旧車やヴィンテージカーと呼ばれる車両の純正パーツ不足が嘆かれている昨今、ブレーキパーツブランド『DIXCEL(ディクセル)』では様々な取り組みを行っています。例えば『ブレーキパッドの特注張替え』や『ヴィンテージカー アンケート』と言った、ユーザーニーズに応えること。また、入手困難なブレーキパーツについての特別な対応策も実施しています。そんな、気になるディクセルのサービスを詳しくご紹介します!

 

©️Motorz

 

DIXCEL(ディクセル)とは

 

©️DIXCEL

 

大阪府摂津市に本社を構え、一般車およびチューニングカー、レーシングカー用のブレーキパーツの製造/販売を行なっているブランドDIXCEL(ディクセル)。

DIXCELブランドは『優れた(Excellent)』と『減速力(Deceleration)』という2つの言葉から名づけられ、ブレーキパーツ専門メーカーとして企画・開発から製造・販売まで担います。

モータースポーツの現場ではSUPER GTのGT300クラスやスーパー耐久などツーリングカーレースを中心にテクニカルサポートや、技術供与および製品支給を積極的に行っっており、国内レース業界でも知名度の高いブレーキブランドの一つです。

 

©️DIXCEL

 

2018年からはFIA F3アジアチャンピオンシップのオフィシャルブレーキとしてフォーミュラカー用のブレーキに採用されたり、ブランパンGTアジアシリーズのオフィシャルブレーキパートナーに就任するなど、活躍の場を国内に限らずアジアへ広げての製品開発を行っています。

また、近年ではディクセルならではの強みを活かし、旧車向けのブレーキパッドとディスクローターに関するサービスを豊富に展開。

純正部品の入手が困難になった車種のオーナーにとって、役立つサービスや製品ラインナップの拡充を行っています。

 

ブレーキパッドは『張り替え』可能

 

©️DIXCEL

 

純正同等品、ストリート用、レーシングブレーキパッドなど、様々なシーンに対応するブレーキパッドのラインナップを取り揃えるディクセル。

そのブレーキパッドの対応車種数は、1,400品目にものぼります。

また、現行車種や多少古い車種であれば新品でのブレーキパッド購入が可能ですが、さらに年式が古くなっていくとノーマル(純正)ブレーキパッドの設定が廃盤になってしまっているクルマも存在。

そんな車種に対応すべくディクセルが行なっているサービスが、『ブレーキパッドの特注張替え』です。

 

ストリート向けブレーキパッドM / ©️DIXCEL ※画像は新品状態のブレーキパッド

 

年月を追うごとにノーマル(純正)パーツだけでなく、アフターパーツでの交換部品の確保も難しくなっている昨今。

ブレーキパッドに関しては補修交換部品が入手できず、止むを得ずキャリパーごと他の車種用のものに取り替えるという手法が取られています。

ずっとオリジナルの状態で乗っていたい、良い状態で維持したいというオーナーの想いとは別に、純正状態を保つことは非常に困難。

しかし社外のキャリパーに交換してしまうと、かつて感じていたブレーキフィーリングが得られません。

そんなブレーキパッドは構造上、バックプレートの上にブレーキ摩材が貼り付けられています。

そのためDIXCELでは、純正の新品ブレーキパッドが廃盤になってしまった旧車などのブレーキパッドに新しい摩材を張り替えるサービスを実施。

オリジナルのブレーキ構造を活かした車両維持を可能にしました。

DIXCEL公式Webページで詳細情報を見る

 

ブレーキローターの豊富なラインナップ

 

PD©️DIXCEL

 

ディクセルブレーキパーツの最大の特徴としてあげられるのが、ブレーキディスクローターの豊富なラインナップで、現行車はもちろん過去に販売されていた車種への適合拡充や商品開発を積極的に行っています。

特にブレーキディスクローターの対応車種数は2,200品目を超え、さらに対応車種数を増やし続けているのです。

また、近年は旧車のラインナップ追加を積極的に行っており、純正部品が手に入りにくかったり既に廃盤になってしまった車種もある中、重要保安部品であるブレーキディスクローターのラインナップの拡充に注力。

前述のようにブレーキパッドを張り替えることは可能なのですが、ブレーキディスクローターを張り替えることはできないため、ブレーキローターのラインナップも豊富に取り揃えます。

そのため他メーカーでは無かったブレーキローターが、ディクセルのブレーキラインナップにはあることもしばしば。

 

SD©️DIXCEL

 

純正同等のプレーンディスクローター(PD)や、PDをベースにブレーキローターにスリットを入れてよりハイパフォーマンスかつ過酷なレースシーンなどに対応したたSD、カーボン含有量を増やしたFPや、FPにスリットを入れたFSなど同じ形状のローターに対してローター材質を変更したものなど、ユーザーニーズに合ったラインナップを細かく揃えています。

また、1ピースブレーキローターだけでなく、2ピースローターについてもアッセンブリーでの販売から、ベルハウジングとアウターローター別での販売まで行っており、R35GT-Rやランサーエボリューションなど、純正で2ピースローターが採用されている車種にも対応しているので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

ヴィンテージカーアンケートをご存知ですか?

 

©️Motorz

 

前述の通り、ブレーキパッドにおいてもブレーキディスクローターにおいても豊富なラインナップを取り揃えているディクセルですが、もしも乗ってるヴィンテージカーのラインナップが無かった場合、どうすれば良いのでしょうか?

ブレーキパッドについては特注張替えがありますが、ブレーキディスクローターは残念ながら替えはありません。

そこでディクセルでは対応車種を補うべく、『ヴィンテージカー アンケート』を実施。

ユーザーからの声を常にチェックして、要望に答えられるよう日々開発に取り組んでいます。

そして実際にアンケートから製品化された車種の一例としては、スバル アルシオーネ用前後ブレーキローターやマツダ RX-7(SA22C)用前後ブレーキローター、さらにはトヨタ2000GT用フロントブレーキローターなど。

ディクセルでは、ブレーキ関連パーツの廃盤問題に対し、ユーザーの皆さんに提案できる最良策としてアンケートを実施しているのです。

もし、この車種も追加して欲しいという希望がある方は、是非アンケートに答えてみてくださいね。

ヴィンテージカーアンケートページを見る

 

まとめ

ブレーキパーツブランドとして豊富なラインナップを取り揃えるDIXCEL(ディクセル)。

近年は旧車熱が再燃してきたこともあり、純正パーツ不足が問題視されてきました。

しかしディクセルでは70年代の旧車・ヴィンテージカーにも対応すべく、様々な車種のブレーキパーツを取り揃えています。

特に純正形状の1ピースローターやブレーキパッドのラインナップは業界随一で、ブレーキパーツに困った時は、ディクセルなら解決できることも多々。

特に旧車関係のブレーキでお困りの方は、是非一度ディクセルのブレーキパーツをチェックして見てくださいね!

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!