いつもMotorzをご愛読頂き、ありがとうございます。Motorz編集部のマエダです!Motorzでは、クルマ・バイク好きの方を募集しています。「自分ならもっとモータースポーツの面白さを伝えられるのに!」「ホントは大好きなクルマやバイクに関わる仕事がしたい。」そんなアナタのご応募を、お待ちしています。

2018年S耐シリーズチャンピオンを決めた、まさにその瞬間の井口卓人選手。

Motorzとは?

全国のチューニングショップさんに取材へ伺っています!

Motorzは日本の車・バイク、レース業界の正しくて面白い情報を集め、その魅力を世界中に届ける為に、2016年3月に立ち上がった、

「車・バイク、モータースポーツに関わる”人”にフォーカスするメディア」です。

製造・開発の現場にもスポットを当てて、日本の素晴らしいモノづくりを世界へ発信します!

本気でモノづくりをしている人の背中を見ていると、クルマ・バイクやレースのスゴさを改めて思い知ります。

本気でクルマ遊びをする人の姿を追ったら、きっと車やバイクが、レースがもっと魅力的に映るはずです。

カスタムカーからキャンピングカーまで、なんでも取材します!!

クルマ・バイクに関わる本気の人たちの姿を通じて、クルマやバイクへの憧れが強くなることを私たちは知っています。

なぜなら、我々自身が正しくそうであったからです。

Motorzを見たことで、少しでもクルマやバイクを身近に感じてもらえると嬉しいな、と私たちは思います。

新車から旧車まで、幅広いクルマ/バイクを取り上げます!

クルマ業界は夢があり、とても魅力的なヒトやモノが多い業界です。

だからこそ関わっている人たちの頑張りを、発信していく必要があると、Motorzは考えます。

ショップだけでなく、メーカーさんにも行きますよ!

私たちは「素晴らしき自動車文化」を発信していく流れを作るお手伝いをしたいと考えています。

たとえ”若者のクルマ離れ”と叫ばれようが、我々のような若いメディアが、若い人たちに向けてその魅力を伝えることを諦めては、次の世代には何も残らないでしょう。

そして、この業界全体を盛り上げていく事は、私達の力だけでは叶いません。

クルマに関わる業界人だけでなく、全てのクルマ好きが手を取り合う世界こそが、我々が感銘を受けた自動車文化の姿であり、世間に発信されるべき素晴らしい文化であると考えています。

そこで!!!そんなメディアを一緒に創り上げてくれるライターを募集します。

 

ライター応募はコチラから!

 

募集内容

画像(左)の帽子の小僧が私です…(汗)。こちらは藤田エンジニアリングさんへ取材に伺った際のひとコマ。

業務内容はモータースポーツ、クルマ、バイク、そしてカスタム・チューニングに関する記事の執筆になります。

これまで執筆経験なんてないし…正直書けるか不安…なんて人でも大丈夫!

現在Motorzで執筆しているライターさんの中には、未経験から始めて、今はバリバリ書いている方もいらっしゃいます。

極端に言うと、最初はモータースポーツやクルマ・バイクが「好き」だっただけ。

でもその「好き」な知識で人を喜ばせ、感動させ、楽しませることが出来るんです。

©Motorz

また、Motorzでは現地取材も積極的に行っているので、これまでは見る側だった大好きなあのレースを、自分だったらもっともっと面白く伝えられるのに!!という提案も大歓迎。

スタートしてまだ3年目という新しいメディアだからこそ、やりたい事、伝えたい事を実現しやすい環境です。

本気でモータージャーナリストを目指したい!という方から、お小遣い稼ぎとしての副業感覚な方、もちろん、現在も他メディアでバリバリ執筆中のライターの方も大歓迎です!

あなたの経験や知識を、我々の目指す世界の為にお貸ししてはいただけないでしょうか。

気になった方は、まずは気軽にご連絡ください!

 

まとめ

クルマやバイク、モータースポーツが好きでたまらない。そんな人たちが集まって創り上げているメディア”Motorz”。

車離れが囁かれている現代で、この大好きな世界を再び盛り上がらせる為に!

是非、一緒に頑張ってみませんか!?

ご応募、お待ちしてます。

 

ライター応募はコチラから!

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!