Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Item

タイヤの空気圧をモニタリングして安全に貢献!TPMSってどんなパーツ!?

タイヤの空気圧をモニタリングするパーツの、TPMS(Tire Pressure Monitoring System)。実はアメリカでは装着が完全義務化されています。日本でも制度化が進められている中、TPMSの今後の展開を知りたいと思い「TPチェッカー」のブランドでアフターマーケットではおなじみの株式会社オレンジ・ジャパンさんに伺いました。

 

©️Motorz

 

 

株式会社オレンジ・ジャパンについて

 

©️Motorz

 

株式会社オレンジ・ジャパンはTPMSTire Pressure Monitoring System)と呼ばれるタイヤの空気圧や温度をモニタリングし、車内に表示するシステムを開発・販売するメーカーです。

2011年の創業から「TPチェッカー」というブランドでTPMSを日本国内に展開してきました。

タイヤの内圧や温度の異常を即時に感知し、ドライバーに知らせてくれるTPMSは、突然のタイヤトラブルによる事故を防止し、安全性を高めるパーツです。

今回Motorz編集部は、そんなTPMSの内示会が行われるというオレンジ・ジャパンさんに話を伺いに行きました。

 

ソフト99グループの株式会社オレンジ・ジャパンさん。内示会は「ソフト99 スプリングフェア2018」としてグループ全体の新製品のお披露目ということもあり、大勢の関係者が訪れていました。 / ©Motorz

 

内示会で見つけた注目の最新TPMS及び関連商品

TPMS HT430 BLE

 

©️Motorz

 

今回お披露目となった2018年の新作となる「TPMS HT430 BLE」は、トラック・バス用のTPMSです。

現在も販売している「TPMS HT430」の発展型で、TPMS純正装着車に採用されることが多い点灯式のボタン表示器が付属しています。

そして、「TPMS HT430」に付属していたモニターを無くすことでコストダウンを実現し、より安価での販売を可能に!

受信機側にBluetoothを搭載しており、専用アプリをインストールしたAndroid端末へ接続することで2輪~最大30輪までのタイヤ内空気圧とタイヤ内温度の確認ができます。

今回お話を伺ったオレンジ・ジャパンの塗谷さんによると、将来的にAndroid端末のGPSを利用したアプリケーションサービス開発も可能となります。

今後の進化にも目が離せない1台です。

 

OPSSⅡ

 

©️Motorz

 

「ソフト99 スプリングフェア2018」に参考出品された「OPSS」は、純正TPMSシステム対応の補修用センサープログラムツールです。

純正TPMSシステムではホイールに装着された各センサーにIDが振られているため、補修等でセンサーを交換する際には車両側の受信機に登録されたIDの再設定データをECUに書き込む、OBDツール等を使用する必要があります。

しかし「OPSS」では、それまで装着していた純正センサーのIDを読み取り、新品のセンサーに読み取った純正のIDをそのままプログラムするので、OBDツールなどを使用せず、また受信機側の設定を変えずにTPMSの交換ができるという製品。

これにより、今までは純正TPMSシステム搭載車は受信機設定を変えるためにディーラーに行く以外の手段はありませんでしたが、「OPSS」の登場でタイヤショップやカー用品販売店でもTPMSの交換が出来るようになるそうです。

販売は近いうちに、とのことなので、また決定次第お知らせしたいと思います。

 

OTO センサーポジション自動認識機能

 

©️Motorz

 

これまでのTPMSシステム搭載車は、タイヤローテーション作業の際に、車両側(受信機)での再設定が必要でしたが、今回参考出品された「OTOOrange Tire Orientation)」はセンサーの左右の回転方向を識別し、タイヤの左右位置を認識します。

そして、20分以上運行すると前輪と後輪のタイヤ内の温度の差異を確認し、前輪か後輪かを判断するシステムです。

この機能によって、タイヤローテーションの際の再設定の必要がなくなり、交換作業がスムーズになる事間違いなし!

販売が待ち遠しいツールです。

 

企業情報

株式会社オレンジ・ジャパン

〒135-0062 東京都江東区東雲2-11-12 ソフト99ビル5F

TEL:03-6891-1566

FAX:03-6891-1560

HP:http://www.ojtpms.co.jp/

 

まとめ

 

今回お話を伺った株式会社オレンジ・ジャパンの塗谷さん ©️Motorz

 

日本でも制度化が進むTPMS。

ランフラットタイヤの普及と共に販売数を伸ばして来ましたが、車両との設定の複雑さが壁となり、取り付け作業のできるショップが限られていました。

しかしオレンジ・ジャパンはTPMSの連携の複雑さを自社の技術で乗り越え、TPMSの普及を進めることで自動車の安全、物流の安全運行に貢献する事に尽力しています。

タイヤの異常には日々の点検が大切ですが、運転中の突然のタイヤトラブルに対応するためにもTPMSの装着は重要!

2018年は進化し続けるTPMS、そしてオレンジ・ジャパンに注目です。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
河野貴大

中学時代はゲームセンターのレースゲームに熱中。そんな中、テレビで偶然見たJGTCで自動車レースの楽しさを知る。 その後、レース好きが高じて自動車用品の販売会社へ。 不思議なご縁で現在に至ります。愛車はMR2(SW20)

車買取.com