Motorzでハチロクレストア企画を進行中のレーシングドライバー、根本悠生選手。昨シーズンはランボルギーニのスーパートロフェオ・ヨーロッパシリーズなど海外を拠点に活動していた根本選手ですが、今シーズンは全日本F3選手権に参戦中。同選手権が行われた富士スピードウェイで、根本選手に今シーズンの意気込みなどを聞いてきました!

 

©️Motorz

 

 

最近の根本悠生選手

 

©︎Motorz

 

2017年はLamborghiniのファクトリードライバーとして、ウラカンのワンメイクレースSuper Trofeoのヨーロッパシリーズに参戦していた根本悠生(ネモトユウキ)選手。

ヨーロッパのレースで優勝を経験するなど実力の片鱗を示し、2018年は日本国内を中心に活動しています。

これまでにフォーミュラレースでは、FIA-F4カテゴリーまでを経験した根本選手でしたが、今シーズンはさらにステップアップを果たし、全日本F3選手権にフル参戦しているということで、国内のトップフォーミュラレース、SUPER FORMULAのサポートレースとして行われている、全日本F3選手権へ取材に行ってきました。

 

全日本F3選手権とは

 

©️Motorz

 

フォーミュラレースの頂点をFormula1とした時に、F1から3段階下に位置するフォーミュラーカテゴリーが『F3』です。

そんなF3選手権は世界中の各国で行われており、F1などの上位カテゴリーを目指す若手ドライバーの登竜門となっています。

そして日本国内のフォーミュラレース トップカテゴリーに君臨する『SUPER FORMULA』のひとつ下のカテゴリーとして位置付けされているのが『全日本F3選手権』。

 

シャシーはダラーラ製。根本選手のチームはメルセデスエンジンをセレクトしている。 / ©️Motorz

 

マシンのシャシーはダラーラ製のワンメイクとなっており、エンジンは2,000cc以下の自然吸気エンジン(可変バルブタイミング機構は禁止)搭載しています。

Championship(F3C)クラスはトヨタトムスや戸田レーシング、TOMEI、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツと言った国内外のエンジンサプライヤーが入り混じり、National(F3N)クラスでは、車体は同じながらもエンジンは1世代前のフォルクスワーゲンエンジンのワンメイクで競われます。

今シーズンの根本選手は、新潟の『アルビレックスレーシングチーム』から、この全日本F3選手権Chanpionshipクラスに参戦しています。

同チームではメルセデス・ベンツ製のエンジンをセレクトしており、全15台中3台のマシンに搭載されています。

また、F3自体がFIAの統一規格となっており、毎年11月の中旬にマカオ ギア・サーキットで行われるマカオグランプリでは、FIA-F3ワールドカップとして『F3世界一決定戦』が開催されるなど、注目のカテゴリー。

 

 

第5戦FSW レースレポート

 

©️Motorz

 

梅雨明け宣言が発表されたにもかかわらず、日本列島が集中豪雨に見舞われる中、開催された『全日本F3選手権 第5戦・第6戦』。

戦いの舞台となった富士スピードウェイも早朝に大雨が降り、路面はフルウェット状態に。

降ったり止んだりの不安定な天候と、夏らしい蒸し暑さが日本特有である四季の情緒を感じさせます。

レースWEEKは公式予選は7/7の8:30〜、第5戦決勝レースは7/7の13:30〜、第6戦の決勝レースは7/8の10:15〜というスケジュールで行われました。

また、1回の予選で2レース分のグリッドが決まるのはFIA-F4と同様で、ベストラップタイムが第5戦のグリッドに適用され、セカンドベストラップタイムが第6戦のグリッドに適用されます。

予選はメルセデスエンジン勢のトップタイムをマーク!

 

©️Motorz

 

予選開始前には雨は止みましたが、朝からの雨の影響で路面はフルウェット状態。

全車レインタイヤを装着し、予選がスタートします。

序盤は完全に雨は止んでいましたが、セッションが進むにつれパラパラと降雨を感じます。

そして、5〜6周を終えたタイミングでほぼ全車ピットインを済ませ、タイヤを新品のレインタイヤに交換。

ウイングなどの空力パーツのアジャストも行い、ピットアウトして行きました。

14号車の根本選手はストレートスピードに精彩を欠く中、得意のウェット路面で予選ファイナルラップにベストタイムを更新し、第5戦の決勝レースに向けて6番グリッドを獲得。メルセデスエンジンを搭載しているマシンの中ではトップタイム。

トップ争いをするためには、まずまずの位置からのスタートです。

 

©️Motorz

 

予選後、控え室で自分の走行を振り返る根本選手。 / ©️Motorz

 

天候に翻弄された決勝レース

 

©️Motorz

 

予選後の富士スピードウェイは雨が止み、第5戦決勝レースはドライ路面で迎えることになりました。

ちなみに、このレースウィークでのドライ路面はこの決勝レースが初めて。

練習走行からずっとウェット路面だったため、不確定要素の大きいドライ路面での決勝となってしまいます。

スタートでは、2番手スタートの#1金丸選手が出遅れ、根本選手が順位を上げるも、#12笹原選手との駆け引きでコカコーラコーナーを抜けた時に先行を許してしまい、6番手までポジションを後退。

そして4〜5周目のメインストレートで#1金丸選手に抜かれてしまい、さらに7位までポジションを落とします。

レース中盤では根本選手を先頭とした7位争いが繰り広げられ、一時、場内アナウンスはこのバトルの模様を何周にも渡って実況する激しい展開となりました。

しかし#8片山選手とのサイドバイサイドのバトルや、#35河野選手とのブレーキング勝負といった必死のバトルもむなしく、両選手に抜かれてしまい、9位まで順位を落とします。

その後は、そのままチェッカーまで順位をキープし、根本選手は第5戦を9位で終える結果となりました。

 

©️Motorz

 

©️Motorz

 

根本選手コメント

 

©️Motorz

 

予選はウェットで、同じメルセデス勢(エンジンサプライヤー)の中ではトップタイムをマークできたので、決勝レースも恵みの雨になればと思っていたのですが、思いっきり晴れてしまいました……(笑)。

まあ、みんなこのレースウィークでドライコンディションで走行するのは初めてだったので、そういう意味ではセットアップなどもほぼ無いイコールな状態だったのかな。

ウォームアップラップで挙動が分かればそこからグリッドでセットアップを変更したりして……という状況で、自分もいくつかセットアップの変更を試してみたりはしたんですけど、それでも根本的な部分は時間がなくて直せなくて。

なので全然トラブルとかではなく、純粋にセットアップだったりクルマのことで大外しだったので、ドライではかなり見直しが必要かな、という課題が見えました。

ブロッキングを頑張っていたのですが、堪えきれず……という感じでズルズルと順位が落ちてしまった感じの苦しいレースでした。

もっと上の順位を目指していきたいと思いますので、今後も応援よろしくお願いします!

 

まとめ

 

©️Motorz

 

今回は、全日本F3選手権2018 第5戦富士スピードウェイでの根本選手の様子をお伝えしました。

結果的には本人も悔しがっていましたが、「ドライ路面での課題がたくさん見えたレースだった。」と振り返ります。

マシンのセットアップもまだまだこれから改良の余地あり!!

チーフメカニックや監督と密にコミュニケーションをとって、マシンの方向性を探っている姿がとても印象的で、今後のさらなる活躍に大きな期待が持てました。

ハチロクのレストアだけでなく、ぜひレーサーとしての根本選手の活躍にも注目していきたいと思います。

 

あわせて読みたい

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!