Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

セーフティカー導入5回、赤旗中断2回と言う恐ろしいコンディションを勝ち抜いたのは、ハミルトン!

世界最高峰に位置するモータースポーツ、F1!その第17戦ブラジルGP、インテルラゴスの模様を、どこよりも早くご紹介します!これを読めば、レースのどこで何が起きたのかすべてわかる!Motorzのリアルタイムツイートとともに、どこよりも早いレースレポートをお送りします!新世代レポート、ツイレポ!

©Pirelli

©Pirelli


Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

 

2016年のブラジルGPの見どころ

みなさん、こんばんは!今日もF1第20戦ブラジルGP決勝の模様をツイート実況いたします。
夜遅い時間帯ですが、どうぞ最後までお付き合いください!
#BrazilGP #f1jp

今週末はスーパーGTやフォーミュラEなど、多くのカテゴリーで王者が決まりましたね!
F1も1戦を残していますが、今日このレースで王者が決まる可能性があります。
#BrazilGP #f1jp

現地の天候は雨。おっと!スタート進行でグロージャンがクラッシュしてしまいました!
#BrazilGP #f1jp

コース上は水量が多く、グロージャンはウェットタイヤを履いていましたが、加速時にハイドロプレーニングを起こしてコントロールを失ってしまいました。
#BrazilGP #f1jp

これを見て、各ドライバーは慎重に走行しています。
グロージャンは7番手グリッドを獲得していただけに痛いクラッシュとなってしまいました。
レースは非常に難しいコンディションになりそうですね。
#BrazilGP #f1jp

さて、すでに荒れ模様のブラジルGPですが予選でポールポジションを獲得したのはハミルトン。今季12回目、通算では60回目。
60回以上ポールポジションを獲得したのはアイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハに次ぐ3人目です。
#BrazilGP #f1jp

ハミルトンはランキング首位のロズベルグを19点差で追いかける立場です。
依然として自力王者の可能性はありませんが、優勝を飾ればタイトル決定を最終戦まで持ち越すことができます。
#BrazilGP #f1jp

F1ブラジルGP、タイトル決定条件
ロズベルグ(左):ハミルトン(右)
優勝:無条件で王座決定
2位:4位以下
3位:6位以下
4位:8位以下
5位:9位以下
6位:10位以下
7位以下:最終戦へ持ち越し
#BrazilGP #f1jp

今回もメルセデス勢がフロントローを独占しましたが、そのタイトル争いに影響を与えそうなのがフェラーリとレッドブル。
フェラーリはライコネンが3番手、フェルスタッペンが4番手。さらにはその後ろの列にベッテルとリカルドが控えています。
#BrazilGP #f1jp

F1ブラジルGPスターティンググリッド
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ライコネン
4フェルスタッペン
5ベッテル
6リカルド
7グロージャン
8ヒュルケンベルグ
9ペレス
10アロンソ
ここまでがQ3進出組
#BrazilGP #f1jp

スタートが10分送らされると発表がありました!
#BrazilGP #f1jp

以下は
11ボッタス
12グティエレス
13マッサ
14クビアト
15サインツ
16パーマー
17バトン
18マグヌッセン
19ウェーレイン
20エリクソン
21ナッセ
22オコン ※青旗無視で3グリッド降格
#BrazilGP #f1jp

雨が降り続いているインテルラゴスサーキット。空は雲が覆っている状況です。
スタートはセーフティカースタートの可能性もありそうですね。
#BrazilGP #f1jp

さらに、注目して頂きたいのが最後の母国GPを迎えるマッサ。
ウィリアムズのスポンサーであるマルティニの粋な計らいで、マルティニのロゴが”マッサ”に限定カラーに変更されています。マッサに見ているとこの雨は2008年を思い起こさせますね。
#BrazilGP #f1jp

スタートは10分遅らせたため、ドライバーはようやくマシンに乗り始めたところです。
こういう時は集中力を保つのも大変かもしれませんね。
#BrazilGP #f1jp

レースはセーフティカースタートと発表されました!
#BrazilGP #f1jp

これはメルセデスにとっては嬉しい展開となるかもしれませんね。アクシデントに巻き込まれる可能性が減るのは、タイトルを争う2人には大きく影響してきます。
雨は徐々に弱まると思われていますが、しばらくはウェットの展開が続きそうです。
#BrazilGP #f1jp

