Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

先週末もまさかの連続!?4月22・23日のレースを一挙振り返り!

先週末も内容盛りだくさんだった国内外のモータースポーツ。MotoGPにインディ、国内ではスーパーフォーミュラにJSB1000が開幕しました。どのレースも「まさか!」という展開が続出。果たしてどうなったのか?一挙振り返っていきます。

©︎MotoGP

MotoGPはマルケスが今季初優勝!ビニャーレスはまさかの転倒

©︎MotoGP

MotoGPはアメリカ・オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで第3戦が行われました。

序盤2戦はヤマハへ新加入したマーベリック・ビニャーレスが勝利していましたが、ここアメリカでは昨年のチャンピオンが意地を見せます。

予選ではマルク・マルケス(ホンダ)が、ビニャーレスを0.130秒引き離しポールポジションを獲得。決勝も、ここオースティンを得意とするだけ、有利に進めていきます。

一方のビニャーレスはスタートで出遅れ、2周目に転倒。今季初の失敗&リタイアを喫してしまいました。

その後、一時はチームメイトのダニ・ペドロサにトップを譲ったマルケスでしたがレース中盤、再びトップに浮上。そのまま今季初のトップチェッカーを受けました。

2位にはバレンティーノ・ロッシ、3位にはペドロサが続き、ホンダが今季初めて2台揃っての表彰台を獲得。前年チャンピオンが“このままビニャーレスは逃がさん!”と言わんばかりのレースを披露しました。

 

インディは、最後の最後でまさか…。ニューガーデンが優勝!

©︎INDY CAR

インディ第3戦の舞台は、今季初のロードコース。アラバマ州のバーバーが舞台となりました。

決勝では途中から雨がパラつく難しいコンディションでしたが、ポールポジションを獲得したウィル・パワー(ペンスキー)がレースを有利に進めて行くも…

終盤に、まさかのタイヤトラブルに見舞われ、やむなくピットインを敢行。これで、今季からチームメイトになったジョセフ・ニューガーデンがトップに浮上。そのままチェッカーを受けました。

今季活躍が期待されているニューガーデン。名門ペンスキーに移籍して3戦目での勝利となりました。

なお、佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)は苦しいレース展開になりながら、最後まで走りきり9位ポイント獲得を果たしています。

 

スーパーフォーミュラは、中嶋一貴が1年半ぶりの優勝!注目のガスリーは…

©︎Tomohiro Yoshita

国内では、待ちに待ったスーパーフォーミュラが開幕!予選では2014年以来にコースレコードが塗り替えられ、国内トップフォーミュラでは初めて1分35秒台が記録されました。

レースはポールポジションを獲得した中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がそのまま逃げ切り、優勝。2位に山本尚貴(TEAM無限)、3位に国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が続き、チャンピオン経験者がトップ5を占める結果になりました。

注目のピエール・ガスリーはテストとは違うコンディションと、細かなトラブルに苦戦。予選では8番手、決勝もペースを上げられず10位という結果になりました。

 

JSB1000は、絶対王者の中須賀克行がまさかの転倒!高橋巧が優勝

©ChikaSakikawa

鈴鹿サーキットでは、JSB1000も開幕戦を迎えました。

今年も予選から中須賀克行(ヤマハ)が他を圧倒。決勝スタートではやや出遅れていましたが、トップ返り咲きは間違い無いだろうと思われていました。

ところが、スタート直後に入ったセーフティカーラン中に、ハイサイドを起こし転倒。優勝争いから脱落という事態に見舞われます。

王者不在の中で進んでいった200kmの耐久レース。トップに立ったのは高橋巧(ホンダ)でした。

セーフティカー明けでトップに浮上すると、そのまま後続を圧倒。新型CBR1000-RRのデビュー戦で、見事勝利を飾りました。2位には津田拓也(スズキ)、3位には藤田拓哉(ヤマハ)が入りました。

 

まとめ

©Tomohiro Yoshita

先週はとにかく「まさか」が多かった国内外のモータースポーツ。今週末もF1やWRCなど注目レースが盛りだくさんですが、果たしてどのような結果になるのか?目が離せません!

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com