近年、F1と並んで高い人気を誇っているのがFIA-GT3マシンで争われるGTカーレースです。国内はスーパーGT選手権GT300クラスでFIA-GT3マシンが登場し有名になりました。海外ではデイトナ24時間、ニュルブルクリンク24時間耐久、FIA GTワールドカップといった世界的に有名なレースでFIA-GT3マシンが走っています。そんな世界基準のレーシングカーFIA-GT3マシンはどんな車種があるのでしょうか。一挙ご紹介します!

 

 

 

世界中のレーサーから爆発的な人気!FIA-GT3マシンとは?

 

 

FIA-GT3マシンとは、『GT1』、『GT2』の下位としてFIAにより設立されたレースカテゴリーに出場できるレーシングカーです。

正式名称は『Groupe GT3(仏語:グループGT3)』であり、日本では一般的に『GT3』『FIA-GT3』と呼ばれています。

そんなFIA-GT3マシンは、各メーカーから販売されており、車両価格は約5,000万円。

メーカーが販売するFIA-GT3マシンは、FIAの公認(ホモロゲーション)を取得しなければならず、ディーラーで購入できる車両で制作されることが義務付けられています。

また、グループGT3カテゴリーは2005年に設立され、車両コストを抑えることができるだけではなくイコールコンディションで争えることから、多くのレーシングチームがFIA-GT3マシンを購入しレースに参戦。

そのため、レースを運営する側もグループGT3を次々と導入し、ニュルブルクリンク24時間耐久レースやデイトナ24時間などメジャーレースでもFIA-GT3マシンで参戦するチームが増加する流れに!

日本ではスーパーGT選手権GT300クラスにFIA-GT3マシンでの参戦が認められており、プリウスや86などのJAF-GT300車両とスーパーカーのFIA-GT3車両が競い合えるレースを実現。

これによりスーパーGT選手権GT300クラスの人気が向上し、同時にFIA-GT3マシンの知名度も上がっていきました。

 

だれでも購入することでき、改造不可のグループGT3

 

FIA GT Series Circuito de Navarra

Photo by Albert Roland

 

FIA-GT3マシンはだれでも購入することができ、中古車としても購入が可能なので、現在のレースではワークスチームや強豪プライベーターは新しいマシンが出るたびに新型を購入し、低予算で運営しているプライベートチームは型落ちの中古車を安価で購入してレースに参戦する図式が出来上がっています。

そんなFIA-GT3マシンのレースでは、GT1やGT2とは違い改造がほとんどできません。

『バランス・オブ・パフォーマンス(BOP)』と呼ばれるマシン性能調整システムを採用しているため、エンジン・吸排気・エアロなど性能向上を求めたパーツ交換は不可。

GT1やGT2ではマシン制作や改造で莫大な費用が掛かってしまいますが、GT3では車両の改造ができない分コストを抑える事ができるので、プライべーターでも参加が容易いとなっています。

また、GT3は出場するマシンがイコールコンディションで争えるので、プライベーターでも上位入賞が狙える事も魅力の1つではないでしょうか。

 

FIA-GT3車両で出られる世界のレース

 

2017FIA-GT世界選手権 マカオカップ

出典:https://www.fia.com/events/gt-world-cup/season-2017/fia-gt-world-cup

 

レース 開催国 公式HP
24時間耐久シリーズ 欧州各国 24H SERIES
アジア ル・マン シリーズ アジア各国 Asian Le Mans Series
オーストラリアGTチャンピオンシップ オーストラリア Australian GT Championship
ベルギーレーシングカー選手権 ベルギー Belgian Racing Car Championship
ブランパンGTシリーズ 欧州各国 Blancpain GT Series
FIA-GT3 ヨーロッパ選手権 欧州各国 FIA GT3 European Championship
FIA-GT選手権 世界各国 FIA GT Championship
英国GT選手権 英国 British GT Championship
ヨーロッパ ルマン シリーズ 欧州各国 European Le Mans Series
マカオグランプリ 中国・マカオ Macau Grand Prix
GTアジアシリーズ アジア諸国 GT Asia Series
ADAC GT マスター 世界各国 ADAC GT Masters
ミシュラン ルマン カップ 欧州各国 Michelin Le Mans Cup
国際 GT チャレンジ 世界各国 Intercontinental GT Challenge
イタリアGT選手権 イタリア Italian GT Championship
国際GTオープン 欧州各国 International GT Open
VLE ドイツ VLE
IMSA アメリカ WeatherTech SportsCar Championship
Britcar イギリス Britcar
ピレリ WC アメリカ Pirelli World Challenge
STCC スウェーデン Swedish GT Series
V de V 選手権 欧州各国 V de V

 

FIA-GT3車両で出られる日本のレース

 

2018 第1戦岡山 スーパーGT

出典:https://supergt.net/news/single/17904

 

レース 公式HP
SUPER GT SUPER GT
スーパー耐久 スーパー耐久
スーパーカーレースシリーズ SCR

 

各メーカーを代表するスーパーカーが揃い踏み!FIA-GT3マシン全車紹介

メルセデスAMG GT GT3

 

メルセデスベンツ AMG GT3

出典:https://www.mercedes-amg.com/customerracing/en/news/macau_preview_2017.html

 

メルセデスベンツ AMG GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,746×2,049×1,238
ホイールベース(mm) 2,625
車重(kg) 1,285
エンジン V型8気筒
排気量(L) 6.3
最高出力kW[PS] 404[550]
価格 $420,000【日本円で約4,500万円】

 

フェラーリ 488 GT3

 

フェラーリ 488 GT3

出典:https://www.ferrari.com/en-NL/news?page=112&categories=

 