また、マクラーレン勢は今回アロンソが見事にQ3進出。
10番手からのスタートです。またバトンは17番手ですが、雨に強い彼らのドライビングはこのレースを盛り上げてくれそうです!
#BrazilGP #f1jp

また上位では雨で強そうなのがレッドブル。
今季も雨絡みのレースでは力強いレースを見せてきました。
メルセデスを脅かすレースができるでしょうか。
この雨はチームにとって今季3勝目のチャンスとも言えますね。
#BrazilGP #f1jp

現役ドライバーでこのブラジルを制したことがあるのは、マッサ、ロズベルグ、ライコネン、バトンの4名。
意外なことにハミルトン、アロンソはこのコースで優勝の経験がありません。
特にハミルトンは今日の初優勝を望んでいるでしょうね。
#BrazilGP #f1jp

さあ、タイヤカバーが外されスタートの準備が整いました!
#BrazilGP #f1jp

スタート~15周:土砂降りの中、レーススタート!

©Pirelli

©Pirelli

セーフティカースタートのため、フォーメーションラップはありません。
各ドライバー無事スタートを切りました。
マシン後方からは水煙が激しく巻き起こっています。
#BrazilGP #f1jp

また、セーフティカースタートのためタイヤは全車ウェットタイヤを装着するよう義務付けられています。
スタート進行でクラッシュしたグロージャンを除いて、21台が走行しています。
#BrazilGP #f1jp

リカルドはチーム無線でコンディションの悪さを訴えています!
画面上からもその様子は分かるほど水量は多いですね。
グロージャンがクラッシュした箇所は普段なら全開区間なのですが、雨となると非常に難しいコーナーへと変貌します。
#BrazilGP #f1jp

ちなみにこのコースで前回のウェットレースは2012年。
その時はヒュルケンベルグがトップを快走するというシーンもありましたね。
最終的にはタイヤ戦略が功を奏したバトンが優勝を果たしました。
#BrazilGP #f1jp

各ドライバーは路面状況をチームに報告していますが、レース開始は少し伸ばされるかもしれません。
多くのドライバーがコンディションの悪さを訴えています。
#BrazilGP #f1jp

レースは現在5周目、以前としてセーフティカーが先導しているため順位の変動はありません。
#BrazilGP #f1jp

雨は少し弱まったでしょうか。少しづつ「レースできるんじゃない?」という意見も聞こえ始めました。
特に下位のドライバーは波乱に乗じて上位フィニッシュのチャンスがあるので、難しいコンディションでのレースを望む選手もいます。
#BrazilGP #f1jp

このようなレースでは最初のタイヤ交換のタイミングが重要となると思われます。
ドライバーは路面の状況を適切に伝える必要がありますね。
#BrazilGP #f1jp

セーフティカーがこの周で退き、レースが始まります!
#BrazilGP #f1jp

レースは8周目からスタート!
ハミルトンは後方を引き付け加速を始めました!
#BrazilGP #f1jp

さあレースがスタート!
フェルスタッペンがライコネンを捉え3番手へ浮上!
マグヌッセンは早くもインターミディエイトへ交換しました。
#BrazilGP #f1jp

フェルスタッペンが開始早々、強力なペースを見せています!
フェルスタッペンはライコネンを大きく引き離しロズベルグに迫ります。
#BrazilGP #f1jp

ライコネンはタイヤが冷えているのか思うようにペースが上がりません!
さあ、バトンがインターミディエイトへ交換!
インターミディエイトを履く、マグヌッセン悪くないタイムを刻んでいます。
#BrazilGP #f1jp

先頭のハミルトンは視界の良さもあってか快調なペース。
後方のドライバーは視界が悪いのを嫌ってか続々とピットへ向かいます。
#BrazilGP #f1jp

11周目、ベッテルがスピン!
リカルドに追いかけられていました最中にセクター3でミス。
そのままピットへ向かってインターミディエイトへ交換しました。
#BrazilGP #f1jp

レースは12周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ライコネン
5リカルド
6ヒュルケンベルグ
7ペレス
8サインツ
9ナッセ
10オコン
#BrazilGP #f1jp

