Ferrari 458 Italia GT3 (2012~2013年)

本来は2011年から投入予定だった458ですが、フェラーリの意向もあり2012年からの参戦開始。

エンジンは4.5リッターV型8気筒自然吸気。

参戦当初よりクラッシュや性能調整に悩まされ、終始ライバルの後塵を拝する悔しい結果となってしまいます。

2011年にゲイナーが走らせていたLM-GTE仕様の458GTCがランキング2位を獲得していただけに、マッハ号の活躍も期待されていたのですが・・・。

なお、2012年のスーパー耐久オートポリス戦では悪天候のレースを制し、見事優勝を飾っています!

 

2012年 マッハGoGoGo車検Ferrari458 玉中哲二/植田正幸(第2戦のみ川口正敬) 組

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

 

2013年 マッハGoGoGo車検Ferrari458 玉中哲二/山下潤一郎(第2戦のみ尾本直史) 組

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

 

 

Nissan GT-R Nismo GT3 (2013~2014年)

2013年第5戦からフェラーリ458に代えて日産GT-Rを投入。

3.8リッターV型8気筒ターボエンジンを搭載、駆動方式はFR。

2014年には誕生30周年を迎えたトランスフォーマーとコラボレーションし、カラーリングもマッハ号とオプティマスが融合した派手な仕様となりました。

この年はGT-Rが計6台も参戦していましたが、中でもひと際目立ったマシンだったのではないでようか!

なお、2013年スーパー耐久オートポリス戦では2年連続優勝を達成しています。

 

2013年 マッハGoGoGo車検GT-R 玉中哲二/山下潤一郎(第5戦のみ尾本直史) 組

出典:https://supergt.net/news/single/883

出典:https://supergt.net/

 

2014年 マッハ車検 with トランスフォーマー30th 玉中哲二/山下潤一郎(第1・2・5戦)、鶴田和弥(第2・6戦)、山野直也(第3・6戦) 組

出典:http://www.takaratomy.co.jp/products/tf30th/teammach/

出典:http://www.takaratomy.co.jp/

 

Toyota MC86(2015年~)

2015年より本格運用が開始されたマザーシャシー。

チームマッハはマザーシャシーで仕立てられたMC86をいち早く導入しました。

エンジンは4.5リッターV型8気筒自然吸気。

他チームのMC86が速さを見せる中、チームマッハのMC86はなかなか信頼性が向上せず苦労の連続となっています。

 

2015年 マッハ車検 with いらこん 86c-west 玉中哲二/密山祥吾(第2戦のみ山下潤一郎) 組

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

 

2016年 マッハ車検 MC86 山下潤一郎/影山正美(第2戦、第4戦~)、玉中哲二(第1・2・6戦) 組

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

 

番外編 Ferrari 360 Modena

チームマッハ以外にもマッハ号カラーのマシンが存在していたのをご存知でしょうか?

2005年にジムゲイナーが走らせていたフェラーリ360モデナです。

ドライバーは2004年までチームマッハの玉中哲二選手とコンビを組んでいた桧井保孝選手。

前年までと同様に登録名を三船剛(マッハGoGoGoの主人公)にして参戦していました。

エンジンは戸田レーシングチューンの3.5リッターV型8気筒自然吸気を搭載。

 

2005年 MACH-GO FERRARI DUNLOP 三船剛/松田秀士 組

出典:http://blog.livedoor.jp/impreza_ver2/archives/2005-09.html

出典:http://blog.livedoor.jp/impreza_ver2/

 

まとめ

性能調整やマシントラブルに苦戦しながらも、とても息の長いプレイべートチームとしてJGTC~スーパーGTで活躍しているチームマッハ。

これはチームオーナー兼エースドライバーでもある玉中哲二氏と、その活動をサポートしてきたスタッフの方々の功績ではないでしょうか。

今となってはスーパーGTに欠かす事の出来ないマッハ号カラーのマシン。

勝利へのあくなき挑戦を続けるチームマッハに今後も注目ですね!!