Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!フェラーリ2台を抑えて、アメリカGPを制したのは…メルセデス!

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第17戦、アメリカGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1アメリカGP2017!

©Pirelli

Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

2017年 F1GP 第17戦 アメリカGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第17戦 アメリカGP リザルト

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
5位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6位:エステバン・オコン(フォースインディア)
7位:カルロス・サインツ(ルノー)
8位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10位:ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
11位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
12位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
13位:ブレンドン・ハートレー(トロ・ロッソ)
14位:ロマン・グロージャン(ハース)
15位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
16位:ケビン・マグヌッセン(ハース)

以下リタイヤ

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

ダニエル・リカルド(レッドブル)

パスカル・ウェーレイン(ザウバー)

ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

 

F1アメリカGPのみどころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
今日は只今よりF1第17戦アメリカGP決勝レースの模様をこちらのMotorzツイッターアカウントからお伝えします。
日本時間では深夜で眠いという方も多いとは思いますが、どうぞ最後までお付き合い下さい!
#USGP #f1jp

さて、今年で6年目を迎えたアメリカGP。戦いの舞台となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズは晴天に恵まれています。
果たして今日はどのような戦いが見られるでしょうか?
今から楽しみなところです。
#USGP #f1jp

さて、早速昨日の予選を振り返りましょう。
予選で見事ポールポジションを獲得したのはハミルトンでした!
前回の日本GPに続いてこのアメリカGPでも好調。ここまで全セッショントップに加えて、予選でコースレコードを更新する圧倒的な速さを見せつけています。
#USGP #f1jp

一方タイトル争いで追い込まれているベッテルは2番手から発進となります。
今日はベッテルの成績次第ではハミルトンのタイトル決定戦となり得るので、彼の結果にも注目が集まっています。
#USGP #f1jp

©Pirelli

現在ハミルトンとベッテルのポイント差は59ポイント。
このアメリカGPが終了した時点で残り3戦となるので、最大で獲得できるポイントは75ポイント。ハミルトンは今日ベッテルに対し、76点以上差をつけるとその時点でタイトル確定となります。
#USGP #f1jp

F1アメリカGP暫定スターティンググリッドは以下の通りです
1ハミルトン
2ベッテル
3ボッタス
4リカルド
5ライコネン
6オコン
7サインツ
8アロンソ
9ペレス
10マッサ
#USGP #f1jp

以下は
11クビアト
12グロージャン
13エリクソン
14ウェーレイン
15ストロール ※
16フェルスタッペン ※
17マグヌッセン ※
18ヒュルケンベルグ ※
19ハートレー ※
20バンドーン ※
※はグリッド降格対象者
#USGP #f1jp

そして、今回はトロロッソにクビアトが復帰し、さらにはこのアメリカGPでF1デビューを飾るハートレーが加入しています。
ハートレーは昨日の予選でQ1ノックアウトと洗礼を受ける形となりましたが、決勝のペースには自信を覗かせています。
#USGP #f1jp

また、トロロッソは前戦の鈴鹿とは2名ともドライバーが違うという珍しい事になりました。
前回までトロロッソに所属していたサインツは今回からルノーへ移籍し、7番グリッドを獲得。こちらも今回注目のドライバーです。
#USGP #f1jp

さて、そして現在サーキットではスタートを前にしてセレモニーが開催中。
続々とドライバーがセレモニーに登場し、ドライバーの紹介が行われています。
これはアメリカGP以外で見られませんでしたが、今後様々なGPに広まっていくイベントになるかもしれませんね!?
#USGP #f1jp

さて、ドライバー20人が整列しセレモニーも大詰めです!
いよいよスタートまで15分を切りました。各ドライバー明るい様子ですが、ここからは顔つきも一味違った真剣な表情を見せてくれるのではないでしょうか。
#USGP #f1jp

©Pirelli

それではスタート前に今回のタイヤ戦略を見ていきましょう。
今回持ち込まれたタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトと最も柔らかい3種類。
昨日の予選でQ3に進出したドライバーのほとんどがウルトラソフトでのスタートという事がすでに決まっています。
#USGP #f1jp

しかし、グリッド降格が決まっていたフェルスタッペンはQ2でスーパーソフトでタイムを記録しました。そのため16番手からのスタートですがスーパーソフトタイヤでのスタートが義務付けられています。
#USGP #f1jp

