Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Entertainment, Custom

自慢の愛車をカスタムしたい!東京オートサロンで見つけた最新86カスタム&チューニング【2018】

クルマ業界の1年のスタートとも言える一大イベント東京オートサロンが、今年も2018年1月12~14日に千葉県にある幕張メッセで開催されました。会場いっぱいに所狭しと並べられたカスタムカーやレーシングカーの数々。その中でも大注目だったTOYOTA86の最新カスタムをご紹介します。

 

©Chika Sakikawa

 

 

TOYOTA86ってどんなクルマ?

 

©ChikaSakikawa

 

TOYOTA86は、トヨタ自動車がSUBARUと共同で開発したフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の小型スポーツカーです。

共同開発のSUBARUから発売されている、スバル・BRZとは姉妹車的存在となっていて、チューニングのしやすさから現在でも高い人気を誇り、漫画『頭文字D』に登場した事でも有名な、AE86型カローラレビン・スプリンタートレノ(ハチロク)の「自分だけの1台を楽しみながら育てる」という精神を受け継いだ事から、その名を受け継ぎました。

そして標準グレードのGと、17インチ専用アルミホイールや本革巻きステアリングホイール、そしてシフトレバーノブやパーキングブレーキレバーなどを標準装備する上級グレードGT、GTの装備に加えて本革×アルカンターラのシートやリヤスポイラーなどを装着したGTリミテッド、さらにサイドミラーとリヤスポイラーやアルミホイールをブラック塗装で統一し、Brembo社製のブレーキを標準装備したGTリミテッドブラックパッケージがラインアップされています。

そんな、カスタムやチューニングをする為に産まれてきたと言っても過言ではないTOYOTA86が今年の東京オートサロンでは、どんな姿を見せたのでしょうか。

 

TOYOTA86主要スペック(GTグレード)

 

ボディタイプ クーペ・スポーツ・スペシャリティ
ドア数 2ドア
乗員定員 4名
型式 DBA-ZN6
全長×全幅×全高 4240×1775×1320mm
ホイールベース 2570mm
トレッド前/後 1520/1540mm
室内長×室内幅×室内高 1615×1490×1060mm
車両重量 1260kg
エンジン型式 FA20
最高出力 200ps(147kW)/7000rpm
最大トルク 20.9kg・m(205N・m)/6400~6600rpm
種類 水平対向4気筒DOHC
総排気量 1998cc
内径×行程 86.0mm×86.0mm
圧縮比 12.5
過給機 なし
燃料供給装置 筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
燃料タンク容量 50リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

 

株式会社エッチ・ケー・エス:HKS TRB-03

 

©Chika Sakikawa

 

毎年会場で、ひときわ目を引くハードなカスタム&チューニングカーを展示している株式会社エッチ・ケー・エスが提案する86カスタムは、大きなフロントスポイラーが特徴的な1台。

こちらは、HKSで大人気のGTスーパーチャージャーのリニューアル版であるGT2スーパーチャージャーや、最新テクノロジーを注入したGTIII-RSタービンをインストールするボルトオンターボキットなどなど、エクステリアのカスタムだけではなく動力性能にも最高レベルのチューニングを加えたコンセプトモデルで、東京オートサロンカスタムカーコンテスト2018の「コンセプトカー部門」で「優秀賞」に輝いた作品でもあります。

カスタム&チューニングポイント

エンジン系
型式 FA20
出力 760 ps ( 559.0 kw ) / 6500 rpm
トルク 90 kg ( 882.6 Nm ) / 5900 rpm
チューニング内容 &
使用パーツ
GTⅢT5R+GTⅡWASTEGATE+INTERCOOLER V-SYSTEM

 

伝動系
ミッション HKS SEQUENTIAL
クラッチ HKS TRIPLE

 

外装関係
エアロキット名 HKS

 

©ChikaSakikawa

 

これぞカスタムカーと言わんばかりのワクワクするような外観と、パワーと環境性能を両立させた次世代過給システムであるHKSのスーパーチャージャーなどの本格チューニング。

一般ユーザーが全てを真似る事は色々な意味で少し難しい公道走行不可のコンセプトモデルですが、どんな走りをするのか、クルマ好きとしては1度は乗ってみたい1台ではないでしょうか。

株式会社エッチ・ケー・エス公式サイト:https://www.hks-power.co.jp/index.html

 

VARIS:Hurtling86

 

©ChikaSakikawa

 

シンプルにさり気なくだけど、クルマ好きの気持ちを揺さぶるポイントは忘れない。

そんな、寡黙な存在感を放っていたのは株式会社VARISが提案するHurtling86。

昨年のオートサロンでデビューしたハートリング86を再度リメイクし、VARIS社とHurtling社のコラボエアロだけでなくHKS製S/C KITも装着するという、見た目のカッコよさと走行性能を兼ね備えた1台。

カスタム&チューニングポイント

エンジン系
型式 FA20
チューニング内容 &
使用パーツ
【HKS】S/C Kit、追加インジェクター

 

排気系
マフラー 【HKS】 Hi-POWER SPEC-L
EXマニホールド 【HKS】 GTスペックマニホールド

 

外装関係
エアロキット名 【Hurtling】 Solid & Joker
ドレスアップ内容 &
使用パーツ
【Hurtling】

 

©ChikaSakikawa

 

