今ホンダで売れている小型のミニバン、フリードをご存知でしょうか? フリードは、大きすぎないのに室内空間にもゆとりのあるコンパクトミニバンというコンセプトの元で開発されたモデルです。また2017年1月〜2018年1月のミニバン販売台数ランキングでは堂々の1位を獲得。価格が手頃で静粛性・快適性がミドルクラスのミニバンに匹敵することが人気の秘訣となっている1台なのです。 

 

2代目フリード / © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

 

進化したシステムとインパネ周り

 

2代目フリードのインパネ周り / © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

フルモデルチェンジした2代目フリードの注目ポイントのひとつは、インパネ周り。

そのなかでもメーターの左側にあるマルチインフォメーションディスプレイには、この新型フリードから搭載されたホンダセンシングにより、一旦停止などの路上にある標識を表示してくれるので、ドライバーの強い味方となっています。

ホンダセンシングとは標識認識機能、衝突軽減ブレーキ等を搭載した安全運転支援システムで、そのなかでもACC(アダプティブクルーズコントロール)がメインとなる仕組み。

ACCとは、簡単に言うと速度と車間距離を維持してくれる機能です。

長距離を走るドライバーにとってはアクセルの加減に気をつかい続けることもなく、前の車との距離をあけてくれる機能なのですが、アシスト機能なので過信しての多用は危険を伴うので、注意してくださいね。


ラゲッジスペースの広さ、シートアレンジの豊富さがうりのフリード+

 

2代目フリード+の車椅子仕様車 / © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

ホンダは3列シートのフリードと同時に、2列シートのフリード+(プラス)の発売を開始。

フリードの開口部地上高が480mmに対してフリード+(プラス)は335mmとなっており、この数値はスライドドアのステップよりも低く、この低いステップと専用のスロープを利用した車椅子仕様車も登場しています。

このフリード+(プラス)は専用のリアバンパー、テールゲートによって通常のフリードよりも30mm全長が長くなっているので、後ろに壁が有る場合やお店の駐車場では、少し前の方に移動しておかないとテールゲートが開けられないなんてことも。

そんなフリード+(プラス)の最も注目するべきポイントは、車中泊に適していることで、標準装備のラゲッジボードを使い、上段はベッドスペース、下段は荷物スペースにする事が可能です。

また、ベッドスペースは大人2人がゆったり横になれる程の広さとなっている事も、注目すべきポイントではないでしょうか。

 

専用パーツを装着したフリードModulo X

 

フリードModulo X  / © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

2017年12月15日に、フリードModulo X(モデューロエックス)が誕生しました 。

この Modulo Xというのは、量産の過程で専用カスタマイズパーツを装着したホンダのコンプリートカーブランドです。

これまでにも、『N-BOX』『N-ONE』『ステップワゴン』の3台が Modulo Xとして販売されており、その第4弾となったのがこのフリード Modulo X。

専用のフロントグリルや空力を考えたエアロパーツ、専用サスペンションなどを装備し、室内空間も通常のフリードと共通するところはあるものの、フロアマットには『Modulo X』のエンブレム、そしてカーナビゲーションのスタート画面には専用グラフィックが用いられています。

価格は、通常のフリードより70万円ほど高い約283万円ですが、長距離を走る場合や走りを楽しむ家族連れには、うってつけのコンプリートカーではないでしょうか。

 

主なスペックと価格

 

2代目フリード :/ © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

ホンダ・フリード(GB5型)

全長×全幅×全高(mm) : 4,265×1,695×1,710

ホイールベース(mm) : 2,740

車両重量(kg) : 1,340

エンジン仕様・型式 : L15B型1.5L直列4気筒直噴DOHC

総排気量(CC) : 1,496

最高出力 : 96KW(131PS)/6,600rpm

最大トルク : 155N・m(15.8kgf・m)/4,600rpm

トランスミッション : CVT

駆動方式 : FF/4WD

相場価格 : 188万〜315.3万

 

まとめ

 

2代目フリード  / © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

 

大きすぎず、かといって小さすぎるのもどうかという人にはピッタリのフリード。

そんなフリードの生産は埼玉製作所の狭山完成車工場でおこなわれているのですが、発売当初から人気というのもあり、それまでの狭山工場の1日700台から900台生産に切り替え、時には寄居工場から人を借りて工程を増やすなどして生産に追われていることも。

また工場は基本、土日休みなのですがフリードの大量受注をうけて1日でもはやくユーザーの元に届けるべく、1ヶ月に4日ある内の3日は土曜日を休日買い上で受注に対応しています。

多くの人達の苦悩や苦労を経て、街でよく見かける今のフリードが成り立っているのです。

そして、モデューロX 、フリード+(プラス)といった仕様や9種類の豊富なカラーバリエーションも人気の秘訣で、発売から2年経とうとしている現在でも好調を維持しています。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!