Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!最終戦を制したのはメルセデスの二人!?アロンソは9位!

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その最終戦、アブダビGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1アブダビGP2017!

©Pirelli

Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

2017年 F1GP 第20戦 アブダビGP リザルト

2017年 F1GP 第20戦 アブダビ:GP リザルト

1位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
4位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
8位:エステバン・オコン(フォースインディア)
9位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
10位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
11位:ロマン・グロージャン(ハース)
12位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
13位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
14位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
15位:ブレンドン・ハートレー(トロ・ロッソ)
16位:ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ)
17位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
18位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)

 

以下リタイヤ

カルロス・サインツ(ルノー)
ダニエル・リカルド(レッドブル)

 

最終戦アブダビGPの見どころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
今日は只今よりF1最終戦アブダビGP決勝レースの様子をこちらのMotorzツイッターアカウントにてお伝えします。
どうぞ最後までお付き合い下さい!
#f1jp #AbuDhabiGP

さて、今年のタイトルはメルセデスに決定し、全20戦のシーズンも今日で幕を閉じることになります。
そんな、今季最後の予選を制したのはボッタスでした!
2戦連続、そして今季4度目となるポールポジションを獲得し、来季に繋がる走りを見せら… https://t.co/WTXr7tzGgO

そして、同じくフロントローに付けたのは王者ハミルトン。最後のアタックではややミスもあり、同僚に惜敗し2番手からのスタート。
その後方にはベッテルが続いており、今日のボッタスは優勝に向けて手ごわいライバル達に囲まれての発進となります。
#f1jp #AbuDhabiGP

F1アブダビGP 暫定スターティンググリッドは以下の通りです

1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4リカルド
5ライコネン
6フェルスタッペン
7ヒュルケンベルグ
8ペレス
9オコン
10マッサ
ここまでがQ3進出組です。
#f1jp #AbuDhabiGP

11アロンソ
12サインツ
13バンドーン
14マグヌッセン
15ストロール
16グロージャン
17ガスリー
18ウェーレイン
19エリクソン
20ハートレイ ※

※はグリッド降格対象者

#f1jp #AbuDhabiGP

そして、今日がF1最後のレースとなるマッサは昨日の予選で10番グリッドを獲得しています。
最後まで上位を争いパフォーマンスを見せられて誇りに思うと語り、最終レースでも良い走りを見せてくれるのではないでしょうか?
#f1jp #AbuDhabiGP

そして最終レースと言えばマッサだけでなく、マクラーレンホンダの共闘もこのレースが最後となります。
3年間を共に戦い、期待された結果を見せることは出来ませんでしたが、来季はそれぞれ新たなパートナーとの挑戦を始めることが決まっています。
#f1jp #AbuDhabiGP

アロンソ、バンドーン共に残念ながらQ2敗退となってしまいましたが、決勝レースでは力強い走りに期待したいところです。
#f1jp #AbuDhabiGP

今季はタイトルも決まりましたが、コンストラクターズランキング6位争いはまだ大接戦が続いています。
6位のトロロッソを先頭にルノー、ハースが肉薄し、まだまだ行方が分からない展開となっています。
#f1jp #AbuDhabiGP

F1コンストラクターズランキング(アブダビGP前)

1メルセデス 625点
2フェラーリ 495点
3レッドブル 358点
4フォースインディア 177点
5ウィリアムズ 82点
6トロロッソ 53点 ※
7ルノー 49点 ※… https://t.co/aSvWw4Kjr2

この6位争いはまさに数億円を賭けての争いのため、来季のチーム予算に大きく影響を与えることになります。
そのため、6位といってもタイトル争いと同じ程の真剣勝負となりそうです。
予選を終えてルノーのヒュルケンベルグが7番手発進で一歩リ… https://t.co/crYjcGVTSn

そして今日の戦いの舞台となるヤス・マリーナ・サーキットは夕方にスタートし、レース進行につれて暗くなっていくトワイライトレースで争われます。
徐々に日が落ちていくことで路面温度が変化するなど、見た目だけでなく路面状況を読み取ることも… https://t.co/fH3WYvKBaO