随所にカーボンをあしらい、レーシーな雰囲気を強調しつつ、ボディーカラーをガンメタリックを基調としたメタリックなダークグレー系で統一した、遊び心を忘れないダンディーな紳士といったイメージのカスタム。

愛車をカスタムする時の参考に取り入れやすい要素満載のデモカーだと思います。

株式会社バリス公式サイト:http://www.hirano-tire.co.jp/vari2-2/varis2-2-1.html

 

ハイパミカスタムグランプリinスポーツランドSUGO:マカロンパープル86

 

©ChikaSakikawa

 

カッコイイ系やレーシーなカスタム&チューニングモデルが多い中、かわいい系カスタムで来場者の注目を集めていたこちらの1台は、昨年スポーツランドSUGOで開催された『ハイパミカスタムグランプリ』で選出された最優秀マシン。

G-ワークス、ドリフト天国、レブスピード、スタイルワゴンの各誌による読者ミーティングに集まった参加者の愛車の中から、各媒体のNo.1を選出し、その中の最優秀マシンに選ばれた、一般クルマファン部門No.1とも言えるカスタムカーなのです。

カスタム&チューニングポイント

 

エンジン系
型式 DBA- ZN6
排気量 1998 cc
出力 259 ps ( 190.5 kw )
トルク 31.5 Nm
チューニング内容 &
使用パーツ
HKS GT SUPER CHARGER

 

排気系
マフラー 柿本改 Regu.06&R
EXマニホールド HKS SUPER EXHAUST

 

外装関係
エアロキット名 AIMGAIN GT BODY KIT
ドレスアップ内容 &
使用パーツ
LSD ガルウィングキット、ロケットバニー V3 GT- wing。

 

 

©ChikaSakikawa

 

AIMGAIN GT BODY KITをまとい、リア側にボリュームを持たせたスタイルは、86のスマートなデザインに少しずっしりとした存在感を持たせるも、ツヤツヤのマカロンパープルで全塗装したボディーでその重厚感をカバーし、爽快感あるPOPなデザインにまとめあげています。

そんな周りの86カスタムと一気に差を付ける、sweetな世界観溢れるカスタムモデル!

カッコイイだけがクルマじゃない!そんなカスタムを求めている方におススメの1台です。

ハイパーミーティング公式サイト:http://hypermeeting.jp/

 

KUHL-RACING-JAPAN/ROHAN:86WIDEBODY ROHAN G-CANDY

 

©ChikaSakikawa

 

エアロキットやリアスポイラーなど造形のカスタムだけでなく、ボンネットに描かれた美しい翼モチーフが魅力的な86WIDEBODY ROHAN G-CANDY。

KUHLRACINGワイドボディキットを装着し、日本を代表するカスタムペインターのROHAN井澤氏と、塗料メーカーの重鎮であるSIGNAL SHOW UPが開発した、革新的且つ次世代キャンディカラー「G Kandy」で全塗装したチューニングカーとなっています。

カスタム&チューニングポイント

 

排気系
マフラー KUHL SLASH 4 TAIL MUFFLER 116Φ

 

外装関係
エアロキット名 86WIDE-BODYKIT 01R-GTW
ドレスアップ内容 &
使用パーツ
01R-GTW ワイドボディーフルエアロキット、スワンネックウイング、KUHLオリジナルマフラー115Φ、KITZワンオフ加工ヘッドライト、V8エンジン載せ換え、キャンディーブルーグラフィックペイント

 

空力を徹底的に追求した、立体感あふれるレーシングデザインなど愛車の造形や走行性能へのこだわりカスタムが参考になる事はもちろんですが、自分の愛車独自のグラフィックやカラーリングも妥協したくない!という方に是非参考にして頂きたいデモカーです。

KUHL-RACING-JAPAN公式サイト:http://kuhl-japan.com/

ROHAN公式サイト:http://www.rohan-izawa.com/#1page

 

BN SPORTS BLS:TOYOTA86 ver.2018

 

©ChikaSakikawa

 

ドレスアップの定番とも言えるワイド&ローを基本としつつも高級感と個性を演出。

フロントやリアから見た姿は、GTウィングに大きなフロントスポイラーなど誰もが憧れるカスタムカーという原点を忘れない、大迫力の1台となっています。

 

カスタム&チューニングポイント

 

エンジン系
チューニング内容 &
使用パーツ
トラスト ターボキット

 

外装関係
エアロキット名 BLS TOYOTA86 ver.2018
ドレスアップ内容 &
使用パーツ
8点KIT+GTWING

 

 

©ChikaSakikawa

 

また、フロントフェンダーから突き出したフィンが空力パーツとしてだけではなく、よりワイルドでレーシーなイメージに。

そんなオーソドックスかつ走りに特化したカスタムが好みの方は、ドレスアップの参考にしてみてはいかがでしょうか。

BN SPORTS公式サイト:http://www.bn-sports.co.jp/index.html

 

まとめ

 

©ChikaSakikawa

 

カスタムやチューニング、ドレスアップと一言で言っても、何を重視するか、どういうジャンルが好みかなどによって様々です。

そんな無限大とも言えるカスタムの世界の、年に1度の見本市と言っても過言ではない東京オートサロン。

その広い展示会場の中にビッシリと並べられたデモカーの数々の中で、今回はTOYOTA86(ZN6)ベースの車両に絞ってご紹介させて頂きました。

2018年最新カスタムモデルの数々。

是非愛車のドレスアップの参考にしてみてくださいね!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com