上位半分のドライバーがウェットタイヤ。
下半分のドライバーがインターミディエイトを装着し、戦略が大きく分かれています。
インターミディエイトを履く中で最上位はアロンソとなっています。
#BrazilGP #f1jp

最終コーナーでエリクソンがクラッシュ!!!
セーフティカーが入りました!
#BrazilGP #f1jp

レースは14周目、セーフティカーが導入されました。
この間にレッドブル勢がそろってインターミディエイトに交換しています。
#BrazilGP #f1jp

現在ピットレーンはクローズという指示が発令されています。
エリクソンのマシンがピット入口でストップしているためですね。
#BrazilGP #f1jp

16周~30周:赤旗中断が2連続!?

©Pirelli

©Pirelli

その間にピットに入ったレッドブル勢は審議対象となる可能性がありますが、タイミング的には非常に微妙です。
発令が先か、それとも意図的に無視したのかというところが、審査の基準となりそうです。
#BrazilGP #f1jp

再び雨脚が強くなってきました。
コース上の水量はあまり減っているようには見せません。
インターミディエイトを履くドライバーはレース再開時に注意が必要かもしれません。
#BrazilGP #f1jp

レース16周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ライコネン
4フェルスタッペン 1ストップ
5ヒュルケンベルグ
6ペレス
7サインツ
8ナッセ
9リカルド 1ストップ
10オコン

レースは17周目に入りましたが、以前セーフティカーが先導となっています。
#BrazilGP #f1jp

レースは17周目、ようやくエリクソンのマシンが撤去され、ピットレーンがオープンとなりました。
#BrazilGP #f1jp

18周目、ルノーのパーマーがピットへ。
インターミディエイトからウェットタイヤへ戻しました。
パーマーは最後尾でコース復帰しています。
#BrazilGP #f1jp

ここまでリタイアは2台、スタート進行中にグロージャン、さらにエリクソンがクラッシュでリタイアを喫しています。
#BrazilGP #f1jp

先ほどピットへ入ったリカルドに審議対象が出されました。
#BrazilGP #f1jp

©Pirelli

©Pirelli

レースは19周目、セーフティカーがこの周で退きます。
#BrazilGP #f1jp

さあ、レースが再開しました。
ライコネンがクラッシュ!!!
#BrazilGP #f1jp

ホームストレートで大きなクラッシュを喫してしまいました。
ライコネンは無事です。しかし視界が悪いため後続のマシンに追突される可能性がありましたが、後方のマシンは追突を避けています。
#BrazilGP #f1jp

このアクシデントでレースは赤旗が提示されました!
#BrazilGP #f1jp

レースは21周目、ベッテルはコンディションの悪さを訴えています!
その最中にチームメイトのライコネンはクラッシュを喫してしまいました。
#BrazilGP #f1jp

レースは現在21周目で中断となっています。現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ヒュルケンベルグ
5ペレス
6サインツ
7ナッセ
8リカルド
9オコン
10ウェーレイン
ここまでがトップ10
#BrazilGP #f1jp

以下は
11アロンソ
12ボッタス
13マグヌッセン
14バトン
15ベッテル
16マッサ
17グティエレス
18クビアト
19パーマー
リタイアはライコネン、エリクソン、グロージャン
#BrazilGP #f1jp

ヒュルケンベルグはライコネンのクラッシュ時に破片と接触があったようです。
フロントウィングを損傷しています。
#BrazilGP #f1jp

©Pirelli

©Pirelli

現在レース再開を待っている状況です。各ドライバーはマシン降り再開を待っていますが、その目途は立っていません。
#BrazilGP #f1jp

現在混乱に乗じて、普段は見慣れない選手が上位に進出してきています。
今季ポイントを獲得していないナッセ、オコンといったドライバーが入賞圏に入っていますね。
また、サインツ、ウェーレインもポイント獲得のチャンスが出てきました。
#BrazilGP #f1jp

ヒュルケンベルグはレース再開に向けてヘルメットの水対策を行っています。
この中断時もレースが続いていることを忘れてはいけませんね。
#BrazilGP #f1jp

