アメリカの大人気モータースポーツ「NASCAR」。2018年にNASCARプロシリーズへフル参戦し、アジア人として最高位となるシリーズランキング9位を獲得した日本人ドライバー、古賀琢麻選手が2019年も参戦を表明!万全の体制挑む2019年は「言い訳はできない」1年になりそうです!

 

右:古賀琢麻選手、左:横山剣氏 / ©️Motorz

 

シボレーから移籍、トヨタワークスドライバー古賀琢麻

 

ゼッケン77を背負う古賀琢麻選手 / ©️Motorz

 

古賀選手は愛知県名古屋市出身のレーシングドライバーで、幼少の頃からレーシングドライバーを目指しレーシングカートで腕を磨いて来ました。

フォーミュラトヨタでスカラシップを獲得し、2000年にはアメリカのNASCARに参戦。2005年には全米オールスター戦にも出場しました。

2018年シーズンはJKR CKB RACINGからシボレー カマロを駆り、NASCAR K&M PRO SERIESにフル参戦し、アジア人として最高位となるシリーズランキング9位を獲得。

東京オートサロン2019では、引き続き2019年シーズンもK&N PRO SERIESへ参戦することを発表しましたが、なんと18年間も在籍した古巣シボレーを離れ、来年度からはトヨタワークスチームへ移籍するとのこと!

 

チャンピオンマシンで参戦!

 

参戦マシンと同じカラーリングのトヨタ カムリ©️Motorz

 

2019年はPP1M CKB TOYOTA RACINGで参戦する古賀選手が、来シーズン戦う『PP1M』というチームは2018年のNASCAR K&N PRO SERIESシリーズチャンピオンチームなのです!!

古賀選手は2019年シーズンを最高のマシンを手に入れての参戦になります。

しかし、そんな古賀選手に立ちはだかる最大のライバルは身内にあり。

チームメイトは弱冠17歳の若手ドライバーですが、昨年のチャンピオンなのです!

対して2019年には42歳を迎える古賀選手ですが「勝つための道具は手に入れた。あとは勝つための準備をするだけ」と前向きな意気込みを話してくれました。

 

 

「言い訳はできない」故に準備していることって?

 

参戦への意気込みを語る古賀選手 / ©️Motorz

 

2018年シーズンはフル参戦し、トップ10入りを果たした古賀選手。

前述のコメント通り、2019年シーズンで狙うは優勝ただひとつのみ。

前年度のチャンピオンマシン以外にも、勝つためには入念な準備を行ってきたと語ってくれました。

特に、最大のライバルとなる、昨年のチャンピオンドライバーとは、体重差が12kg程あったようで、徹底的な減量を敢行したのだとか!

移籍が決まった12月初頭から東京オートサロン2019が開催される1月までの、たった1ヶ月の間に8kgの減量に成功!!

さらには2019年元日早々に渡米し、早速3日から行われたテストへ参加。

減量の甲斐もありテストのタイムは全体トップを記録、シーズン戦への期待が膨らむ結果となりました。

「開幕までにさらに4kg絞る!」と宣言しており、チャンピオンドライバーと同等の体重で挑むことで古賀選手の真価が問われます。

また、PP1Mチームのクルーチーフが過去に携わったドライバーは”全員勝つ”というジンクスもあるのだとか。

「勝てよ、というプレッシャーがありますね。言い訳はできない。環境は用意してもらったので、絶対にやらなきゃならない」と力強く語っていました。

 

あの大物ミュージシャンも古賀選手を応援!

 

クレイジーケンバンド横山剣氏から古賀選手に熱いメッセージが送られる / ©️Motorz

 

TAS2019の参戦発表のステージには、10年来の付き合いが続いている「いい〜ね!!」でおなじみのミュージシャン、クレイジーケンバンドの横山剣氏も駆けつけ、

「子供の頃、NASCARとか朝テレビでやってたんですよ。ストックカーレースを見ていて、普段街を走る車がレースしててカッコいいなというのと、怖いなと思いながら見ていました。超人だな、と。

それに古賀選手が参戦する。今ではNASCARが子供たちにカーズとして、よく知られていることもあるし、すごく興奮しますよね。

トヨタのワークスドライバーとなったことで、トヨタに新しい歴史が刻まれるんじゃないかな、と思うんですよね。

今年こそは現地までレースの応援に行きたいと思ってます!」

と、飛躍の年になることを期待し、古賀選手に激励を送りました。

 

まとめ

 

マシンのピラーにはトヨタマークと「いい〜ね!!」ステッカーが貼られている / ©️Motorz

 

日本人の現役ドライバーとしては唯一、アメリカのNASCARシリーズへ参戦する古賀琢麻選手。

勝てるマシンを手に入れたことから、昨年以上の意気込みが感じられました。

レーシングシミュレーターT3Rを国内で販売する実業家でありながら、40歳を過ぎても勝つために減量し、ストイックに自分を追い込む姿はまさにレーシングドライバーそのもの。

2019年シーズン、国内レースだけでなくアメリカ NASCARで戦う古賀琢麻選手に期待しましょう!

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!