Motorz編集部は2018年5月3日~4日に富士スピードウェイにて行われた今シーズンの SUPER GT 第2戦『富士500kmレース』へ取材に行ってきました!今回は『ピットウォーク』の様子をお届けします!観戦チケットに加え、ピットウォークパスを購入しないと入れませんが、毎回長蛇の列ができる人気コンテンツです。ピットウォークの人気の秘訣とは一体何なのでしょうか?

 

 

 

GTマシンにここまで大接近出来ちゃうんです!

 

これまでに『LEXUS TEAM SARD』のピット内に潜入したり、サーキットでしか食べられない美味しい屋台のグルメなどをリポートして参りましたが、今回はピットウォークの様子について、Motorzの先川編集長とお届けしたいと思います!

ところで皆さんはSUPER GTのピットウォークに参加されたことはありますか?

案外、SUPER GTを観戦したことのある方の中でも「ピットウォークにまで参加したことは無いです。」という方も多いのではないでしょうか?

実は、先川編集長もそんな1人なのでした。

ということで、本当に初めて参加してみた人間のフレッシュなリポートを、ぶらりとお散歩的な感じでお届けしたいと思っているのですが……。

 

 

ピットウォーク開始と共に、多くのお客さんが入ってきます。

入場の整理列はいつも長蛇の列になっているので、その様子を見たことのある方は居るかもしれませんね。

ピットが解放されてから5分程度でご覧のような人だかりになってしまいました。

 

それもそのはず、ピットウォークではこんな近くにまでGTマシンに接近できるんです!

先川編集長もGTマシンを直近に、テンションが上がってきました。

 

あのドライバーにも大・大・大接近できますよ!!!

SUPER GTのピットウォークがこれほど人気な理由は、ただマシンに近づけるというだけではありません。

各チームのドライバーもこの時間はピット前に現れて、サイン会を行なったりしているのです。

人気のあまり、すぐにサイン会の受付を終了してしまうチームもあったりしますので、お目当てのチームには真っ先に行くことをオススメします!

 

 

……と、ここで先川編集長、JLOCのピット前でドライバーにインタビューを試みます。

 

 

87号車『リーガルフロンティア ランボルギーニGT3』のドライバーを務める元嶋佑弥選手に突撃!

 

先川編集長の「変顔してもらえるって聞いたんですけど」という雑なフリに対しても、持ち前の明るいキャラクターで、付き合ってくださる優しい元嶋選手です。

Motorzが今後の活躍に期待するドライバーのひとりです!

 

続いて編集長の”変顔”ターゲットになったのは……。

 

 

9号車『GULF NAC PORSCHE 911』のステアリングを握る、久保凛太郎選手。

彼も元嶋選手同様に明るく、コミカルなキャラクターでベテラン選手からも愛されてる(イジられてる?)ドライバーさんですね!

 

 

久保選手は、富士の1コーナーにこんな顔をして飛び込んでいるそうです。

本当にこんな顔をしているのか、ぜひ今度はヘルメットにCCDカメラを付けて検証させてください!(笑)

 

……といった具合に、ドライバーたちにも大接近できるのもピットウォークの魅力なワケです!

 

今期大注目のあのチームのピットにも潜入……!?

ということで、続きは動画でお楽しみください!

 

Motorz編集部のYoutubeチャンネルでは、毎週月・水・金曜日の19時ごろに更新していますので、定期的に覗いてみてくださいね!

編集部のYoutubeチャンネルはコチラになります。

 

毎週月水金曜日更新!チャンネル登録をお願いします!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、ページ下部の応募フォームからご登録をお願いします!