11番手のマッサに5秒ペナルティが出されました!
レース開始時、セーフティカーが退く前にマシンを抜いてしまったためです。
#BrazilGP #f1jp

またリカルドもピットレーンがクローズの際にピット作業を行ったとして、マッサと同じ5秒ペナルティが出されました。
#BrazilGP #f1jp

さて、ようやくセーフティカーがコースチェックを始めました!
#BrazilGP #f1jp

ハミルトンは精神を集中させて集中力を保っているように見えます。
スピンを喫したベッテルは少し険しい表情で再開を待っています。
#BrazilGP #f1jp

もし、このまま赤旗でレース終了となればタイトル争いは次戦アブダビに持ち越しとなります。
その場合ロズベルグ376ポイント、ハミルトン367.5ポイント。
本来ならば二人の差は7点縮まるはずですが、ハーフポイントとなれば3.5点しか縮まりません。
#BrazilGP #f1jp

するとロズベルグとっては少し有利に働くでしょうか。
次戦アブダビでは4位以上で無条件にタイトル決定となります。
#BrazilGP #f1jp

レース再開時刻の発表がありました!
日本時間では2時21分にレース再開されるようです。
#BrazilGP #f1jp

あと10分ほどでレース再開されますが、日没などの心配もありますね。
レースは50周を残しており、チェッカーまで長い距離を走ることとなります。
#BrazilGP #f1jp

レース再開時には赤旗が提示されたため、各ドライバーは好きなタイヤを選択することができますが…
今回はFIAから再開時にウェットタイヤ装着義務が発令されました。
#BrazilGP #f1jp

レース再開まで3分となりました。
ドライバーたちがマシンに再び乗り込みました。
#BrazilGP #f1jp

恐らく中断前にウェットタイヤを履いていたドライバーも新しいウェットタイヤに履き替えると思われます。
現状、雨は止む気配はありません。
#BrazilGP #f1jp

さあ、マシンのタイヤカバーが外され、三度レースが再開されます。
#BrazilGP #f1jp

レースは残り50周、今レースがセーフティカー先導で再開されました!
#BrazilGP #f1jp

©Pirelli

©Pirelli

現在の順位をおさらいしておきましょう。
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ヒュルケンベルグ
5ペレス
6サインツ
7ナッセ
8リカルド
9オコン
10ウェーレイン
ここまでがトップ10
#BrazilGP #f1jp

コース上の水量はあまり減っていないようですが、空は少し明るくなったでしょうか。
しかし、この後再び雨脚が強まると予想するチームも見られます。
#BrazilGP #f1jp

23周目、ヒュルケンベルグがピットへ向かいました!
ウェットタイヤからウェットタイヤに交換しましたが、セーフティカー先導中のため大きく順位を下げてしまいました。
#BrazilGP #f1jp

ヒュルケンベルグはパンクに見舞われたようですね。
4番手を走行していただけに惜しいトラブルとなってしまいました。
#BrazilGP #f1jp

レースは24周目に入りました。
セーフティカーは依然としてコース上に留まっています。
#BrazilGP #f1jp

フェルスタッペンの無線ではこれから雨が強くなるという話が聞こえてきました。
それにベッテルも同様の意見をピットに訴えています。
#BrazilGP #f1jp

レースは26周目、ハミルトンはレース再開を希望しているようです。
しかし、依然としてセーフティカーはコースに留まっています。
#BrazilGP #f1jp

ここまでリタイアは4台。クビアトと接触があったパーマーは赤旗再開時にリタイアを決め、ライコネン、エリクソン、グロージャンに次ぐ4台目のリタイアとなってしまいました。
#BrazilGP #f1jp

レースは再び赤旗が提示されました!
#BrazilGP #f1jp

レースは28周目、レースは再び赤旗となりました。
雨脚はまた強くなってきたためですね。
ハミルトンとフェルスタッペンはレース再開を望んでいますが、競技審査委員会は赤旗という判断を下しました。
#BrazilGP #f1jp

レースは29周目、スタートから1時間30分が経過しました。
今後雨脚が強まる可能性も高いという見方が強いですね。
再びドライバーたちはマシンを降りています。
#BrazilGP #f1jp

