近年、カーナビやETCと同じく当たり前にクルマへ装着されるようになったドライブレコーダー。

走行記録を残しつつ、万が一の際衝撃が発生した時に録画を行い、事故などの決定的瞬間を逃さない記録ツールです。

従来のモデルは前方向のみの録画機能を持っていましたが、今回カーエレクトロニクス製品の開発を行っているデータシステムから、前も後ろも録画が可能なドラレコが発売されました!

注目の新アイテム「DVR3100」は一体どんな商品なのか?ご紹介します!

 

前も後ろも、高精細録画!

データシステム  ドライブレコーダー ドラレコ DVR3100 高性能 前後

カーエレクトロニクスの総合メーカー データシステムは、あおり運転や追突事故など後方の映像も高画質録画できるハイクオリティ2カメラドライブレコーダーDVR3100を新発売。

2カメラドライブレコーダーDVR3100は、ハイスペックプロセッサー&イメージセンサーを採用し、フロント用の内蔵カメラ、リア用のサブカメラ、ともにフルハイビジョン(1920×1080)での高精細録画を実現。前方だけでなく、後方の映像もクッキリ・しっかりと記録することができます。

リアカメラでの録画だけでなく、同梱の「録画中」ステッカーによって、危険なあおり運転を牽制する効果もバツグン。

見やすい3.0インチワイドモニターを搭載し、フロント、リアの表示切替機能を備えています。

DVR3100の商品詳細を見る

DVR3100のスゴいところ!

高精細録画が可能なのは従来モデルのDVR3000と同様ですが、DVR3100は前後の録画を可能にしています。他にはどんな機能が隠されているのでしょうか?

 

対角140°の広角6層ガラスレンズ採用

フロントカメラ、リアカメラともに対角140°(水平125°・垂直60°)の広角6層ガラスレンズを採用し、死角の少ない広角ながらも歪みを抑え、クリアな映像を実現しています。

ガラスレンズは樹脂レンズよりも透明性が高く、劣化による白濁などの症状も発生しにくい安心設計です。

 

常時録画/強制イベント録画

電源ONで自動的に録画を開始、電源OFFまでの間録画を続けますので、録画し忘れの心配がありません。microSDカードの容量がいっぱいになると、古い映像から順に上書きして録画し続けます。

また、常時録画中に手動でMODEスイッチを押すことで、画像はイベント記録フォルダに上書きされることなく保存できます。

 

Gセンサー搭載

強い衝撃を感知した際、直前の20秒間と直後の40秒間の計60秒間の記録ファイルを削除されないようにイベント記録フォルダに保存する「イベント録画機能」を搭載していますので、万が一の際の重要な記録映像をしっかり保護します。

Gセンサーは3段階 (低感度/中感度/高感度) の感度調整が可能。

 

GPS搭載

映像録画と同時に位置情報(経度&緯度)のほか、車速情報、日時も同時に記録します。

録画ファイルは専用の再生ソフトを使用して、PC上で記録映像の再生や走行軌跡・走行速度などが確認できます。(対応OS:Windows 7/8.0/8.1/10)

 

LED信号機対策済み

東日本・西日本すべてのLED信号機に対応したフレームレート(27.5fps)を採用しています。

画質・露出調整機能

コントラスト、シャープネス、ホワイトバランスをそれぞれ3段階で設定することが可能。

また、露出補正機能(13段階)も搭載し、よりイメージに近い画質、明るさに調整することができます。

ノイズ対策済み

地デジチューナーやカーナビへの影響を抑えるEMIノイズ対策済みです。

 

データシステムDVR3100製品価格・仕様

DVR3100の商品詳細を見る

DVR3100本体
本体外形寸法 W97mm×H53mm×D29mm(取付ステー装着時:H95mm~H115mm)
重量 70g(※取付ステー含まず)
動作温度 -10℃~+60℃
電源電圧 5V
消費電力(消費電流) 4.8W(400mA)
内蔵バッテリー(容量) リチウムイオンポリマー二次電池(130mAh)
録画ファイル形式 MOV
対応メモリーカード 8~64GB
録画解像度 1920×1080、1280×720
撮影素子 1/2.9型CMOS
対角画角 140°
水平/垂直画角 125°/60°
レンズF値 2.0
レンズ材質 ガラス6層
液晶サイズ 3.0インチ
フレームレート 27.5fps

 

DVR3100 後方カメラ
本体外形寸法 W58mm×H38mm×D29mm(※ステー部除く・レンズ部含む)
重量 25g(※取付ステー含む)
動作温度 -10℃~+60℃
録画解像度 1920×1080、1280×720
撮影素子 1/2.9型CMOS
対角画角 140°
水平/垂直画角 125°/60°
レンズF値 2.0
レンズ材質 ガラス6層
フレームレート 27.5fps

 

まとめ

ニュースで深刻な事故映像が流れるたびに、ドライブレコーダーの重要性が取り上げられる中、前だけの録画ではなく、後ろも録画することを可能にしたDVR3100。

自車の追突事故だけでなく、あおり運転や後方からの追突についてはしっかりとカメラで見張ることができます。

カーナビやETCなどと同等に、クルマを所有する上で必須アイテムとなっているドライブレコーダー。

選ぶ際は是非、データシステムのDVR3100を選んでみて下さい!

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!