サーキットは現在日差しが強く路面温度も徐々に上昇しているように見えますが、今季のタイヤの耐久性を考えると1ストップ作戦も可能でしょうか。
コース上での追い抜きが比較的容易なコースなので、戦略の重要性はいつもよりやや低く、挽回がしやすいのも特徴です。
#USGP #f1jp

また、このコースのDRSゾーンは2箇所。
ホームストレートとターン11からの立ち上がる長いバックストレートに設置されています。
これまではバックストレートの方が多くの追い抜きが見られましたが、今年も激しいオーバーテイクが見られるでしょうか?
#USGP #f1jp

さあ、スタートタイヤが明らかになりました!
多くのドライバーがウルトラソフトを選択、スーパーソフトを履いているのはマッサ、エリクソン、ストロール、フェルスタッペン、マグヌッセン、バンドーン。
そして、ウェーレインがただ一人ソフトをチョイスしています!
#USGP #f1jp

また、この朝サーキットで降った雨がタイヤの耐久性に影響を与える可能性もありそうですね。
特に上位と下位では戦略が大きく別れる可能性もありそうです。
#USGP #f1jp

さあ、各車ホームストレートへ戻りグリッドに整いました!
ハミルトンはタイトル決定となるでしょうか!?
#USGP #f1jp

スタート~20周:スタート直後、ベッテルがオーバーテイク!?

©Pirelli

今、レースがブラックアウト!!
ベッテルが好スタート!!ホールショットはベッテル!!!
ハミルトンは2番手に後退!
#USGP #f1jp

ベッテルはイン側となる2番グリッドから好スタートを見せましたね!さらに後方ではオコンがライコネンを交わし5番手に浮上しています!
#USGP #f1jp

そしてここでリカルドがボッタスに奇襲!!
長いサイドバイサイドの末にここは….ボッタスが何とか順位を守っています!
#USGP #f1jp

そして、アロンソも順位を上げ7番手を走行中。
現在はサインツとの接近戦を演じています!
#USGP #f1jp

3周目、ここでライコネンがオコンを抜き5番手を取り戻しています!
ライコネンはどうやら曲がりくねったインフィールドでオコンを捉えたようですね。
#USGP #f1jp

3周目、そしてフェルスタッペンがすでに6台を抜いて10番手を走行中。
ここからどこまで順位を上げられるでしょうか?
#USGP #f1jp

4周目、リカルドが再びボッタスに仕掛ける!
あわや接触という接近戦の末に、ボッタスが再び順位を守っています。
#USGP #f1jp

4周目、現在の順位は
1ベッテル
2ハミルトン
3ボッタス
4リカルド
5ライコネン
6オコン
7アロンソ
8サインツ
9フェルスタッペン
10マッサ
#USGP #f1jp

©Pirelli

ボッタスは今一つペースが上がらないようですね!
後方にはリカルドだけでなくライコネンも迫って三者による3番手争いとなりました。
#USGP #f1jp

そして、トップ争いも接近!
ハミルトンがこの周最速タイムを記録し、ベッテルのわずか1秒差に迫りました。
#USGP #f1jp

さあ、ハミルトンは一気にベッテルを仕留めにかかろうとしていますね!
その差は0.5秒!6周目、12コーナーでベッテルのインに飛び込み順位を逆転!
ハミルトンが代わってトップに立っています。
#USGP #f1jp

ベッテルも何とかハミルトンへの反撃を見せましたが、敵わず2番手に後退。
後方のボッタスとはすでに5秒以上のリードを持っています。
#USGP #f1jp

そして、ここまでヒュルケンベルグ、さらに接触が原因となってウェーレインと2名のドライバーが姿を消しています。
#USGP #f1jp

9周目、ここでリカルドとボッタスの先ほどの攻防に対し、審議対象が出されました!
#USGP #f1jp

さて、トップ争いですが現在ハミルトンとベッテルの差は2.2秒。
ハミルトンが徐々に差を広げようとしていますが、ベッテルもしぶとく食らいついていますね!
#USGP #f1jp

レースは10周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3ボッタス
4リカルド
5ライコネン
6フェルスタッペン
7オコン
8アロンソ
9サインツ
10マッサ
#USGP #f1jp

フェルスタッペンはここまで非常に順調な巻き返しを見せていますね。
昨日の予選では自らのミスに苛立ちを見せていましたが、それを吹き飛ばすかのような見事な追い抜きを連発しています。
#USGP #f1jp

11周目、ベッテルとハミルトンとの差は3秒まで広がりました!
今回のハミルトンは予選のアタックだけでなく、今日のロングランでも素晴らしい速さを見せています。
#USGP #f1jp