レースは29周目、現在の走行時間は51分26秒。
2時間ルールまでは約1時間10分を残しています。
#BrazilGP #f1jp

そして中断時間を含む4時間ルールまでは約2時間20分を残しています。
#BrazilGP #f1jp

ちなみにこのブラジルGPで赤旗が提示されたのは2003年までさかのぼります。
その時も強い雨によってマーク・ウェバーやアロンソがクラッシュを喫し赤旗終了。
そしてジョーダンに所属していたジャンカルロ・フィジケラがF1初優勝を飾ったレースでしたね。
#BrazilGP #f1jp

約10分後に再開との発表がありました!
日本時間3時2分からレースが再開されます!
#BrazilGP #f1jp

©Pirelli

©Pirelli

レースは残り42周、再開時のタイヤは再び全車ウェットタイヤに指定されました。
#BrazilGP #f1jp

ドライバーにとってはメンタル的にも大変なレースとなっています。
コース上は依然雨が落ちています。
#BrazilGP #f1jp

ここまでセーフティカースタートに加え2度の赤旗、タイトル争いは神経戦となっています。
ハミルトンは点差を縮めるためにフルポイントを貰えるレースの75%を走り切りたいところ。
天気も味方に付けないとタイトルへの道は険しいものになりそうです。
#BrazilGP #f1jp

三度目となるセーフティカー先導でレースが再開されます!
#BrazilGP #f1jp

レースは29周目、先ほどと同様セーフティカーは1周以上コースに留まるとの宣言がありました。
#BrazilGP #f1jp

レースはようやく30周目に入りました。
ドライバーの立場からすると視界はまだ悪そうですね。
しかし、コース上を走行しているので水量は少しづつ減る傾向にあるでしょう。
現地のファンは再開を待ち望んでいます。
#BrazilGP #f1jp

31周~45周:各ドライバー、へヴィウェットのなかでバトルを展開!

31周目、セーフティカーがこの周で退きます!
レースが再開されます。
#BrazilGP #f1jp

レースは残り40周。早くもハミルトンが後方を牽制しています!
#BrazilGP #f1jp

32周目、レースが再開されました!
#BrazilGP #f1jp

リスタートでフェルスタッペンがロズベルグを抜きました!
#BrazilGP #f1jp

さらにはリカルドもナッセを交わしています!
レッドブル勢はリスタート成功ですね。
#BrazilGP #f1jp

32周目、現在の順位は
1ハミルトン
2フェルスタッペン
3ロズベルグ
4ペレス
5リカルド
6サインツ
7ナッセ
8オコン
9アロンソ
10ウェーレイン
#BrazilGP #f1jp

リスタート後多くの順位変動が起こりました。
そのなかハミルトンはトップを死守しています。(34周目)
#BrazilGP #f1jp

34周目、序盤でスピンを喫したベッテルが10番手に浮上しました!
1コーナーでウェーレインを抜き、ポイント圏内へ復帰しています。
#BrazilGP #f1jp

フェルスタッペンのペースが速いですね!
最速タイムを刻んでハミルトンとの差を0.9秒まで縮めました。
#BrazilGP #f1jp

35周目、バトンがピットへ向かいました!
インターミディエイトに履き替え追い上げの姿勢を見せています。
#BrazilGP #f1jp

ハミルトンがファステストを塗り替え、フェルスタッペンを引き離します!
両者の差は一気に1.9秒まで広がりました。(36周目)
#BrazilGP #f1jp

また、アロンソもオコンを抜き8番手まで順位を上げました。
#BrazilGP #f1jp

3番手のロズベルグはフェルスタッペンを追いかけることができません。
ロズベルグはフェルスタッペンの3.6秒後方まで離されてしまいました。(38周目)
#BrazilGP #f1jp

ホームストレートでフェルスタッペンがスピン!
しかし、素晴らしいカウンターステアでコントロールを取り戻しました!
さらには2番手を守っています!
#BrazilGP #F1JP

ハミルトンとスピンを喫したフェルスタッペンの優勝争いは6.7秒まで広がりました。
#BrazilGP #F1JP

41周目、徐々にコース上の水量は減りタイムが上がってきました。
リカルドがピットへ!インターミディエイトへ履き替えコースに戻ります。
#BrazilGP #F1JP