©Pirelli

今回持ち込まれたタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトの3種類。多くのマシンが最も柔らかいウルトラソフトでスタートする戦略を採ってくると見られています。
#f1jp #AbuDhabiGP

©Pirelli

また、DRSゾーンは6コーナーからの立ち上がりと、9コーナーから始まるストレートの2箇所に設置されています。
ですが、追い抜きが難しいコースとして知られており、戦略の重要性は比較的高いサーキットであると言えるでしょう。
#f1jp #AbuDhabiGP

さあ、スタートタイヤが明らかになりました!
18番手以降の3台がスーパーソフトを装着していますね!それ以外の全車がウルトラソフトでのスタートを選択。
今各車フォーメーションラップに向かいました!
#f1jp #AbuDhabiGP

前回ブラジルGPでポールポジションを獲得しながら、1コーナーでトップを奪われてしまったボッタスは今回こそトップを守り優勝を飾れるでしょうか?
また、コンストラクターズランキングを賭けて戦う7番手ヒュルケンベルグも要注目ですね!
#f1jp #AbuDhabiGP

各車グリッドに整いました!
2017年最後の戦いを制すのは誰か!?
#f1jp #AbuDhabiGP

スタート~20周:スタート直後から大スピン!?

©Pirelli

レースは今ブラックアウト!!
ボッタスが見事な好スタート!後方ではマグヌッセンがスピンアウト!
上位に大きな順位変動はありませんね!
#f1jp #AbuDhabiGP

そして、ライコネンがリカルドに並びかける!
しかし、ここはリカルドが前を抑えています。
そしてルノー、ヒュルケンベルグはペレスとの争いを制し7番手をキープ!
#f1jp #AbuDhabiGP

オープニングラップを終えての順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4リカルド
5ライコネン
6フェルスタッペン
7ヒュルケンベルグ
8ペレス
9オコン
10マッサ
#f1jp #AbuDhabiGP

2周目、ボッタスがハミルトンに対し1.4秒のギャップを築いています。
上位6台はほぼ等間隔で走行していますね。
#f1jp #AbuDhabiGP

3周目、先ほどヒュルケンベルグはコーナーをカットした疑いがあるようですね!
現在審議対象となっています!
これでペナルティが出されるとルノーにとっては非常に痛い結果となりますね!
#f1jp #AbuDhabiGP

4周目、ヒュルケンベルグに5秒ペナルティが発令されました!
気は早いですが、現在の順位のままならばルノーはランキング6位に浮上できるので、ここから何とかリードを広げてこの順位を守りたいところですね!
#f1jp #AbuDhabiGP

5周目、少しメルセデス勢が後続を引き離し始めたでしょうか?
2番手ハミルトンと3番手ベッテルとの差が2.3秒まで広がっています!
#f1jp #AbuDhabiGP

6周目、10番手の1ポイントをマッサとアロンソが争っています!
前回ブラジルGPでも激しい戦いを見せた2人がこのアブダビでも再び激突!
これは前回に続いて長い戦いとなりそうですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

7周目、やはり多くのドライバーが前のマシンから発生する乱気流の影響を大きく受けているでしょうか?
多くのマシンが1秒以内に近づくことが出来ないようですね。
乱気流を受けるとタイヤの消耗が早くなるなど、デメリットが多いので各車わざと… https://t.co/iW5DubA5Gi

8周目、トップのボッタスがファステストラップを記録。
ハミルトンとの差は1.9秒に広がっています!
#f1jp #AbuDhabiGP

9周目、先ほどから13番手をストロールとグロージャンが争っています!
一旦前に出たグロージャンですが、クロスラインでストロールが対抗し、見事に抑えこんでいます!
#f1jp #AbuDhabiGP

©Pirelli

10周目、現在の順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4リカルド
5ライコネン
6フェルスタッペン
7ヒュルケンベルグ
8ペレス
9オコン
10マッサ
#f1jp #AbuDhabiGP

10周目、以下は
11アロンソ
12サインツ
13ストロール
14グロージャン
15バンドーン
16ガスリー
17ウェーレイン
18ハートレイ
19マグヌッセン
20エリクソン
#f1jp #AbuDhabiGP

11周目、再びグロージャンがストロールに襲い掛かる!あわや接触寸前の戦いを制したのはグロージャンです!
これで13番手にグロージャンが立ちました!
#f1jp #AbuDhabiGP