12周目、ここでライコネンがリカルドに仕掛ける!
リカルドはややタイヤに苦しんでいたか!?ここでピットに向かいスーパーソフトに交換。彼はどうやら2ストップ作戦になりそうですね。
#USGP #f1jp

©Pirelli

13周目、前が開けたライコネンはここで自己ベストを記録。
前のボッタスを3.4秒差で追いかけています。
#USGP #f1jp

そして、ここでボッタスがベッテルに近づいてきましたね!
さきほど5秒以上あった差はすでに3秒にまで縮まっています。
#USGP #f1jp

14周目、新品タイヤに交換したリカルドは現在サインツを抜いて8番手。
ここでアロンソがピットへ向かう!アロンソはソフトタイヤに交換しコースに戻っています。
#USGP #f1jp

15周目、ここで新品タイヤのリカルドがファステスト!
しかし、コースを外れてマシンを止めています!!
エンジンが止まってしまったとラジオで訴えています。
#USGP #f1jp

ここまで見応えのあるバトルを展開したリカルドですが、ここでリタイア強いられることになりました。
#USGP #f1jp

17周目、ここでベッテルがピットイン!ソフトタイヤに交換し、5番手でコースに復帰しています。
さあ、メルセデスはこの後のピットインでスーパーソフト、ソフトとどちらのタイヤを選ぶでしょうか?
#USGP #f1jp

17周目、ハミルトンはまだタイヤの状態が良好なようですね!
まだピットに向かう素振りを見せずトップを快走しています。
#USGP #f1jp

18周目、ここでボッタスがピットへ!ボッタスはベッテルと同じくソフトタイヤを選択しました!
どうやらこのままチェッカーを目指す戦略のようです。
#USGP #f1jp

19周目、ボッタスに続いてハミルトンもピットへ向かいます!
ベッテルが後方からやって来てハミルトンに仕掛ける!ですが、ハミルトンがなんとかトップを守っています!
#USGP #f1jp

ベッテルは先ほどの周にファステストラップを刻み、逆転を狙っていたようですね。
しかし、惜しくもアンダーカット成功とはなりませんでした。
#USGP #f1jp

21周~:40周:2ストップ!?1ストップ!?明暗分けるピット戦略

©Pirelli

21周目、ライコネンがピットでソフトに交換。
これで上位でまだピットに入っていないのは暫定トップを走っているフェルスタッペンと6番手のマッサですね。
#USGP #f1jp

さあ、フェルスタッペンの2秒後方にハミルトンが迫ってきました。
実質の順位争いではありませんが、この両者がどのような戦いを見せるでしょうか?
#USGP #f1jp

22周目、このフェルスタッペンはハミルトンにとって嫌な存在ですね。
抜きあぐねると後方からベッテルが迫ってくるため、ハミルトンは時間をかけずに抜く必要があります。
#USGP #f1jp

23周目、ハミルトンがフェルスタッペンに仕掛ける!フェルスタッペンも抵抗を見せますが、タイヤの消耗の大きな差もあったでしょうか?
ハミルトンが前に立ちました!
#USGP #f1jp

24周目、ここでレッドブルのクルーが現れました。ようやくフェルスタッペンがピットへ!
そして、コース上ではアロンソがスローダウンしています!
#USGP #f1jp

25周目、ここでアロンソが姿を消すことになりました。
ガレージにマシンを収めます。
#USGP #f1jp

26周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3ボッタス
4ライコネン
5フェルスタッペン
6マッサ
7オコン
8ペレス
9サインツ
10クビアト
#USGP #f1jp

27周目、現在トップ争いは3.8秒差でハミルトンがリード。
ここでフェルスタッペンがファステストラップを刻んでいます!
#USGP #f1jp

©Pirelli

フェルスタッペンは現在5番手。
7.6秒差でライコネンを追いかけています!
#USGP #f1jp

フェルスタッペンが速いですね!
ただ一人1分38秒台に突入し、一気にライコネンとの差を詰めようとしています。
レースは残り28周。果たして前を捕まえることが出来るでしょうか?
#USGP #f1jp

レースはちょうど半分を消化しました。現在の順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3ボッタス
4ライコネン
5フェルスタッペン
6マッサ
7オコン
8ペレス
9サインツ
10クビアト
#USGP #f1jp

そして、6番手争いが3台の争いとなってきました!
まだピットに入っていないマッサを先頭にオコン、ペレスが連なって走行しています。
まずはオコンが仕掛けるがマッサがブロック!後方ではペレスとオコンが接近!
#USGP #f1jp