42周目、6番手争いが熾烈になってきました。
ナッセを先頭にアロンソ、ベッテルの3台が争っています。
#BrazilGP #F1JP

アロンソの水煙に影響を受けてかベッテルはハンドル修正が多くなっています!
ベッテルはアロンソに仕掛けて7番手へ浮上しました!
#BrazilGP #F1JP

インターミディエイトに替えたリカルドが最速タイムを刻みました!
これを見てピットへ向かうチームもあるかもしれませんね。(44周目)
#BrazilGP #F1JP

44周目、リカルドの最速タイムを見てフェルスタッペンがピットへ。
インターミディエイトに履き替え、5番手でコースに戻りました。
#BrazilGP #F1JP

このフェルスタッペンのピットインはメルセデス勢の戦略に影響を与えるかもしれません。
天候が悪化すればロズベルグは順位を取り戻す可能性が出てきます。
#BrazilGP #F1JP

45周目、ベッテルがナッセを抜き6番手に浮上しました!
#BrazilGP #F1JP

46周~60周:マッサ、母国で悔しいクラッシュ!

©Pirelli

©Pirelli

レースは46周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ペレス
4サインツ
5フェルスタッペン
6ベッテル
7ナッセ
8アロンソ
9ヒュルケンベルグ
10リカルド
#BrazilGP #F1JP

トップのハミルトンとロズベルグの差は19秒まで広がっています!
ホームストレートでロズベルグがコントロールを失いましたが、なんとか壁との接触を避けました。
タイトルを争う二人にリタイアは許されない状況が続いています。
#BrazilGP #F1JP

今季初ポイントをかけて7番手を走行するナッセに再びアロンソが迫っています。
#BrazilGP #F1JP

ホームストレートでマッサがクラッシュ!!!
セーフティーカーです!
#BrazilGP #F1JP

母国ラストランとなったマッサはクラッシュでレースを終えました。
マッサは無事なのをアピールすると、スタンドに向かって感謝の一礼。
そんなマッサにスタンドからは拍手が送られています。(49周目)
#BrazilGP #F1JP

エリクソン同様にマッサのマシンはピット入口でストップしたため、ピットレーンはクローズとなっています。
#BrazilGP #F1JP

レースは50周目、現在の順位をおさらいしましょう。
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ペレス
4サインツ
5フェルスタッペン
6ベッテル
7ナッセ
8アロンソ
9ヒュルケンベルグ
10リカルド
ここまでが入賞圏内です。
#BrazilGP #F1JP

マッサのマシンの破片がコース上に散乱しています。
これを踏むとパンクの原因となるため各車その区間は慎重に走行しています。
#BrazilGP #F1JP

クラッシュを喫したマッサですが、ブラジル国旗を背負ってガレージに向かって歩いています。その目には涙を浮かべています。
#BrazilGP #F1JP

ガレージに戻るマッサにはメルセデスや古巣フェラーリのクルーも拍手を送っています。
レース中にも関わらずコースが拍手に包まれています。
ウィリアムズのガレージでもクルーに出迎えられ、最後の母国レースを終えました。
#BrazilGP #F1JP

ピットレーンがオープンになりました!
これを受けてリカルド、ウェーレインがピットへ向かいウェットタイヤに交換しました。(53周目)
#BrazilGP #F1JP

スタートから2時間40分。ようやく全体距離の75%を超えました。
ロズベルグはコンディションの悪さを訴えています。
#BrazilGP #F1JP

レースは54周目、フェルスタッペンはインターミディエイトをあきらめウェットタイヤに戻しました!
雨脚は強まっているようです。
#BrazilGP #F1JP

55周目、この周でセーフティカーが退き、レースが再開されます!
#BrazilGP #F1JP

レースが再開されました!(56周目)
#BrazilGP #F1JP

リスタート時にアロンソがスピン!
入賞圏内から最後尾に転落してしまいました。
#BrazilGP #F1JP

57周目、マシンから上がる水煙は一層増しているように見えますね。
レースは残り14周となっています。
#BrazilGP #F1JP

マッサはクラッシュでリタイアとなりましたが、同じブラジル人ナッセが健闘を見せています!
現在6番手を走行し、今季初入賞も見えてきました。(58周目)
#BrazilGP #F1JP

トップのハミルトンと2番手ロズベルグの差は4.3秒。
ペースにおいて今日はハミルトンが優位に立っていますね。
ロズベルグは2位を確保する走りに徹しているように見えます。
#BrazilGP #F1JP

60周目、ヒュルケンベルグがナッセを抜き6番手浮上!
さらにはフェルスタッペンがクビアトを捉え9番手に上がっています。
#BrazilGP #F1JP

61周~フィニッシュ:やはり強い!ハミルトン優勝!

