Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYItem

動画で学ぶロータリー!世界中の変な?過激な?ロータリーエンジンをご紹介します。

今もなおファンが多いロータリーエンジン。レシプロエンジンでは感じることのできない、エンジンフィールやエギゾーストノートはロータリーの専売特許のようなものです。目が覚めるようなロータリーサウンドを聴いてみませんか??

ロータリーエンジンおにぎり

今回は、ロータリーエンジンのサウンド特集です。

2ローターから12ローターまでご堪能下さい。

3分で分るロータリーエンジンの仕組み

とても分かりやすいですね。

2ローターで構成されるロータリーエンジンの動きを解説した動画。

実際のエンジン構成から、目には実際に見えることはないエンジン始動中の動きまで見事に再現されています。

 

「悪魔の爪あと」開発秘話も見ておきましょう

皆さん、一度は見たことがあるはず。
プロジェクトXのロータリーエンジン開発秘話。

エンジンオイルが漏れ、燃えて白煙が上がる「カチカチ山のたぬき」
低速回転時の激しい振動、「電気あんま」
エンジン内部の摩擦によりエンジン内壁を傷つけるエンジン停止を引き起こす、「悪魔の爪あと」

等のワードを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

2ローターNA(13B-MSP 1,308cc)

RX-8に搭載されている13B-MSPエンジンです。

NA特有の甲高い音質はロータリーエンジンの良さを更に引き出してます。

 

2ローターターボ(13B-REW 1,308cc)

FD3S型RX-7に搭載されている13B-REWエンジンです。

「ロータリーロケット」と揶揄されるターボエンジンは、今もチューニング業界では人気のあるエンジンです。

ペリフェラルポート加工等のポート加工を施すことにより独特なサウンドになることは皆さんご存知かと思います。

 

3ローターNA(20B 1,962cc)

車体はRX-7ですが、3ローターNAが搭載されています。

2ローターとはまた違ったサウンドですね。

 

3ローターターボ(20B 1,962cc)

こちらはRX-8に3ローターターボエンジンです。

オーストラリアの有名ドリフター マッドマイク選手が使用していた車両です。

 

4ローターNA(R26B 2,616cc)

言わずと知れた787Bです。

F1サウンドにも似たパリパリのロータリーサウンドは、とても官能的ですね。

 

4ローターターボ(R26B 2,616cc)

こちらもマッドマイク選手が乗るMX-5(ロードスター)です。

本来は直列4気筒2リッターエンジンを搭載しているMX-5ですが、エンジンスワップで4ローターエンジンを搭載しているトンデモマシンに仕上がっています。

最高出力1500馬力というとんでもないパワーを発揮します。

ドリフト特有のアクセルワークで味わうロータリーサウンドも良いですよね。

 

6ローターNA(39B?? 3,924cc)

こちらはマツダ ルーチェにまさかの6ローターエンジンを搭載した模様。

ロータリーエンジン自体は積み木のように数を増やせますが、ローターの動力を伝えるためのエキセントリックシャフト(レシプロエンジンで言うところのクランクシャフト)が6ローター分の長さがあるので、そちらも拝んでみたいです。

 

12ローター(R12 7,848cc)

ここまで来ると意味が分からない12ローターエンジンです。

直列ではなく、4ローターを3つに並列させたエンジンとなっています。

まだまだ、エンジンベンチ上で実験段階のようですが、実際に車体に積まれて走るシーンが待ち遠しいですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

他のエンジンと似つかないロータリーエンジン特有のサウンドは、官能的で堪らないですね。

787Bのエンジンサウンドは、一度でもいいので生で聴いてみたいです。

次期RX-7に搭載されるという噂のロータリーエンジン 16Xはどんな音になるのでしょうか、今から待ち遠しいですね。

 

あわせて読みたい

ついに20周年!日本の名作レースゲーム「グランツーリスモ」進化の歴史を振り返る!

F1マシンはこうして作られる!なかなか見られない製作過程を紹介

スーパーGT2016総集編!ワークスvsプライベーター!名勝負・名シーン5選(GT300編)

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com