Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Race, Racerz

ついに最終回!イタリアGTと平行した2つの挑戦とは?連載企画、レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!第6回「-海外での活動を日本に届けるためのトライ-」

皆さんこんにちは、根本悠生です。Motorzさんでの連載企画「根本悠生の新たな挑戦!10代最後の夏に、憧れのあの車に乗る!」。第6回目の今回は、ついに最終回!DJI JAPAN様とのコラボ動画の裏側と、内容盛りだくさんでお送りしたこの連載を振り返ります!

Photo by Photo 4

Photo by Photo 4

DJI JAPAN様とのコラボのきっかけ

DJI JAPAN様×根本悠生

レーシングドライバー根本悠生として、国内外でのレース参戦の様子をより皆さんに分かりやすい形でお送りしたいなという思いが昔から僕の中にありまして、この”Motorz“での連載もそういった考えからやらせて頂いています。

今回は特にあまり他の日本人が参戦していないシリーズだったということで画像やテキストだけでなく「動画」でお伝えしたいなと、チームから参戦を打診された時から考えていました。

“動画を撮る”と簡単に言っても、実際にYouTubeに公開するまでの道のりは本当に長かったです。

ドキュメンタリーを自撮りするわけにはいかないですし、

高価なプロ機材は使えないですし、

プロのカメラマンに海外での撮影をお願いしたらめちゃめちゃ高いですし、

でもクオリティはある程度求めていきたいし。

そんな特殊なシチュエーションでも素晴らしい映像が撮影できるカメラがあるだろうか?と悩みましたが、そんな悩みを一瞬で吹き飛ばしたのがDJI OSMOでした。

そこから企画を練り、アポイントを頂けたことで下記の訪問が実現したのです。まだお読みでない方は是非一度ご覧下さい。

 

誰でも手軽に撮影できて、絶対に手ぶれしないカメラとは?連載企画!レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!第1回「-DJI JAPAN訪問編-」

 

ごく普通のレーシングドライバーがDJI JAPAN様とのコラボを実現させることができたのはMotorz運営チームをはじめ多くの皆様にご尽力頂くことができたからです。

本当にありがとうございました!

 

OSMOがドキュメンタリー撮影に最適すぎた!現地撮影から見えたその理由。

DJI OSMO

既にYouTubeにアップされている「根本悠生イタリアGT参戦記」はもうご視聴頂けましたでしょうか?

先程も書きましたが、イタリアへプロのカメラマンに同行して頂くと莫大な費用がかかってしまうため、今回は根本の友人に同行して頂きました。

彼も撮影のプロではなく、趣味でたまにカメラを嗜む程度。

そんな”普通の人”でもスムーズでクオリティの高い映像を撮影できているのがお分かり頂けるかと思いますので、是非ご覧下さい。

動画のクオリティを上げる為には”動画向け一眼レフ”を使うことが多いのですが、それでも手ブレが酷くなってしまうことがほとんど。

このOSMOは”一眼レフに匹敵する画質”と”映画レベルのスムーズな動き”を両立したカメラ。

ということで例えば

自撮りしながら歩いてみたりとか。

他の人に撮影してもらいながらのドキュメンタリー撮影とか。

“動きのある被写体の撮影”にドンピシャなカメラでした。

手軽にパッといい動画が撮れるということで現地でもOSMOに助けられたシチュエーションがたくさんありました。

もっと詳しくDJI OSMOの機能が知りたいよ!という方は海外の「iPhonedo」という名前で活動しているガジェットレビュアーさんの動画がオススメですので是非チェックしてみて下さい。

僕も購入させて頂いたOSMOの最新機種「osmo mobile」のレビューをご紹介します。

この連載、DJI OSMOのアピールが多すぎる気がすると思ったアナタ、本当にこれだけオススメできるぐらい、良いんです!

 

連載企画に挑戦してみて

Mugello High Resolution (40)

ではここからはMotorzでの連載企画の裏側を少しだけ皆様にご紹介したいと思います。

今年根本悠生はMotorzで2つの連載を執筆させていただいています。

 

現役レーシングドライバーが贈る、各サーキットでレース観戦する上で抑えておきたいポイントまとめ

【イタリアGT参戦記】レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!

 

今回の連載は自分にとってはかなり難しいものでした。

日本から遠く離れたイタリアのレース参戦の様子をより分かりやすぐ皆様にお伝えするにはどうしたらいいのかと執筆中もずっと悩んでいまして。

執筆自体はパソコン一台、むしろスマートフォンがあればできることなのですが、一人だと行き詰まってしまうことが多くありました。

そんな時はMotorzの事務所にお伺いして、色々相談をさせていただきました。

悩んだ時も丁寧に教えてくださったり、一緒になって方向性を見出して下さったりと親身になって手助けして下さったことでまた一つスキルアップできたかなと思います。

これからも記事を通して、動画を通して皆様に根本悠生の活動をお伝えできればと思います。

ちなみにMotorzは今ライターを募集していますので、興味のある方は是非こちらの記事を読んでみてください!

【素人からプロまで!】Motorzで記事を書いてみませんか?クルマ・バイクの面白さをもっと伝えたいアナタを、次世代のジャーナリストに!

まとめ

この第6回をもちまして、イタリアGT参戦記であったこの連載「レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!」を完結とさせて頂きます。

初めてのヨーロッパでの箱車レースの様子を全9本で(連載外含む)お送りさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

イタリアでの挑戦で、レーシングドライバーとしてまた一つ成長することができたと思います。

ですが、これに自惚れることなくFIA-F4の最終戦、そして来年以降も頑張っていきたいと思っています。

改めて、レーシングドライバー根本悠生と、Motorzをよろしくお願いします!

 

レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!バックナンバー

 

【新連載】レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!10代最後の夏に、憧れのあの車に乗る! -予告編-

誰でも手軽に撮影できて、絶対に手ぶれしないカメラとは?第1回「-DJI JAPAN訪問編-」

プロも御用達、シミュレータの有効な活用法とは?第2回「-事前準備編-」

レーシングカーの秘密を大公開!第3回「-ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオとは?-」

イタリアGTと日本のレースの違いとは?第4回「-海外で感じたレース文化の差-」

イタリアGT連戦連勝!その裏側とは?第5回「-イタリアGT参戦記動画集-」

Writer Introduction
yuki_nemoto

レーシングドライバーの根本悠生です。 2016年はF4 JAPANESE CHAMPIONSHIP CERTIFIED BY FIAにKCMGより"東京トヨペット GUNZE KCMG"として参戦。"身近なレーサー"をモットーにモータースポーツを盛り上げるべく活動しています。http://yukinemoto.com/

車買取.com