12周目、ここでストロールがピットへ!
どうやらストロールはタイヤにフラットスポットを作ってしまったようですね!
全ドライバーのなかで最初にピットへ向かい、最後尾でコースに戻っています。
#f1jp #AbuDhabiGP

13周目、10番手争いが膠着していますね。
アロンソはマッサをなかなか抜くことが出来ません。
ストレート区間で速さを見せるマッサはアロンソにとって非常に手ごわい相手ですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

14周目、ライコネンがやや遅れ始めたでしょうか。
リカルドとのギャップが4.4秒にまで広がっています。
後方のフェルスタッペンは1.7秒差とそれほど大きなリードではありませんが、バトル関係には発展していません。
#f1jp #AbuDhabiGP

15周目、ここでフェルスタッペンがピットへ!
これはライコネンに対し、アンダーカットを狙いにいきました!
さあ、ライコネン陣営はどのような動きを見せるか!?
#f1jp #AbuDhabiGP

15周目、ライコネンはピットへ向かいました!
すぐさま反応したのが功を奏しライコネンが前です!
フェルスタッペンはオコンに抑えられペースを上げることが出来ませんでした!
#f1jp #AbuDhabiGP

17周目、フェルスタッペンがオコンを抜き、再びライコネンに迫ろうとしています!
ここでペレスがピットへ入っています。
#f1jp #AbuDhabiGP

17周目、最終コーナー手前でガスリーがスピン!17番手まで順位を落とし、トロロッソは16番手、17番手と厳しい状況に追い込まれています。
#f1jp #AbuDhabiGP

18周目、ヒュルケンベルグがピットへ向かいました!
ここで5秒ペナルティを消化し、ウルトラソフトへ交換!ややタイムロスがあったか!?しかし、なんとかペレスの前でコースに復帰。
ピットクルーもこの戦いの重圧を感じていたのか、いつもよ… https://t.co/tPmrlEJpUc

19周目、上位4台はまだピットに入っていませんが、新品タイヤを履く後方のマシンより速いタイムを刻んでいますね。
今回タイヤの消耗はとても少なく、アンダーカットはいつも以上に困難な状況となっています!
#f1jp #AbuDhabiGP

20周目、ここでリカルドがピットへ!
リカルドはタイヤにパンクが起こった模様で、急遽ピットへ滑り込みました。
しかし、大きなタイムロスは無く4番手をキープしています。
#f1jp #AbuDhabiGP

21周~40周:ピットを終えて、中盤戦へ!?

©Pirelli

21周目、ここでベッテルもピットへ向かいます。
そしてリカルドがストップ!先ほどは壁にマシンを当てていたようですね!
しかし、このトラブルは接触とは無関係なようですが、これで今シーズンを一足先に終えることになってしまいました。
#f1jp #AbuDhabiGP

22周目、トップもボッタスもピットへ!
これをチャンスと見たハミルトンがここで猛プッシュ!ファステストラップを出して逆転を狙います!
#f1jp #AbuDhabiGP

23周目、ハミルトンはまだコースに留まっています!
これはボッタスを逆転できるまでコースに留まる可能性もあるでしょうか?
そして、この間にマッサがピット作業を済ませています。
#f1jp #AbuDhabiGP

24周目、マッサに対しアロンソが仕掛ける!
マッサのタイヤが暖まっていない間にアロンソが前に出ました!
#f1jp #AbuDhabiGP

24周目、ここでハミルトンがピットへ滑り込んできました!
ボッタスとの差は19,5秒!トップに立ったのは…ボッタスがトップを守っています!
#f1jp #AbuDhabiGP

25周目、先ほどのラップでボッタスはファステストラップを記録していました。
勝負どころで良い走りを見せ、中盤戦までリードを守って見せています!
#f1jp #AbuDhabiGP

26周目、現在の順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4ライコネン
5フェルスタッペン
6オコン ※
7サインツ ※
8ヒュルケンベルグ
9ペレス
10グロージャン ※
※はタイヤ交換義務未消化
#f1jp #AbuDhabiGP

