Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

これだけは知っておいて欲しい、国内ワンメイクレースの世界!!

スーパーGTやスーパーフォーミュラのサポートレースとして行われている、ワンメイクレース!今回は、その種類と魅力について・・・

数多くある、ワンメイクレースですが・・・まずはこれだけでも知っておいて欲しいカテゴリーをご紹介します。

まずは簡単な比較から、どうぞ。

図4

まずはざっくりと・・・ポルシェが高くて速いですね。
個人的にはN-ONEが気になるけど、ちょっと高いかな。詳細は↓↓

今一番熱い若手ドライバーの修行の場! FIA-F4

出典:https://fiaf4.jp

出典:https://fiaf4.jp

スーパーGTを観戦する方には、もうお馴染みなのではないでしょうか?FIA-F4。
今年から始まったこのシリーズ。参戦台数も多く、シリーズチャンピオンは将来の道を・・・約束されるかも?という魅力的なレースです。
何より、若手ドライバーの迫力あるレースは、我々を魅了します。

参戦費用は、1000万円~2000万円程。(チームによって事なります。)

いま日本で一番盛り上がっている??GR 86/BRZレース

出典:http://gazooracing.com/

出典:http://gazooracing.com/

2013年より開催されている、トヨタ86とスバルBRZによるワンメイクレース。なによりナンバー付き車両なのが嬉しい所。
今年から、クラブマンクラスとプロフェッショナルクラスの2クラスで開催されるようになりましたが、以前はプロアマが入り乱れての予選決勝と言う事で、アマチュアには厳しいレースと言われていました。(と言っても、アマチュアに負けてるプロもいましたけどね)

クラス分けされてからは、プロクラスは毎回、予選は20番手位まで1秒以内のタイム差とかなりの接戦で観客を熱くしてくれています!

参戦費用は、車両価格300万円+部品メンテナンス代200万円、
トータル500万円+αくらいからのスタートでしょうか?

日本のワンメイクレースの歴史を変えた存在。GR NetzCup Vitzレース

1__2013_GT2-04453

ナンバー付き車両によるワンメイクレースを日本中に広めたレース。いつものヴィッツでレースが出来るという革新を起こした存在。
いまでも、全国各地でシリーズ戦が開催されており、参戦台数も15台~60台前後とかなりの参戦台数を誇ります。

長年趣味として楽しまれている方や、若手ドライバーが多くレース前は和気あいあいとしているのも特徴的。
レース自体は真剣勝負で、ガツガツとカワイイヴィッツがぼこぼこになっている姿をよく見かけます。

参戦費用は、車両価格200万円+部品メンテナンス代50万円、
トータル250万円+αくらい。

世界最高峰、大人のワンメイクレース ポルシェ カレラカップ ジャパン

出典:http://www.porsche.co.jp/ms/pccj/

出典:http://www.porsche.co.jp/ms/pccj/

最新のポルシェレーシングカーで行われるレース。毎年アップデートされる車両でのレースは圧巻の一言。
参加台数も多く、プロフェッショナルクラスにはプロを目指す若手ドライバーが多数参戦していることから、若手対ジェントルマンドライバーの戦いも見所の一つ。

参戦費用は、車両価格2200万円+部品メンテナンス代500~1000万円前後?
トータルで3000~5000万円ほど必要か?

軽自動車でのワンメイクレース ホンダ N-ONE OWNER‘S CUP

出典:http://iidasyashin.blog130.fc2.com/

出典:http://iidasyashin.blog130.fc2.com/

2014年から始まったシリーズで、モータースポーツのすそ野を広げる為に、ホンダが満を持して?開催しているシリーズ。
参加者はナンバー付きのN-ONEをレース用にチューニングし参戦している。今年は参戦台数も多く、かなり盛り上がっています。
10代~60代の幅広いドライバーが参戦しているとか・・・背の高い車が大きく傾きながら曲がる姿も面白いです。

参戦費用は、車両価格150万円+部品メンテナンス代100万円前後
トータル250万円くらいで参戦できそう。

燃費を気にしながらレースする!? CR-Z 10ℓチャレンジ

出典:http://www.honda-crz-se.jp/

出典:http://www.honda-crz-se.jp/

レース仕様のCR-Zをレンタルし、燃費を気にしながらレースをするという変わったワンメイクレース。
レース車両のレンタルは魅力的。そして、燃費を気にしながらなので普通よりも?頭を使うレースです。
車両には、1周当たりの燃費が分かるモニターやオーバーテイクシステム!?が搭載されており、思ったよりも頭脳戦の模様。

参戦費用は、20万円でレンタル+αで参戦が出来るようです。

まとめ

スーパーGTやスーパーフォーミュラ等のビッグレースの中で行われる、サポートレース。お値段も手頃なものからそうでないものまで沢山ありますが・・・参加者は普段よりも多い観客の前でレースをする事が出来ます!

自分でレースに参加するもよし、好きなレースを見つけて応援するもよしですね。やはり現地で見ると、たかがN-ONEとか思っていると痛い目を見ますよ(痛くはない、ビックリするだけです)

しかし、まだまだ面白いワンメイクレースは沢山あるので、それはまた次回ご紹介しますね!!

Writer Introduction
TryOne

車買取.com