Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYEntertainment

サーキット女子30人に聞きました!人気のドライバーランキングin岡山 〜GT300クラス編〜

 岡山国際サーキットで開幕した「スーパーGT第1戦 岡山300kmレース」そこでレースを観戦に来ていたサーキット女子に、いま注目のレーシングドライバーは誰なのか?前回のGT500クラスに引き続き、GT300クラスもアンケートを取ってみました!結果はいかに?

photo by naoki Yukioka

photo by naoki Yukioka

モータースポーツ大好き女子の結川愛寿加です。

前回に引き続き今回も、好きなドライバーランキングin岡山 〜GT300クラス編〜をお届けします。

スーパーGT300クラスの魅力

photo by naoki Yukioka

photo by naoki Yukioka

あれも欲しい、これも捨てがたい、そっちもいいな〜と、乙女心は常に移り気…。興味の対象が変わりやすい女子はいつも、より良いもの、より自分の好みに合ったものを求めています。

それはレースを観戦するときも同じです。

国内の3大メーカー(トヨタ、ホンダ、ニッサン)が凌ぎを削るGT500クラスに対し、世界の名だたるスポーツカーが一堂に会するGT300クラスは、いつの時代も各々の魅力でサーキット女子たちを魅了して来ました。

勿論、馬力が違うため、純粋に速いマシンがお好みという女子にはGT500クラスが好まれると思います。

それに対しGT300クラスは、様々なカタチをした色とりどりのマシンがずらっと勢揃いしているため、GT500クラスよりも選択肢が多く、欲張りでワガママな女子にもお好みの一台を見つけやすいという訳です。

そして、多岐にわたる車種がたくさん揃うということは、その台数×2名、個性溢れる素敵なドライバーも集結しているということ!

あの憧れのスポーツカーを颯爽と乗りこなす魅力的なドライバーたち。

開幕戦の岡山では、一体どのドライバーに人気が集まったのでしょうか?

それでは結果を見てみましょう!

サーキット女子30人に聞きました!人気のドライバーランキング

今回はGT300クラス編です。気になる結果は・・・?

photo by naoki Yukioka

photo by naoki Yukioka

第5位 吉本大樹選手 (#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3)4票

出典:https://supergt.net/

出典:https://supergt.net/

1980年9月2日生まれ B型 大阪府出身
F1への登竜門とされるGP2に参戦し、アジアシリーズでは見事日本人初の表彰台も獲得した実力の持ち主・吉本大樹(ひろき)選手が5位入賞!

その一方で、ロックバンド「doa」のボーカルとしても活躍中で、音楽活動をする際は吉本大樹(だいき)名義を使用しています。

今シーズンは開幕戦でも5位入賞と、ご本人曰く「上々の結果」。

レーサーとしての爽やかな表情と、アーティストとしての激しい一面、どちらも要チェックです!

 

第3位 ケイ・コッツォリーノ選手 (#108 DIRECTION 108 HURACAN)5票

出典:https://supergt.net/

出典:https://supergt.net/

1987年11月9日生まれ O型 東京都出身
今回は3位表彰台を獲得したドライバーが2名いました。
まずは、お父様が有名イタリア人シェフというケイ・コッツォリーノ選手。

ドライバーとしての魅力は勿論、イタリアンならではの陽気な性格と軽快なトークで他カテゴリーのパブリックビューイングでは解説も務めるなど、その話術に引き込まれてしまうのは女子だけではありません。

一時はレースを離れ、お父様のレストラン「カルミネ」の店長として修行した後(パスタの腕前はかなりのもの!)、昨シーズンは海外でレースに参戦。更に腕を上げて帰って来たコッツォリーノ選手。

久し振りの日本の舞台ではランボルギーニを駆って、スーパーGTを華麗に料理してくれること間違いなしです!
第3位 山内英輝選手 (#61 SUBARU BRZ R&D SPORT)5票

出典:https://supergt.net/

出典:https://supergt.net/

1988年10月24日生まれ O型 兵庫県出身
もう一人の第3位は、カートチャンピオンから全日本F3選手権シリーズチャンピオンと、順調にステップアップして来た山内英輝選手。

クールな外見から「話し掛けにくいのかな…」と思いきや、さすが関西人、天然ボケ?発言連発で場を和ませてくれます。

開幕戦の予選Q1では見事トップタイムを叩き出すなど、今年はコース上でも存分に本領を発揮してくれそうです!

 

第2位 蒲生尚弥選手 (#65 LEON CVSTOS AMG-GT)6票

出典:https://supergt.net/

出典:https://supergt.net/

1988年11月11日生まれ O型 岡山県出身
開幕戦で見事優勝を飾った蒲生尚弥選手が、好きなドライバーランキングでも2位と大健闘。

トヨタの若手育成ドライバーとして経験を重ね、ついに地元岡山の地で覚醒!!

その実力で「地元出身ドライバーだから応援しています」という地元密着型のファンだけではなく、多くのサーキット女子からの人気も確固たるものにしつつある、今いちばん勢いに乗っている26歳です!

 

第1位 星野一樹選手 (#3 B-MAX NDDP GT-R) 8票

出典:https://supergt.net/

出典:https://supergt.net/

1977年10月13日生まれ A型 東京都出身
言わずと知れた星野一義監督のご長男で、2008年、2010年のGT300クラスシリーズチャンピオンが、映えある表彰台のセンターに立ちました!

父の猛反対にもめげず、きちんと大学を卒業した後にレースの道に進むなど、苦労人でもあります。

涙もろい人情家で、「その本気の男泣きには、毎回もらい泣きさせられます…」という声があちこちから!!

涙もとても素敵ですが、やはり今季は最高の笑顔で魅せてもらいたいですね!

まとめ

いかがでしたか?

皆さんのお気に入りのドライバーはランクインしていましたか?

また、新たに注目したいドライバーは見つかりましたでしょうか?

今回もサーキット女子30名にアンケートを取りましたが、結果を見てお分かりの通りかなり票が割れました!

ドライバーの人数が多いGT300クラス、6位以下に多くのドライバーが同点でランクインしていました。

今回のアンケートを通して、GT500クラス、GT300クラスに関わらず、長年1人のドライバーを応援している方、地元が近いから応援している方、チームや車種で応援しているから毎年応援するドライバーが変わるという方などなど…

同じ「ドライバーを応援する」というスタンスでも、人によってこんなにも違うんだなということが改めて浮き彫りになりました。
次のスーパーGT第2戦in富士は、国内レースとしては最大の集客力を誇る超BIGレース!!

今回とはまた違った結果が出て来ることが予想されますので、次回のアンケート結果もどうぞお楽しみに。
また、サーキットでMotorzに声を掛けられたサーキット女子の皆さんは、是非お答えをお願い致します!

Writer Introduction
asuka_yuikawa

結川愛寿加(ゆいかわあすか)。大学在学中よりフリーアナウンサーとしての活動を始め、TVやラジオなどのMCやレポーター、パーソナリティを務める。2006年より自身が企画・プロデュースするモータースポーツ番組のメインパーソナリティとして出演。以降、国内レースのみならずF1日本GPやMotoGP 日本GPにプレスとして参加するなど、モータースポーツジャーナリストとしても活動の幅を広げている。今シーズンはスーパーGTに、SUBARUチームMCとしても出演中。http://ameblo.jp/asuka1206/

車買取.com