30周目、ここでようやくマッサがピットへ向かいました!
6番手争いはここからオコンとペレスによって争われます。
#USGP #f1jp

今季は度々アクシデントを招いたこの2人の接近戦は緊迫感がありますね!
ペレスはオコンの0.5秒後方を走行中。そのさらに後ろからはサインツがやってきましたね。
#USGP #f1jp

32周目、ペースの上がらないオコンに対し、ペレスは自分を前に出すようラジオで訴えています!
ペレスの後ろにはサインツ、さらにクビアトが近づいており、6番手争いが激しさを増しています。
#USGP #f1jp

そして、表彰台をかけた3番手争いはライコネンがボッタスの1.5秒後方に迫ってきました。
#USGP #f1jp

34周目、ここでサインツがペレスを狙う!
サインツが長いサイドバイサイドを制して7番手浮上!ルノー初戦で見事なオーバーテイクを見せました!
#USGP #f1jp

©Pirelli

34周目、ペレスはややペースが上がらなくなってきたでしょうか?
今度はクビアトがペレスに接近しています。
#USGP #f1jp

そして、ライコネンを捕まえようとピットから激励が飛んでいるのはフェルスタッペンですね。
すでにライコネンとの差は4秒を切りました。ライコネンはボッタスのDRS圏内に進入していますが、なかなかボッタスを抜くことが出来ません。
#USGP #f1jp

36周目、そしてベッテルもなかなかペースを上げることが出来ないようですね。
ベッテルは後方のボッタスにわずか2秒のリードしかありません!
さらに、3番手争いにフェルスタッペンが加わろうとしています!
#USGP #f1jp

37周目、ライコネンとフェルスタッペンはボッタスの前に出ることでまだペースを上げることが出来そうですね。
ここでフェルスタッペンがピットへ!スーパーソフトへ履き替え5番手でコースに戻ります!この戦略は果たして吉と出るでしょうか?
#USGP #f1jp

これを見て前の3台はどのような対応を見せるかも注目ですね!
ここでフェラーリが動く!ベッテルがピットへ、ここで1ストップ作戦を諦めました!
その間にフェルスタッペンがファステストラップを記録!
#USGP #f1jp

フェルスタッペンはベッテルのわずか1秒後方に迫っています。
ボッタスとライコネンはすでにピットに入っても、この二人の前でコースに戻ることは難しそうです。
#USGP #f1jp

40周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ボッタス
3ライコネン
4ベッテル
5フェルスタッペン
6オコン
7サインツ
8ペレス
9クビアト
10マッサ
#USGP #f1jp

41周~フィニッシュ:最後の最後、フェルスタッペンが魅せた!!

©Pirelli

41周目、ボッタスとライコネンの争いはまだ膠着状態が続いています。
さらには2ストップ作戦を選んだベッテル、フェルスタッペンから逃げ切る必要が出てきたため、両者のペースも重要になります。
#USGP #f1jp

42周目、ここでハミルトンがセクター1で最速!
すでに22周走ったタイヤにも関わらず、まだ好ペースを刻める状態を保っているようですね!
#USGP #f1jp

42周目、12コーナーでライコネンが並びかける!
ここで見事オーバーテイクに成功!2番手に浮上しています。
#USGP #f1jp

43周目、ライコネンはボッタスに対し2秒差を築き、逃げる構えを見せています。
#USGP #f1jp

そしてボッタスの10秒後方にはベッテル、フェルスタッペンがいますね。
しかし、残り周回数を考えると1周につき1秒ほど詰めていきたいところ。
果たして追いつくことが出来るでしょうか?
#USGP #f1jp

45周目、ベッテルはボッタスより1.8秒近く速いペースを刻んでいますね!
このままレースが進むと終盤にはボッタス、ベッテル、フェルスタッペンによる3位争いが起こる可能性も考えられますね!
#USGP #f1jp

©Pirelli

レースは残り10周となりました。現在の順位は
1ハミルトン
2ライコネン
3ボッタス
4ベッテル
5フェルスタッペン
6オコン
7サインツ
8ペレス
9クビアト
10マッサ
ここまでが入賞圏内となります。
#USGP #f1jp

46周目、ベッテルはボッタスの5秒後方までやってきました!
そのベッテルの2秒後方をフェルスタッペンが走行しています。
#USGP #f1jp

残り9周、ここでフェルスタッペンがセクター1で全体のベスト!
ここでマグヌッセンとエリクソンが接触!後方からやってきたフェルスタッペンはなんとか接触を避けることが出来ました!
#USGP #f1jp