フェラーリ 488 GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,633×2,043×1,145
ホイールベース(mm) 2,700
車重(kg) 1,260
エンジン V型8気筒ツインターボ
排気量(L) 3.9
最高出力kW[PS] 441 [600]以上
価格 €555,000【日本円で約7,300万円】

 

ランボルギーニ ウラカン GT3

 

ランボルギーニ ウラカン GT3

出典:https://www.lamborghini.com/jp-en/lamborghini-huracan-gt3-2017-blancpain-gt-series-champion

 

ランボルギーニ ウラカン GT3
全長×全幅(mm) 4,458×2,050
ホイールベース(mm) 2,645
車重(kg) 1,230
エンジン V型10気筒
排気量(L) 5.2
最高出力kW[PS] 367[500]以上
価格 €369,000【日本円で約4,879万円】

 

ベントレー コンチネンタル GT3

 

ベントレー コンチネンタル GT3

出典:https://www.bentleymotors.com/en/world-of-bentley/our-story/news/2015/bentley-wins-gt-asia-motorsport-team-title.html

 

ベントレー コンチネンタル GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,910×2,036×1,350
ホイールベース(mm) 2,776
車重(kg) 1,300
エンジン V型8気筒ツインターボ
排気量(L) 4.0
最高出力kW[PS] 360[490]以上
価格 未公開

 

アストンマーチン V12 ヴァンキッシュ GT3

 

アストンマーチン V12 ヴァンキッシュ GT3

出典:http://www.astonmartin.com/en/racing/race-cars/vantage-gt3

 

アストンマーチン ヴァンキッシュV12 GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,737×1,979×1,195
ホイールベース(mm) 2,740
車重(kg) 1,250
エンジン V型12気筒
排気量(L) 6.0
最高出力kW[PS] 367[500]以上
価格 €250,000【日本円で約3,300万円】

 

アウディR8 LMS

 

アウディ R8 LMS GT3

出典:http://www.audi-motorsport-asia.com/en/News/Details/196

 

アウディR8 LMS
全長×全幅 (mm) 4,473×1,997
ホイールベース(mm) 2,700
車重(kg) 1,225
エンジン V型10気筒
排気量(L) 5.2
最高出力kW[PS] 412[560]
価格 €359,000【日本円で約4,800万円】

 

マクラーレン 650S GT3

 

マクラーレン 650S GT3

出典:http://cars.mclaren.com/gt/models

 

マクラーレン 650S GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,534×2,040×1,200
ホイールベース(mm) 2,670
車重(kg) 1,240
エンジン V型8気筒ツインターボ
排気量(L) 3.8
最高出力kW[PS] 約367[500]
価格 330,000ポンド【日本円で約5,000万円】

 

BMW M6 GT3

 

BMW M6 GT3

出典:https://www.bmw-motorsport.com/en/topics/fahrzeuge/bmw-m6-gt3.html

 

BMW M6 GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,944×2,046×2,901
ホイールベース(mm) 2901
車重(kg) 1,300
エンジン V型8気筒ターボ
排気量(L) 4.4
最高出力kW[PS] 430[585]以上
価格 €379,000【日本円で約5,010万円】

 

ポルシェ911 GT3 R

 

ポルシェ911 GT3 R

出典:https://www.porsche.com/japan/jp/motorsportandevents/motorsport/customerracing/racingcars/991-gt3-r/

 

ポルシェ911 GT3 R
全長×全幅×全高(mm) 4,604×2,002×1,232
ホイールベース(mm) 2,463
車重(kg) 約1,220
エンジン 水平対向6気筒
排気量(L) 4.0
最高出力kW[PS] 368[500]
価格 €429,000【日本円で約5,600万円】

 

レクサス RC F GT3

 

レクサス RC F GT3

出典:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14685412

 

レクサス RC F GT3
全長×全幅×全高(mm) 4,845×2,030×1,270
ホイールベース(mm) 2,770
車重(kg) 1,300
エンジン V型8気筒
排気量(L) 5.4
最高出力kW[PS] 373[500]以上
価格 未発表

 

日産 GT-R NISMO GT3

 

日産 GT-R NISMO GT3

出典:http://www.nismo.co.jp/products/GT3/photo.html#

 

日産 GT-R NISMO GT3
全長×全幅 (mm) 4,790×2,036
ホイールベース(mm) 2,780
車重(kg) 1,290
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量(L) 3.8
最高出力kW[PS] 405[550]以上
価格 3,360万円

 

アキュラNSX GT3

 

アキュラNSX GT3

出典:https://nsx.acura.com/explore/gt3

 

アキュラNSX GT3
全長×全幅 (mm) 4,612×2,040
ホイールベース(mm) 2,630
車重(kg) 1,240
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量(L) 3.5
最高出力kW[PS] 非公開
価格 €465,000【日本円で約6,050万円】

 

まとめ

 

ニュルブルクリンク24時間 2017 AMG GT GT3

出典:http://www.nuerburgring.de/en/events-tickets/automobile/adac-zurich-24-hour-race.html

FIA-GT3マシンの魅力は、すでに出来上がったレーシングカーを誰でも購入できるということです。

そして、GT3カテゴリーのレースでは特別に追加するパーツ代が不要なため、購入すればガソリン代、消耗品代、タイヤ代ぐらいのコストでレースに参戦可能。

登場してまだ数年しかたっていないにもかかわらず、GT3レースはすでにトップカテゴリーのツーリングカーレースとなっています。

また我々でも購入できるレーシングカーといった面では、親近感を感じることも!

レースだけでなく世界中の自動車メーカーがどんなFIA-GT3マシンを登場させるかにも注目すると、モータースポーツがもっともっと面白くなるのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!