1997年にセンターロックホイールのブランド『インタースピード』を世に送り出したASSO INTERNATIONAL(アッソインターナショナル)は、イタリア車のカスタムパーツブランドとして広く知られており、FIATやABARTH、AlfaRomeo向けのパーツを多く取り扱っています。今回はそんなアッソインターナショナルのイベント取材に行ってきました!

 

©️Motorz

 

 

ASSO INTERNATIONAL(アッソインターナショナル)とは

 

©️Motorz

 

ASSO INTERNATIONAL(アッソインターナショナル)は1997年に創業した、フィアットやアバルト、アルファロメオなどイタリア車を中心としたアフターパーツを展開しているメーカーになります。

東大阪のハヤシレーシングと共同で開発した、世界初の市販車向けセンターロックシステムを搭載したアルミホイールブランド『インタースピード』を皮切りに、強みとしているのは車種専用設計のホイールです。

1車種専用に設計することからハブリングを考慮することなく高精度かつ高品質なホイールができる事が特徴で、フィアットやアルファロメオから新型車が発売されると必ずアッソインターナショナルからもその車種専用ホイールを発売。

また、センターロックホイールブランドとして立ち上がった『インタースピード』を15年ぶりに完全なるMade in Japanによる高性能鍛造ホイールブランドとして復活するために、BBSジャパンに製造依頼を行い、セブンパフォーマンス社との3社連携で生まれたオリジナルホイールブランドとなりました。

ちなみに「ASSO」とはイタリア語でエースや一番という意味です。

ハヤシレーシングと開発・製造を行なったセンターロックホイールH961R  / ©️Motorz

 

ASSO Driving Pleasure Giorno Della Famiglia

 

パレードランの様子 / ©️Motorz

 

そんな歴史あるアッソインターナショナルが2018年3月18日、静岡県にある富士スピードウェイで『ASSO Driving Pleasure Giorno Della Famiglia(ジョルノ・デッラ・ファミリア:家族の日)』を開催。

当日はIDI SUPER SPORTS DAYが行われており、その中のコンテンツのひとつとしてアッソインターナショナル初の主催イベントを開催し、大賑わいとなりました!

こちらは大規模なオフ会的なイベントで、『サーキットは走るためだけの場所ではなく、クルマ好きが集まる場所』という謳い文句で、イタリア車を中心に欧州車や国産車など、合わせて100台以上のユーザーが集結し、成功をおさめました。

 

参加者全員で集合写真 / ©️Motorz

 

イベントに集まったショップ・メーカーをご紹介

 

ASSO Driving Pleasure Giorno Della Famigliaに集まったのはエンドユーザーだけではなく、アッソインターナショナルの商品を扱ったりイタリア車向けのパーツを扱っているショップやメーカーも参加。

その中の一部をご紹介します!

 

PAZZO Auto Mobiles

 

PAZZOデモカーのアルファロメオ147GTA  / ©️Motorz

 

アディダスモータースポーツのレーシングシューズ  / ©️Motorz

 

埼玉県桶川市にある、イタリア車をメインとした輸入車専門店PAZZO Auto Mobiles。

今回のイベントでは、PAZZOでも取り扱っているレーシングギアブランド『adidas motorsport』のレーシングシューズやレーシンググローブの展示と、アルファロメオチャレンジにも参戦している同ショップのデモカー 147GTAを展示するなど、注目を集めていました。

 

FIAT CAFFE 松濤

 

FIAT CAFFE松濤のFIAT500 / ©️Motorz

 

©️Motorz

 

東京都渋谷区にあるフィアットディーラーのFIAT松濤が運営する『FIAT CAFFE 松濤』は、ディーラーの隣にカフェが併設されており、愛車の点検や車を見にきた人はもちろん、クルマに関係なくカフェだけの利用もできるので、ご近所の方たちが集まる憩いの場となっています。

アッソインターナショナルの製品もFIAT松濤で取り扱っているので、気になる方は是非足を運んでみてくださいね。

 

BBS JAPAN

 

限定色の鍛造2ピースホイールLM  / ©️Motorz

 

鍛造ホイールのみを作り続ける孤高のホイールメーカーBBSジャパン。

その品質は世界中で評価されており、イベント当日は新作のRE-Xをはじめ、伝統ホイールLMの限定色を展示していました。

 

BREX

 

BREXのデモカーBMW 2シリーズ / ©️Motorz

 

東京都世田谷区に本社を構え、高品質なLED製品をラインナップしているBREX。

今回のイベントでは、話題の『LAYERED SOUND』を搭載したBMW 2シリーズを展示していました。

レイヤードサウンドとは従来のスピーカーによるサウンド(C波)に、ピラーにサウンドドライバを埋め込むことでピラー部分から適切にD波を発生させ、音場感と臨場感を実現するサウンドシステムです。

視聴した人々は、他では感じた事のないレベルでの臨場感に驚き表情を見せていました。

 

N’s STAGE 宇都宮

 

ABARTH500 AsettoCorse  / ©️Motorz

 

内装はレーシングカーそのもの  / ©️Motorz

 

栃木県宇都宮市に店舗を構えるエヌズステージ宇都宮。

同ショップが展示用に持ち込んだのは、イタリア本国でワンメイクレース用として使用されるABARTH500 AsettoCorseで、元々レーシングカーだったものを日本の公道でも走れるように必要なカスタムを施したものです。

驚きなのがその価格、なんと498万円という安さ!気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

オススメの商品はコレ!

 

イベントで展示車両にも装着されていたアッソインターナショナルのオリジナルホイールをご紹介します!

 

Partire CLASSICA

 

FIAT500に装着されているPartire CLASSICA  / ©️Motorz

 

FIAT松濤のデモカーFIAT500に装着されているのが、Partire CLASSICA(パルティーレ クラシカ)です。

もちろんフィアット500専用設計のホイールで、趣のあるデザインがチンクエチェントらしさをより一層引き立てます。

 

INTERSPEED IS701

 

ABARTH595に装着されているINTERSPEED IS701  / ©️Motorz

 

アッソインターナショナルとセブンパフォーマンス、BBSジャパンの3社で実現したオリジナルホイールです。

IS701はFIAT500やABARTH500などPCD98の4穴サイズにピッタリの専用設計となっており、BBSジャパンが製造している鍛造1ピースホイール!

ちなみにABARTH124スパイダー用はIS702となり、マツダND型ロードスターにも装着可能です。

 

企業情報

 

共同経営者である時本大地さん(左)と時本大空さん(右)  / ©️Motorz

 

ASSO INTERNATIONAL/アッソインターナショナル

所在地:東京都文京区本郷5-3-2 長谷川ビル201

電話:03-3868-3521

FAX:03-3868-3565

E-Mail:info@asso.co.jp

公式Webページ:http://www.asso.co.jp/

 

まとめ

 

©️Motorz

 

今回はイタリア車系のアフターパーツメーカーとして知る人ぞ知る、ASSO INTERNATIONALをご紹介しました。

イタリア車に乗っている人にも、これからイタリア車の購入を検討している人にも、カスタムやチューニングパーツを多く取り揃えるアッソインターナショナルは心強い存在です。

今回開催された『ASSO Driving Pleasure Giorno Della Famiglia』は、次回も開催する予定とのことなので、気になる方は是非チェックしてくださいね!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!