東京都小平市の『L-TIDE(エルティード)』は国内でも屈指のインテリアカスタムのスペシャリストです。エルティードが得意とするのはインテリアのフルオーダーコーディネートで、これまでに数々のショーカーなどの特別な1台の内装をワンオフで製作し続けてきました。インテリアカスタムをやりたいと考えている人にとってワンオフインテリアは憧れ存在だと思いますが、中には「いきなり内装を全て取っ替えてしまうのは……」と考える方もいるはず。特に新車で購入したての方は金銭的にもハードルが高いのではないでしょうか?インテリアカスタムの老舗ショップではそんなオーナー向けにシートカバーも用意しています!

 

 

毎日の通勤や買い物のお供だからこそ……!


突然ですが、みなさんは愛車の内装をアレンジしていますか?

エアコンの通風孔にドリンクホルダーを追加したり、ルームミラーを大きめのものに変更したりと、少なからず自分流にカスタムしたことのある方も多いのではないでしょうか。

普段から触れたり、ドライバーや同乗者の視界に入るインテリアは、クルマの外装以上に気を使いたいですよね。

もしクルマの車内も、自分の部屋を模様替えするようにコーディネート出来るとしたら、あなたはどのようにカスタマイズしたいですか?

お部屋をリフォーム!とまで行かなくてもプチアレンジでガラリと変える方法もあるのです。

 

お手軽に車内をアレンジ!


クルマのインテリアの中でも1番目につく部分といえば、やはり座席でしょう。

特に毎日クルマに乗る方であれば、座り心地などが気になることもあるはず。

日常の様々なシーンで座るクルマのシートから、内装を変えることで、車内空間も楽しく過ごせるようにアレンジしてみませんか?


そこでオススメなのがシートカバーという選択肢です!

インテリアカスタムの老舗、エルティードでは、なんと107車種ものシートの型紙をもっており、それらのクルマに向けた専用のカバーをセミオーダー式で販売しています。

また車種は随時追加されており、最近増えた車種だと、いま注目の新型ジムニー用のシートカバーもラインナップに仲間入りしました!

 

選べる組み合わせは、なんと633万通り!!

適合車種は国産車のみとなりますが、軽自動車からセダンやミニバンまで、人気の車種を中心とした107種類以上にも及びます!

詳しい適合車種はコチラから

シートカバーは前述の通りセミオーダー式となっており、以下のカラーバリエーションから組み合わせて自分だけの1枚を選ぶことが可能なのです!

まず基本的な縫い目のタイプですが、4種類から選ぶことが可能となっています。

STEP1 縫い目のパターンを選ぼう!


縫い目の種類は4タイプ!

縦に縫い目が入るスタンダードタイプ(画像2枚目)

ダイヤ状に縫い目が入るダブルキルトダイアステッチ(1枚目画像左)

スポーティーなセンターラインが入ったスポーツタイプ(1枚目画像右)

ラグジュアリーなイメージのツインズラインダイアタイプ(1枚目画像中央)

 

STEP2 表皮を選ぶ!


表皮はそれぞれ、ベースカラーと差し色のツートンカラーを選ぶことができます。

STEP3 ステッチも選べる!

加えてステッチも全22色から選べます!


これだけパターンがあると悩んでしまいますが、まだまだこれだけじゃありません。

STEP4 ラインカラーも選ぼう!

なんと、ラインカラーまで選ぶことが出来ちゃいます!

これらの組み合わせは全部でなんと633万6000通り!!

セミオーダーと言えど、ほぼ好みのデザインに近づけることが出来るのではないでしょうか?

 

まとめ


シートを張り替えせずとも、シートカバーだけでご覧のように、ここまでガラリと雰囲気を変えることが可能なのです。

この品質のシートカバーを作成できるのは、インテリアカスタムの老舗であるエルティードが長年培ってきた経験が成せる技。

特に軽自動車などは、シートのファブリックを布から合皮に変えるだけでもかなり雰囲気が変わりますし、見た目だけでなく座り心地も上質になるため、満足度はかなり高いはず!


また、東京オートサロン2019に出展するエルティードでは、会期中に会場限定で福袋を販売!

今回ご紹介したシートカバーにフロアマットもセットになったお得なパッケージを数量限定で発売するようです。

少しでも気になった方は、アナタのマイカーもラインナップされているか、適合車種を確認してみてはいかがでしょうか?

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!