2018年10月4日~7日まで、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットで2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 Honda 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会が開催されるという事で、初日から現地入りしたMotorz編集部。でも実は・・・F1の事は、あまり知らない私(先川)。そんな私がF1の楽しさを、初心者目線でレポート!してみました。

©ChikaSakikawa

走行の無い初日から、長蛇の列だぜF1

©ChikaSakikawa

F1日本グランプリ初日である本日の主なスケジュールは、ピットウォークとドライバーズランウェイ。

実は、F1マシンの走行は一切無い1日目のプログラム。

しかも天気は雨が降ったり止んだりと、あまり快適とは言えない状況にもかかわらず、入場ゲートやGPスクエアのコンテンツなど、いたるところで長蛇の列ができているのがF1日本グランプリ。

例えばRedBull Toro Rosso Hondaのマシンと記念撮影ができるコーナーでは、午前中にも関わらず70分待ちという人気ぶり!

明日からはF1マシンの走行も始まるので、待ち時間の暇つぶしグッズや癒しグッズを用意しての来場がおススメです。

場内のどこにいても場内アナウンスで情報GET!

©ChikaSakikawa

一言でF1観戦と言っても、かなり広い鈴鹿サーキット。

お気に入りのコーナーやチケットを購入した指定席など、会場の色々なところでレースを見たり、休憩や食事をしたりと移動するのは当たり前!なのですが、場内アナウンスが聞こえない場所に行ってしまうと、レーシングコースでのイベントの進行状況もわからないので、重要な場面を見逃す事も。

そんな時はサーキット内なら、いつでもどこでも場内の情報を聞くことができるPit-FMがおススメ!

Pit-FM 公式サイト:http://www.pit-fm.jp/

放送だけでなく、TwitterやFacebookでも情報を配信しているので、フォローして最新情報を逐一チェックできちゃいます!

©ChikaSakikawa

貸出用のラジオも用意されているので、絶対聞き逃したくない!と言う方は、GPスクエアのPit-FMブースに寄ってみてくださいね。

各チームのピットがオシャレだよF1

Williams Matini Racing / ©ChikaSakikawa

やっぱり現地観戦に来たのなら、生のレースの迫力を体感してもらいたいのはもちろんですが、その次に見て欲しいのはTV放送などではあまり映らない部分!

例えば、各チームのピットの中が驚くほどオシャレで、インテリアの配置や収納の使い方を自分の部屋の参考にしたいほど!

RedBull Toro Rosso Honda / ©ChikaSakikawa

Aston Martin RedBull Racing / ©ChikaSakikawa

Alfa Romeo Sauber F1 Team / ©ChikaSakikawa

気分が盛り上がるPOPな音楽を流しているチームもあったりと、レース以外の新たな一面を発見できるかもしれません。

タイヤ交換も見逃さないで!

©ChikaSakikawa

ドライバーに注目が集まりがちなF1ですが、実はその戦いを支えるメカニックもかなりカッコイイのです。

とは言っても普段はピットの中で作業しているので、中々その活躍を見る事はできません。

そんなメカニックのカッコよさが一目で分かるのが、レース中のタイヤ交換!

一分一秒を争うピット作業の手際の良さと団結力に、1度見ると夢中になるはず。

次戦からメカニックファンになっている!なんて事もあるかもしれません。

もしかして・・・仮装すればピットに入れる!?

©ChikaSakikawa

F1の会場を歩いていると、驚くほど奇抜な仮装をしているお客さんをたびたび見かけます。

そんな奇抜な格好をしたお客さん達は会場のどこにいても目立つのですが、それはピットウォークでも同様!

©ChikaSakikawa

チーム側から見ても奇抜な仮装は目立つようで、チームスタッフに招き入れられて記念撮影をしている光景が多々見られました。

もしかして奇抜な仮装がチームスタッフの目にとまれば、ピット前での記念撮影ができちゃうかもしれません。

グルメブースもクオリティーが高いよF1

©ChikaSakikawa

グランドスタンド裏やGPスクエア、逆バンクやシケインなど、フードブースもかなり充実しているF1日本グランプリ。

グルメリポートをするぞ!と意気込んで、まずはその匂いとビジュアルに釣られて八ヶ岳スモーク全部盛り(¥1,000)を購入。

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

©ChikaSakikawa

ぷりっぷりのウィンナーとジューシーな鶏肉、香ばしいベーコンというボリューミーな盛り合わせに少し驚くも、想像以上に柔らかくて美味しいお肉に大満足!

この一皿でお腹いっぱいになってしまい、グルメリポートは終了。

一人の限界を感じたのでした。

他にもラーメンやケバブ、ハンバーガーやたこ焼きなど、残念ながら私は食べる事ができなかった美味しそうなブースが盛りだくさんのグルメコーナー。

お腹がすいたら、是非立ち寄ってみてくださいね。

記念のお土産にはやっぱりレアグッズ!

©ChikaSakikawa

せっかく現地に来たのなら、記念のお土産もGETしたいところ。

どうせ買うならレアグッズが欲しくない?という事で、GPスクエア内で気になったグッズをピックアップ!

McLarenのジャンパー(¥36,000)

©ChikaSakikawa

GPスクエアの真ん中にあるF1Storeで一番最初に気になったのは、少し高いけど機能性抜群でオシャレなMcLarenのチームジャケット!こちらはウォータープルーフジャケットなので、雨の日も大活躍する事間違いなし。

©ChikaSakikawa

ほぼ同デザインで、ノースリーブにもなる3in1パフォーマンスジャケット(¥68,000)も販売中なので、是非チェックしてみてくださいね。

木製フォーミュラカー(¥60,000)

©ChikaSakikawa

F1日本グランプリ鈴鹿開催30回記念グッズ販売ブースで気になったのは、三重県産の木材を使用した木製フォーミュラカー!

©ChikaSakikawa

こちらは60,000円とかなり高価ですが、歳月を経て色合いが変化する味のある一品!

F1観戦を記念して、是非お部屋のインテリアに加えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

©ChikaSakikawa

明日から本格的にマシンの走行がスタートするF1日本グランプリ。

残り3日間のスケジュールは以下の通りです。

台風25号が近づいている影響で予選日は雨予報ではありますが、それでも世界最高峰のフォーミュラグランプリ!盛り上がらないはずはない。

今日の気温は少し蒸し暑いぐらいでしたが、雨対策は万全に!防寒着も忘れず気を付けてご来場くださいね。

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!