26周目、5番手フェルスタッペンがライコネンの1秒差に迫っています。
しかし、先ほどのマッサとアロンソのバトル関係のようにコース上では抜くための決定打を欠いている状況が続いています!
#f1jp #AbuDhabiGP

27周目、そして、トップ争いも接近してきましたね!
ハミルトンがボッタスのDRS圏内に侵入しています!
#f1jp #AbuDhabiGP

28周目、レースはちょうど折り返しを迎えました。
ハミルトンがボッタスにプレッシャーを掛けて、ボッタスのミスを誘おうとしています。
こちら相手のミスなしにはチャンスを見つけ出すのは難しいですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

29周目、直線区間の多いセクター2ではハミルトンが迫れていますが、セクター3ではどうしてもついて行くのが難しいようですね。
このコーナー区間で少しでも話されずに付いていくことが出来ないと、追い抜きは難しいものになるでしょうね。
#f1jp #AbuDhabiGP

©Pirelli

30周目、おっと!ここでハミルトンがコースオフ!
大きなロスはありませんでしたが、セクター3でなんとか付いて行こうとしたところで、ややミスが起こってしまいました。
#f1jp #AbuDhabiGP

32周目、ここでまだピットに入っていなかったオコンとサインツがピットへ!
オコンは8番手、サインツは11番手でコースへ!しかし、サインツはピット出口で壁にヒット!ここでなんとリタイアとなってしまいます。
#f1jp #AbuDhabiGP

サインツはタイヤのナットがしっかり留まっていなかったために、壁にヒットしてしまったようですね!
先ほどのヒュルケンベルグのピット作業といい、今日のルノーのクルーはやや取り乱している感じが見られ、ここではそれが残念な結果を招いてしまいました。
#f1jp #AbuDhabiGP

34周目、1-2体制を築くメルセデス勢、すでにベッテルとは16秒もの大差を築いています。
そのなか、ボッタスとハミルトンは依然としてマッチレースを展開しています。
#f1jp #AbuDhabiGP

35周目、現在の順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4ライコネン
5フェルスタッペン
6ヒュルケンベルグ
7ペレス
8オコン
9アロンソ
10マッサ
#f1jp #AbuDhabiGP

37周目、ガスリーがタイヤをロックさせコースオフ!
今回はマシンに手を焼いてる様子が目立ちますね。
しかし、来季シートが決まっているだけに、来年に繋がるパフォーマンスを見せたいところですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

38周目、13番手のマグヌッセンがウェーレインに追われていますね。
ザウバーは今季低調が続きましたが、このアブダビではいつも以上に力強いペースを発揮しています。
#f1jp #AbuDhabiGP

レースは40周目、現在の順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4ライコネン
5フェルスタッペン
6ヒュルケンベルグ
7ペレス
8オコン
9アロンソ
10マッサ
#f1jp #AbuDhabiGP

以下は
11グロージャン
12バンドーン
13マグヌッセン
14ウェーレイン
15ハートレイ
16ガスリー
17エリクソン
18ストロール
#f1jp #AbuDhabiGP

41周~フィニッシュ:2017年、最後のウィナーは誰だ!?

©Pirelli

41周目、ウェーレインがマグヌッセンを抜きましたね!
しかし、マグヌッセンが2つめのDRSゾーンで再逆転!その争いにハートレイも加わり、13番手争いが激しくなってきました!
#f1jp #AbuDhabiGP

42周目、すでにコース上には多くのタイヤカスが散らばっており、通常の走行ラインを外すリスクはとても高そうです。
#f1jp #AbuDhabiGP

43周目、ここでボッタスがファステストラップ!
現在ハミルトンとの差は1.6秒、優勝も十分視野に入れてここから終盤戦を迎えます。
#f1jp #AbuDhabiGP

レースは残り10周となりました。
現在の順位は
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4ライコネン
5フェルスタッペン
6ヒュルケンベルグ
7ペレス
8オコン
9アロンソ
10マッサ
#f1jp #AbuDhabiGP

このまま順位でフィニッシュすると、コンストラクターズランキングに変動があります。
ルノーが6位に浮上し、トロロッソは7位に後退します。
またハースにも逆転のチャンスがありますが、現在2台とも入賞圏外なのでルノーが優位を保ったまま終… https://t.co/ZtIsbhYvR1

