自動車アフターパーツ総合メーカーの株式会社データシステムは、トヨタ スープラ(Toyota Supre Connect HDDナビゲーションシステム装着車)、トヨタ MIRAI(T-Connect SDナビゲーションシステム搭載車)用、TV-KITシリーズの発売を開始しました。

出典:https://www.datasystem.co.jp/products/tvkit/index.html

新発売のテレビキットについて

今回、発売されたトヨタ スープラ用テレビキットとトヨタ MIRAI用テレビキットは、走行中でも純正ナビのテレビ視聴ができるようになるとともに、走行中のナビ設定を行うことも可能とするアイテムです。

また、カプラーオンで取り付けられるため、車両側の配線を傷つけることなく取り付けることができるようになっています。

株式会社データシステム「テレビキット」ページはこちら

※運転手が運転中にナビ/テレビ画面を注視することは、道路交通法により禁止されています。テレビキットを使用する際には、交通違反にならないよう十分に注意してください。

データシステムのTV-KITシリーズラインナップムービー

トヨタ スープラ用テレビキット

  • 車種:トヨタ スープラ(年式:令和1年6月~)
  • 適応:Toyota Supre Connect HDDナビゲーションシステム装着車
  • 型式:DB22、DB42、DB82
  • 製品:TTV420(切り替えタイプ)、TTV420S(スマートタイプ)
  • 価格:各19,800円(税別)

出典:https://www.datasystem.co.jp/products/tvkit_smart/index.html

トヨタ MIRAI用テレビキット

  • 車種:トヨタ MIRAI(令和2年12月~)
  • 適応:T-Connect SDナビゲーションシステム搭載車
  • 型式:JPD20
  • 製品:TTV411(切り替えタイプ)、TTV411B-D(ビルトインタイプ)、TTV-411S(スマートタイプ)、TTA611(オートタイプ)
  • 価格:各26,000円(税別)

データシステムより


まとめ

純正オプションのナビゲーションやテレビは、走行を始めると見れなくなってしまったり、操作ができなったりしてしまいます。

しかし、データシステムのテレビキットを使えば、走行中であってもテレビを見ることができ、ナビゲーションの操作も可能です。

助手席や後席の乗員を退屈させないためにも、データシステムのテレビキットを使って、快適なドライブを楽しみましょう。

Motorzではメールを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!