台風の直撃で、決勝レースが中止となってしまった全日本ロードレース選手権Rd.8。レースの結果は、予選順位によるハーフポイント付与となりました。という事で!決勝レースは行われなかったけど、もちろん聞いてきました『ライダー達の得意なポイントと苦手なポイント』。日本の最高峰レースを走るライダー達にだって、恐怖を感じるコーナーもあるんです。

 

©ChikaSakikawa

 

まずはJ-GP2クラス

♯7 石塚 健 選手(will-raise racing RS-ITOH)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:2位 1’40’462】

 

©ChikaSakikawa

 

得意(青〇):

①進入でどこまでも行ける気がする。

②ブレーキングからの向き変えが得意

苦手(赤〇):

①バイクを寝かすタイミングが難しい。

岡山は全体的にアップダウンが激しく、ブレーキングのテクニックが必要なコースだと教えてくれた石塚選手。

バイクを寝かすタイミングが難しいコーナーなど苦手なポイントはあるものの、予選ではかなりアグレッシブな走りで2番手タイムを叩き出す速さを見せてくれました。

 

#71 三原 壮紫選手 (TONE RT SYNCEDGE4413)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:7位 1’41’205】

 

©ChikaSakikawa

 

得意(青〇):比較的得意です。

苦手:アッドウッドコーナー以外のコーナーはどのコーナーも難しいので苦手です。

岡山はストップ&ゴーだけど、コーナリングスピードを落とさずに走るサーキットだと教えてくれた三原選手。

コーナーはほとんど苦手という事でしたが、それでも予選ではタイムを更新し続けて堂々の7位!難しいコンディションでの、攻めた走りを見せてくれました。

 

♯31 豊島 怜 選手(DOG FIGHT RACING・YAMAHA)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:19位 1’43’865】

 

©ChikaSakikawa

 

得意(青〇):上手くスピードを乗せられる。

苦手(赤〇):毎回上手く決まらない。

岡山国際サーキットは、前半と後半で全く違うコースだと教えてくれた豊島選手。

公式予選では強い雨が降りしきる中、順調にラップタイムを刻み、粘り強い走りを見せてくれました。

 

続いてJ-GP3クラス

♯13長谷川聖 選手(CLUB Y’s & J)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:7位 1’46’831】

 

©ChikaSakikawa

 

得意(青〇):

①突っ込みが得意。

②立ち上がりが得意。

③立ち上がりでスピードを乗せるのが得意。

苦手(赤〇):

①エスケープゾーンが狭いから怖い。

②よく転ぶ人がいるから怖い。

③ジャンプ台があってとても怖い。

岡山の全体的なイメージは、ストップ&ゴー!ストップ&ゴー!ストップ&ゴー!と、ひたすらストップ&ゴーの繰り返しだと教えてくれた長谷川選手。

予選では前を走るライダーのスリップストリームを使いながら、全速力で走り抜けるアグレッシブな姿を見せてくれたので、実は怖いポイントがあるという事に驚き。

そんな恐怖を乗り越えて走っているという、意外な一面を知る事ができました。

 

♯29鈴木 大空翔 選手(BATTLE FACTORY)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:22位 1’49’319】

 

©ChikaSakikawa

得意(青〇):

①しっかりブレーキがかけられている。クリップポイントにもしっかりとつける。

②いいスピードでいける。

苦手(赤〇):

①ブレーキングポイントはいいが、バイクを少し止めすぎてしまって、上りで上らない。

②ブレーキングポイントはいいが、止めすぎてスピードが乗らない。

③少しアクセルを戻すのが早い。

岡山はアクセルを我慢するコーナーが多いコースだと教えてくれた鈴木選手。

公式予選では、激しい雨に苦戦しながらも諦めない走りを見せてくれました。

 

#34 村田 憲彦 選手(CLUB Y’s & J)に聞いてみた。岡山の得意なところ・苦手なところ【予選:13位 1’47’657】

 

©ChikaSakikawa

 

得意(青〇):

①ブレーキングが得意。

②スピードが乗せていけるので得意。

③ブレーキから進入までコーナリングスピードを考えながら走っていて、気持ちがいいので得意。

④フルブレーキが得意。

⑤攻めてる感がすごくあるので得意。

苦手(赤〇):

①ブラインドコーナーなので、出口が苦手。

②コーナーが中途半端なので、すごく苦手。

③走っていて楽しいけど、リズムが取れなくて苦手。

岡山はコーナーがタイトで難しいサーキットだと教えてくれた村田選手。

それでも公式予選では、今シーズンのベストリザルト!

天候や気温が予想できないコンディションの中、驚異の適応能力を見せてくれました。

 

まとめ

 

©ChikaSakikawa

 

大型台風の接近により大雨が降りしきる岡山国際サーキットを全力疾走するレーシングライダー達。

私達から見ると無謀とも思えるそんな彼らにも実は、得意なポイントと苦手なポイントが存在します。

ライダー達にとって計時予選などのタイムアタックは、自分との戦い。

実際にレースを観戦する時は、そういったポイントに注目して見ると、今よりもっと面白くなるはず!

是非ライダーごと、コーナーごとの走り方などをチェックしてみてくださいね。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!