Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

その時、豊田章男社長は?トヨタのWRC復帰戦の裏側が…今明かされる

2月2日に行われたトヨタの2017モータースポーツ体制発表会。今年は何と言ってもWRC復帰ということで話題を集めていますが、その開幕戦となったモンテカルロでは様々なハプニングがありました。その裏側は一体どうなっていたのか?豊田章男社長が現地スタッフに伝えた言葉とは?会場で行われたスペシャルトークセッションの内容も交えながら、迫っていきたいと思います。

©︎Tomohiro Yoshita

ラトバラが来日!お台場でヤリスWRC疾走!

©︎Tomohiro Yoshita

今回のプレスカンファレンスでは、開幕戦での2位表彰台という輝かしい成績を報告するべく、TOYOTA GAZOO Racingのトミ・マキネン代表と、エースのヤリ・マティ・ラトバラが来日。

集まった多くの報道陣の前に笑顔で登場し、トークセッションを行なった他、屋外会場でラトバラがヤリスWRCをデモラン。集まった多くのメディア関係者に、その迫力を伝えるような気合いのこもった走りを披露してくれました。

18年ぶりの復帰戦ということで大きな注目を集めたトヨタ。様々なハプニングもありましたが、ラトバラは冷静に各ステージを駆け抜け2位フィニッシュ。まさに幸先の良いスタートを切りました。

開幕戦モンテカルロを詳しく知りたい方はこちら

©︎Tomohiro Yoshita

今回のラリーを振り返り、マキネン代表は「モンテカルロラリーは我々にとって良いスタートが切れたと思う。しっかり準備はしてきたつもりだが、とてもコンディションが難しいラリーとなった。我々がどれくらいの位置にあるのか明確ではないなか、チームのみんなはよく頑張ってくれたよ」と安堵の表情。

ラトバラも「まず最初にチームに加入できたことが幸運に思うし、光栄。モンテカルロのラリーは難しいものでしたが、難しい状況の中で結果を出せたのは、チームメンバーのおかげ。私自身ラリーを楽しめたよ」とコメントしていました。

©︎Tomohiro Yoshita

さらに今回トヨタのサービスパークは、通常よりも近い場所からファンが作業シーンを見られるような工夫が施されていたとのこと。

実は、これはマキネンさんのアイディアで、普通ならVIPゲストが入るようなブース内のスペースに一般の方も入ってもらえるようにしようというもの。

そこで我々のサービスでの作業をみて、応援してもらいたいとのこと。トヨタ側も同じ考えで、すぐに実行へ。モンテカルロではサービスとファンの距離がとても近い光景が見られたのです。

©︎TOYOTA

 

これに対してマキネン代表は、ラリーファンに対してこのような思いを語ってくれました。

「私自身のキャリアを通じて、いろんなファンにいつも囲まれていました。彼らにもっともっと興奮をお届けしたい、たくさんの思い出も持って帰れるようなサービスエリアにしたいと思い、今回のような形にしました。モンテカルロでは非常にうまくいったと思うが、ファンの皆さんにより満足してもらえるように改善して、もっと多くの方々にトヨタ・ガズー・レーシングを応援してもらえるようにしたい」

この環境下でラリーをしたラトバラも、週末は多くのファンに囲まれていたとのこと。彼もファンへの思いが強いようです。

「やはりファンのおかげで、ラリーがありますし、ファンのおかげで我々はラリーができています。僕自身も小さい頃からラリーファンで、マキネン代表もヒーローでした。サービスパークに止まっているクルマ、そのフェンダーを見ると、ラリー中にどんなことがあったのかを感じながら興奮していたよ。その経験をいかして、多くの人にもっともっとラリーを好きになってもらいたいと思っています。だから、いつもファンを大切にしています」

こうして、ファンの応援の後押しも受け、開幕戦から見事な結果を残しました。

 

©︎Tomohiro Yoshita

 

しかし、豊田章男社長は残念ながら現地に行くことはできず。それでも、逐一情報を得て、スタッフにメッセージを送っていたそうです。その内容は?次のページでご紹介!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com