茨城県龍ケ崎市に店舗を構えるSTRワカイエンジニアリングは、シルビア/180SXやJZX100ツアラー系、86/BRZ用のサーキット走行向けのオリジナルパーツをラインナップするだけでなく、ECUのチューニングやセットアップまで行う万能ショップです。いったいどんなお店なのでしょうか?Motorz編集部が直接取材に行ってきました。

 

©️Motorz

 

 

STRワカイエンジニアリングとは?

STR店内 / ©️Motorz

 

2000年12月に、茨城県龍ケ崎市に店舗を構えたSTRワカイエンジニアリングは、シルビア、180SX、JZX100ツアラー系、86/BRZを中心にオリジナルパーツの開発を中心に、店頭ではメンテナンスやチューニングを代表の若井さんが一人で行っているショップです。

ドリフト走行用の180SXとグリップ走行用のBRZがデモカーとして用意されており、基本的にはSTR製のパーツをメインに、ユーザーが真似をしやすい、ユーザーカーの仕様からかけ離れない改造範囲に留めたカスタム&チューニングが施されています。

地域的に筑波サーキットが近いので、客層はサーキット走行をする若いユーザーが多いようですが、一般整備ももちろん行っており、専用リフトなどを必要としない欧州車等であれば、作業対応可能だそうです。

 

他に無いものを作る

 

代表の若井さん / ©️Motorz

 

86用バンパーとTRDリップスポイラーを装着したデモカーのBRZ / ©️Motorz

 

代表の若井さんは自動車専門学校を卒業後、東京都内のショップで2〜3年、埼玉県のショップで2〜3年勤務し、2000年に地元龍ヶ崎で独立。

現在のSTRワカイエンジニアリングを創業しました。

基本的にお店は、代表の若井さんが一人で運営しており、自社のHP制作からクルマのメンテナンス、ECUのセッティングや商品開発まで全て一人で行っています。

「無いものは作る。」のスタンスで商品開発を行い、STRならではの足回りや補強関係のオリジナル商品も数々ラインナップ。知恵と工夫が凝らされたアイディア商品の数々が生み出されているのです。

 

オススメの商品はこちら!

86/BRZ用STR S-spec車高調

 

©️STRワカイエンジニアリング

 

ストリートからタイムアタック、ドリフトに使えるマルチスペックの全長調整式サスペンションキットです。

バネレートはF:6kg、R:4kgと硬過ぎず柔らか過ぎず、サーキットを走る以前に街乗りもするんだから街乗りの乗り心地も考慮しなければならない、という拘りのレート設定となっています。

商品価格:98,000円(税抜)

 

86/BRZ用STRピラーバー

 

©️Motorz

 

86/BRZ用のピラーバーで、Bピラーを繋ぐ補強パーツになります。

取り付け位置の都合で車検は非対応となりますが、サーキットを走行するユーザーがカメラを固定するためにピラーバーを使用したりと、補強パーツという側面を持ちながら、車載カメラのマウントとしても活躍する便利なパーツです。

商品価格:14,800円(税抜)

※車検非対応

 

86/BRZ用STRアクセルポジションアダプター

 

©️Motorz

 

86/BRZ用に作られた、アクセルペダルポジションを調整するためのアダプターです。

装着することで、ストリートやサーキットのグリップ走行、ドリフト走行時のドライビングポジションを適正化し、ヒール&トゥーがやり易くなったり、ペダルコントロールが行い易くなるパーツ!

調整幅は30mmダウン、45mmダウンと調整可能です。

商品価格:6,800円(税抜)

 

ショップ情報

 

店舗外観©️Motorz

 

STRワカイエンジニアリング

住所:茨城県龍ケ崎市姫宮町7870-4

TEL:0297-61-3156

Webページ:http://www.str-w.jp/

instagram:strwakaienineering

Facebook:STRワカイエンジニアリング

営業時間:10:00〜19:00

定休日:水曜日、イベント・レース開催日

 

まとめ

 

デモカーの180SX  / ©️Motorz

 

今回は、茨城県龍ケ崎市にあるSTRワカイエンジニアリングをご紹介しました。

サーキットでドリフト走行をするユーザーはもちろん、グリップ走行をするユーザーに向けてのオリジナルパーツがあり、若井さんの豊富な経験値から欧州車のメンテナンスも対応しています(一部を除く)。

圏央道が繋がったことから、他県からもアクセスしやすい場所にあるので、近場のユーザーさんはもちろんですが気になる方は遠方からも是非、足を運んでみて下さいね!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!