©Pirelli

©Pirelli

9番手フェルスタッペンは今度は前のオコンに仕掛けていきます!
オコンもF1初入賞をかけてここまで素晴らしい走りを見せています。
果たして抑えきることができるでしょうか?
#BrazilGP #F1JP

62周目、フェルスタッペンは曲がりくねったセクター2であっさりとオコンを交わしました!
#BrazilGP #F1JP

レースは62周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ペレス
4サインツ
5ベッテル
6ヒュルケンベルグ
7フェルスタッペン
8ナッセ
9オコン
10リカルド
#BrazilGP #F1JP

63周目、リカルドがオコンを抜き9番手に上がりました!
リカルドは次に8番手のナッセを狙います。
#BrazilGP #F1JP

レースは残り7周となりました。
リカルドがナッセを抜き8番手に上がりました。
#BrazilGP #F1JP

先ほどグティエレスがリタイアを喫し6台目のリタイアとなりました。
#BrazilGP #F1JP

今度は4番手争いが接近してきました。
サインツとベッテルが争っている間に後方からフェルスタッペンが迫ってきました!
#BrazilGP #F1JP

レースは残り5周、フェルスタッペンはベッテルに果敢に仕掛けていきます!
ベッテルはやや押し出される形でコースオフ!
フェルスタッペンが5番手に浮上しています。
#BrazilGP #F1JP

フェルスタッペンはさらにサインツを交わし4番手へ!
残りは4周、今度は表彰台をかけて3位のペレスを追い上げます。
#BrazilGP #F1JP

さきほどのラップはフェルスタッペンがペレスより2秒以上速いタイムを刻みました。
早くもペレスの背後に迫っています。
#BrazilGP #F1JP

レースは残り3周、ホームストレートではペレスが順位を守りました!
しかしセクター2の低速区間で見事に攻略!見事なリカバリーで3位を取り戻しました。
#BrazilGP #F1JP

そしてベッテルはサインツを抜き5番手へ浮上しています。(70周目)
#BrazilGP #F1JP

ハミルトンがブラジル初制覇に向けてファイナルラップに入りました!
#BrazilGP #F1JP

アロンソがオコンを抜き10番手に上がりました!
そしてハミルトンが最終コーナーを立ち上がってきました!
#BrazilGP #F1JP

長かったレースも今チェッカー!ハミルトンが見事ブラジルGPを初制覇しました!
ハミルトンは3連勝でタイトルの望みを最終戦アブダビへ持ち越しました。
ロズベルグは2番手でタイトル決定なりませんでした。
#BrazilGP #F1JP

3位は終盤見事なリカバリーを見せたフェルスタッペン。
他のドライバーより多くのピット作業を行いましたが、終盤の追い上げが表彰台を呼び込みました。
#BrazilGP #F1JP

F1ブラジルGP、決勝結果です。(暫定)
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ペレス
5ベッテル
6サインツ
7ヒュルケンベルグ
8リカルド
9ナッセ
10アロンソ
ここまでが入賞圏内です。
#BrazilGP #F1JP

以下は
11ボッタス
12オコン
13クビアト
14マグヌッセン
15ウェーレイン
16バトン
リタイアはグティエレス、マッサ、パーマー、ライコネン、エリクソン、グロージャンという結果に終わりました。
#BrazilGP #F1JP

まとめ

今日は非常に長いレースになりましたね!
3時間を超えるレースは日本のF1ファンの皆さんには少し大変だったかもしれませんね!?
しかし再開後は雨の中F1ドライバーが激しいを見せてくれて満足できたのではないでしょうか?
#BrazilGP #F1JP

今回タイトル決定は持ち越しとなりましたので、最終戦アブダビでハミルトンとロズベルグの戦いは必見です!
今年のF1王者は本当に最後まで読めない展開になりましたね。
#BrazilGP #F1JP

それにしても長いレースでしたね!F1ファンのみなさん、お疲れ様でした。
今日はこの辺で失礼します。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!
#BrazilGP #F1JP

Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com