Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Entertainment

あなたはどの音が好き?朝から聞きたいレーシングサウンド5選。part-2~オールジャンル編~

レーシングマシンと言えば、見た目もさることながら、やっぱりそのサウンドは超魅力的!過去にも特集しましたが、今回は第2弾!異種格闘技戦のエクゾーストノートを聞いて、朝から晩まで、一日元気に頑張りましょう!

 

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141570491300604301出典:http://matome.naver.jp/odai/2141570491300604301

 

Part.1はコチラ「あなたはどの音が好き?朝から聞きたいレーシングサウンド5選。part-1

高音部門優勝!?やっぱりまずはF1から!

誰が聞いてもF1だとわかる「良い音」の代表と言えば、やはり世界最高峰のF1!

NAかつ、2.4リッターV8から3リッターV10、V12と、超高周波サウンドは、耳に快感を残してくれますよね。

昨今のF1はターボとなり、この快音がサーキットに響かないことを悲しく思っているファンも多くいるはず。

復活を望みます!

 

2輪だって負けちゃいない!motoGP!

F1にも負けず劣らずの驚異的なレスポンス!motoGP!

4輪と違い、エンジンを密閉していないため、似て非なるサウンドであることが大きな特徴です!

乾いた4気筒のサウンド(メーカーによって5気筒だったり、L型や直列など形式の違いはあります)は、どこか心を打つものがありますよね!

 

絶滅危惧種!?WGPを席巻した、2ストロークサウンド

排気ガス規制などにより、市場から姿を消した2ストロークエンジンのバイク。

パワーバンドに入ったタイミングの暴力的なパワーと、そのサウンドに虜になった人も多いはず!

たまに街中で聞こえると、ついつい耳を傾けてしまいますよね。

そして、走り去った後の「カストロールの甘い香り」が懐かしいなんて思える人、実は結構いるんじゃないでしょうか?

この動画は、そんな中からホンダのNS500,NSR500,NSR250のサウンドが収録されています!

 

ある意味市販車部門?やっぱりスーパーカーな跳ね馬の咆哮!フェラーリFXX!

たった一言、心から出てくる言葉があれば「ズルい。」であるフェラーリサウンド。

この動画では、数あるフェラーリの中でも公道走行が許されないフェラーリ、FXXをピックアップ!

犯罪的な快音です。

まさにフェラーリサウンド!そして驚きのレスポンスをご堪能ください。

 

音色部門としては反則スレスレ?スーパーGTからはHSV-010!

現在はNSX-CONCEPTに代わって、影を潜めましたが、反則的な超高周波サウンドを響かせてサーキットを激走していたHONDA HSV-010。

こちら、エンジンはスーパーフォーミュラと同じ3.4リッターV8エンジンを搭載しており、見た目だけがハコ車でサウンドは完全にフォーミュラ!

こればっかりはハコとフォーミュラの良いとこどりで、ある意味反則スレスレなので、番外編としました。

 

グループCにて生まれた名車であり、異名は「天使の絶叫」マツダ787B

日本のメーカーで初めてル・マン24hで総合優勝した、マツダが威信をかけて制作した4ローターエンジン搭載のレーシングカー、マツダ787B!

驚きの快音によって、観客席で拍手が巻き起こるほどの快音です。

皆様、街中でマフラー変えた車が目の前を通って拍手しますか?しませんよね。

その価値観をひっくり返すほどの快音なのです。

個人的な主観ではありますが、現在のF1やmotoGPをもってしても、このサウンドを超えた存在は産まれていないと思っています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

エクゾーストノートを聞いて、体に元気はみなぎってきましたか?

今回はかなり高音寄りのサウンドでまとめてみましたが、各レースや車種によっては、もっと低く、ローの効いたサウンドもあったりするので、その辺りもおいおい紹介できればなと思っています。

そして、何度も繰り返し聞いていると・・・Youtubeじゃなくて生で聞きたい!という欲求が溢れてきますよー!

Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com