2018年6月3日、埼玉県本庄市にある本庄サーキットで行われた、オートバックス全日本カート選手権へ取材に行ってきました!若くしてモータースポーツのカテゴリーに身を置くドライバー達には、いったいどんな選手がいるのでしょうか?また、どんなことを考えながら走っているのでしょう。

 

 

初夏の本庄サーキットへ行ってきた

 

 

埼玉県本庄市にある本庄サーキットへ、取材にやってきたMotorz編集部ヤマト。

ヤマト君の簡単なプロフィールは以下の通りです。

 

出身地:神奈川県

生年月日:1989年2月28日

マイカー:MAZDA RX-7カブリオレ(FC3C)

趣味:クルマ・バイク、カメラ、音楽鑑賞

 

全日本カートの現場では、どんなことが行われていたのか。

その魅力をお伝えします。

 

パドックを散策

 

 

 

カートレースならではの独特の作業風景を見る事ができたり、レーシング(空ぶかし)するサウンドが響き渡るパドック。

また、そのタイヤは4輪レースとは違い、バイクなどで使用されているバイアスタイヤであるなど、新しい発見が溢れていました。

メーカーによる違いはもちろんですが、コンパウンドだけではなく、タイヤの構造そのものがカートならではとなっていたのです。

 

カートの魅力って?

 

 

 

 

動画内では、ピットにお邪魔してチーム関係者とドライバーにインタビュー!!

カートの魅力やレースの面白さを語ってもらっています。

そこには、勝つためだけに走るのではなく、野球やサッカーと同じようにスポーツとしてカートを楽しむ若者の姿がありました。

 

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!