Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car, Great car

RE雨宮の歴代GTマシンはRX-7(FD)進化の歴史!16台一挙振り返り!

RX-7をはじめロータリーのチューニングを得意とするRE雨宮。長らく日本のチューニング界を牽引してきた“ロータリーの雄”です。そしてレース界への貢献も多大なるものであり、長年にわたってスーパーGT(全日本GT選手権も含む)やD1グランプリにRX-7を主としたロータリーマシンを送り込んできました。今回は20年以上モータースポーツシーンで活躍してきたRE雨宮の歴代カラーリングについてご紹介します!

出典:http://www.re-amemiya.co.jp

まずは1995年から2010年まで参戦した全日本GT選手権&スーパーGTのマシンを振り返っていきます!

参戦当初は、実はこんなカラーリングだった!

1995年 RE雨宮 SuperG RX7 竹内浩典/松本晴彦 組

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

全日本GT選手権への参戦初年度。

当時はまだ、マツモトキヨシカラーではなく、青とピンクを基調としたカラーリングデザイン。これは1997年まで採用されました。

竹内浩典と松本晴彦のコンビで臨み、第3戦仙台ハイランドと第6戦MINEでGT2クラス優勝。後半は3戦連続でポールポジションを獲得するなど、参戦初年度から安定した速さを見せ、シリーズランキング(チーム)2位となりました。

 

1996年 RE雨宮 SuperG RX7 山路慎一/松本晴彦(他) 組

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

この年から山路慎一が加入し、松本と参戦。しかし、開幕戦での鈴鹿ではミッショントラブルでリタイア。その後も3位表彰台を2回獲得しますが、タイサンポルシェの速さに敵わず、シリーズランキング(チーム)が5位に。

それでもセントラルサーキットで行われた「オールスター戦」でポール・トゥ・ウィンを飾りました。

 

1997年 RE雨宮 SuperG RX7 山路慎一/松本晴彦 組

出典:http://www.re-amemiya.co.jp/

前年までの13B自然吸気エンジンから、3ローターの20B自然吸気エンジンに換装。ドライバーは引き続き山路/松本組です。

第2戦富士で3位表彰台に輝くものの、それ以外はトラブルでリタイアするレースもあり、優勝争いに絡めず。結局、シリーズランキング(チーム)7位に終わってしまいました。

 

 

まだまだ出てくるRE雨宮のマシンたち。次のページでは、懐かしの“あのカラーリング”が登場します!

 

1ページ|2ページ
Writer Introduction
ホーリー

モータースポーツとエリック・クラプトンをこよなく愛する趣味人です。 はるか昔にフォーミュラカーレースへの参戦経歴もありますが、競争することよりもレーシングカーそのものに魅力を感じ、それを多くの自動車ファンに伝えていきたいと考えています。 Motorzを通じて日本の自動車業界が少しでも反映することを願って。。。

車買取.com