
  • ノーマルタイヤ:105.4m(+4.3m)
  • タイヤチェーン:59.0m(-42.1m)
  • オートソック:99.2m(-1.9m)
  • スプレーチェーン:112.8m(+11.7m)

出展:https://www.pakutaso.com/20180101031post-15013.html

オールシーズンタイヤで走れる路面と走れない路面

オールシーズンタイヤは、路面状況により、走行できるシーンと走行できないシーンがあります。

【オールシーズンタイヤで走れる】

  • ドライ(晴天時)
  • ウエット(雨天時)
  • 降雪
  • シャーベット
  • 圧雪(走行可能ではありますがスタッドレス推奨)
  • 冬用タイヤ規制

 

【オールシーズンタイヤ走れない】

  • 積雪
  • 路面凍結
  • チェーン規制(チェーンを装着すれば走行可)

出典:https://www.pakutaso.com/20210104013post-32905.html


まとめ

オールシーズンタイヤは、雪がわずかに降るレベルの「降雪時」に対応できるタイヤです。

繰り返しになりますが、オールシーズンタイヤは、スタッドレスタイヤではありません。つまり、過酷な積雪や凍結した路面の走行はできないということを理解しておく必要があるのです。

タイヤ交換をする必要がないオールシーズンタイヤは便利ではあるものの、使用できるシーンや地域が限られていると言えるでしょう。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!