47周目、12番手のバンドーンから17番手エリクソンまでが約1秒間隔で走行しています!
しかし、どのドライバーも順位を上げるチャンスを見出せていません。
このレースでのバトル関係に持ち込む難しさを象徴するような隊列となっています。
#f1jp #AbuDhabiGP

49周目、ハミルトンがボッタスのDRS圏内に再び入ってきました!
ボッタスはやや周回遅れのアロンソに引っかかってしまい、タイムをロスでしてしまいましたね。
残りは5周、なんとか踏ん張れるか!?
#f1jp #AbuDhabiGP

レースは残り5周、このレースが最後となるマッサは終始ポイント圏内を
走行し、最後まで良い走りができていますね!
後方のグロージャンに7秒以上のリードを築き、最終レースでもポイント獲得となりそうですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

残り4周、ここでボッタスがラストスパート!1分40秒750とここで唯一40秒台に突入し、最後の力を振り絞っています!
#f1jp #AbuDhabiGP

©Pirelli

残り3周、ボッタスがまたもファステスト!
ハミルトンとの差を一気に3.6秒にまで広げました!
#f1jp #AbuDhabiGP

残り2周、今日はずっとライコネンの後ろでレースを戦っているフェルスタッペン。
ずっとライコネンに迫るペースを見せましたが、スタート直後からライコネンを攻略することが出来ていません。
#f1jp #AbuDhabiGP

さあ、先頭ボッタスがファイナルラップに入りました!
ハミルトンとの差は4.8秒!もう優勝は間違いないでしょうか!?
#f1jp #AbuDhabiGP

ボッタスが今トップチェッカー!!
前回ブラジルGPでの雪辱を晴らす、見事なレースコントロールで優勝!
そして、ハミルトンが2位!王者メルセデスが1-2フィニッシュでシーズンを締めくくりました!
#f1jp #AbuDhabiGP

まとめ

©Pirelli

そして、ヒュルケンベルグが6位でフィニッシュ!
これでコンストラクターズランキング6位はルノーがトロロッソを逆転しています!
#f1jp #AbuDhabiGP

そしてラストレースとなったマッサは10位でポイント獲得!
無線でチームを感謝を述べ、ドーナツターンでファンに感謝を表しています!
#f1jp #AbuDhabiGP

F1アブダビGP 決勝結果(暫定)
1ボッタス
2ハミルトン
3ベッテル
4ライコネン
5フェルスタッペン
6ヒュルケンベルグ
7ペレス
8オコン
9アロンソ
10マッサ
ここまでが入賞圏内です。
#f1jp #AbuDhabiGP

以下は
11グロージャン
12バンドーン
13マグヌッセン
14ウェーレイン
15ハートレイ
16ガスリー
17エリクソン
18ストロール

リタイアはサインツ、リカルドの2台という結果に終わりました。
#f1jp #AbuDhabiGP

©Pirelli

この最終戦では王者メルセデスがその速さを存分に発揮し、彼らの強さを象徴するようなレースを見せました!
今季は手ごわいライバルも現れましたが、ミスやトラブルの少ないチーム作りで見事な1年を送ることになりました。
#f1jp #AbuDhabiGP

そして、マクラーレンホンダとして最後のレースは、アロンソが9位入賞という結果でした。
来季はそれぞれ袂を分かってライバルとなる訳ですが、マクラーレンとホンダがどのようなパフォーマンスを見せるのか、今から楽しみなところですね。
#f1jp #AbuDhabiGP

さあ、今季はハミルトン対ベッテルのタイトル争いに注目が集まりましたが、来季はこれ以上に白熱する戦いに期待したいですね!?
シーズン終盤にはフェルスタッペンが大活躍を見せ、この争いにレッドブルが加わると、来季は今年以上に激しいトップ… https://t.co/U9ZiVwr3UJ

それでは、今日はこの辺で失礼します。
最後にはなりますがMotorzツイッターレポートに1年間お付き合い下さったみなさん、どうもありがとうございました!
F1ファンのみなさん、また来年の開幕戦オーストラリアGPでお会いしましょう!
#f1jp #AbuDhabiGP

 

 

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com