残り8周、そして6番手のオコンにサインツが迫っていますね!
ここまで力強い走りを見せるサインツ、最後にオコンを仕留めてあいさつ代わりとなる好結果をチームに持ち帰ることが出来るでしょうか?
#USGP #f1jp

残り7周、ここでサインツがオコンに仕掛けていく!
ラインを広く使ってオコンに仕掛けて行きますが、ここはオコンが順位を守っています。
#USGP #f1jp

残り6周、ここでベッテルがボッタスのDRS圏内に入りました!
#USGP #f1jp

50周目、ベッテルがボッタスに追いつきました!
タイヤの消耗もありマシンの躍動感がまるで違いますね!1コーナーでアウトからオーバーテイク!ベッテルが3番手に浮上しています!
#USGP #f1jp

そして、今度はフェルスタッペンがボッタスにアタックしています!
#USGP #f1jp

残り5周、ここでベッテルがライコネンの前に立ち2番手の位置を取り戻しました!
#USGP #f1jp

レースは残り4周、フェルスタッペンがボッタスに仕掛ける!
ボッタスはフェルスタッペンにインを突かれ、コースから大きく外れてしまいました!
フェルスタッペンが4番手に浮上しています!
#USGP #f1jp

©Pirelli

ここでボッタスがピットへ。ウルトラソフトに交換しましたが、順位に変動はありません。
#USGP #f1jp

そして、最後に3位争いが白熱しそうですね!
ペースに優れるフェルスタッペンはライコネンを交わすことが出来るでしょうか?
レースは残り3周です!
#USGP #f1jp

残り3周、フェルスタッペンはライコネンの1.5秒後方までやってきました!
16番手スタートから表彰台に上がることが出来るでしょうか?
#USGP #f1jp

レースは残り2周、ベッテルはライコネンの僅か1.4秒前方を走行しており、あまり差が広がっていきません。
#USGP #f1jp

さあ、ここでファイナルラップに入りました!
フェルスタッペンがセクター1で最速!レッドブルのクルーが祈るように見つめるますが、12コーナーはライコネンが抑える!
しかし、最終セクターでフェルスタッペンが前!!!
#USGP #f1jp

フェルスタッペンは最後の最後にライコネンを仕留めて見せました!
16番手からお見事と言える表彰台獲得です!
#USGP #f1jp

そして、後方の激しい争いをよそにハミルトンが堂々のトップチェッカー!
このアメリカGPを4連覇、さらに今年は完全勝利ともいえる圧倒的な勝利を収めました。
#USGP #f1jp

まとめ

©Pirelli

F1アメリカGP決勝結果は以下の通りです(暫定)
1ハミルトン
2ベッテル
3フェルスタッペン
4ライコネン
5ボッタス
6オコン
7サインツ
8ペレス
9マッサ
10クビアト
ここまでが入賞圏内です。
#USGP #f1jp

以下は
11ストロール
12バンドーン
13ハートレー
14グロージャン
15エリクソン
16マグヌッセン

リタイアは
アロンソ、リカルド、ウェーレイン、ヒュルケンベルグ
という結果に終わりました。
#USGP #f1jp

おっと、最後に争いでフェルスタッペンはコーナーカットとの裁定が下りました!
これで順位が変動しライコネンが3位に繰り上がることとなります。
#USGP #f1jp

©Pirelli

このアメリカGPはトップドライバー同士による激しい戦いが至るところで見られましたね!
しかし、その中で独走劇を見せつけたハミルトンが選手権リーダーに相応しい強さを発揮して見せました。
#USGP #f1jp

そして、惜しくもペナルティを受け、表彰台を獲得とはならなかったフェルスタッペンも20歳とは思えないオーバーテイクショーを披露。
今日のレースを見て、改めて彼の将来が楽しみだと思われた方も多いのではないでしょうか?
#USGP #f1jp

さて、来週はアメリカGPに続いてメキシコGPが開催されます。
野球場をくり抜いて作られたコースは人気が高く、ハミルトンのタイトル決定の可能性もある注目の1戦となります!
次戦も日本時間4時スタートと日本のファンにとって厳しい1戦となりますが是非お楽しみに!
#USGP #f1jp

では今日は早朝までお付き合い下さり、ありがとうございました!
それではまた来週、メキシコGPでお会いしましょう!
#USGP #f1jp

©Pirelli

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com