11月2〜4日に岡山国際サーキットで、2018年シーズンの最終戦となる『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第6戦 スーパー耐久レース in 岡山』が開催されました。そこで同シリーズのST-2クラスに長年参戦しつづけている『TOWAINTEC Racingチーム』が6連覇の快挙を達成!「シーズンを通して苦しい展開が続く、辛い1年でした」とドライバーやチーム関係者も語る試練の年を支えていたのは、DAMD製のエアロパーツでした。

 

©︎Motorz

 

DAMD MOTUL ED WRXが6連覇の快挙を達成!

レース終了直後のドライバー陣。左から後藤比東至選手、大澤学選手、大澤俊之代表、石坂瑞基選手、井口卓人選手/©︎Motorz

 

11月2〜4日に岡山国際サーキットで、2018年シーズンの最終戦となる『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第6戦 スーパー耐久レース in 岡山』が開催されました。

そのレースウィークで最も注目を浴びていたのが、長年ST-2クラスに参戦し続ける『TOWAINTEC Racingチーム』。

最終戦を無事に完走すれば、クラスチャンピオン6連覇が決定するという大一番。

その瞬間を心待ちにするファン(特にスバル好き)からの熱い期待に見事にこたえ、シリーズチャンピオンを手にしました。

そんな最高の週末にMotorz編集部も密着してきたのですが、6連覇への道のりは想像以上に険しいものだったそうです。

 

6連覇の裏側にMotorz編集部が密着!

 

ウエイトハンデを抱えながらも予選2番手に付けた#59『DAMD MOTUL ED WRX』は、スタートから終始#6『新菱オート☆DIXCELエボⅩ』を追いかける展開に。

レース序盤から数ラップに渡り、テールトゥノーズの攻防を繰り広げます。

 

©︎Motorz

 

特に今回のレースはシリーズチャンピオンがかかった大事な1戦だったので、

「チームとしては完走を第一に、人もクルマも労いながら、ドライバーも4人体制で臨みました。」

と語ってくれたチーム代表の大澤俊之さんは、テールトゥノーズの展開に内心ハラハラしていたことでしょう。

 

©︎Motorz

 

そんなチーム代表 大澤さんの想いを汲んだのか、59号車は次第に自分のペースを取り戻し、6号車とのランデブーから独走モードに入ります。

そして一時はクラストップを快走する走りも見せてくれた同車は、順調にドライバー交代を済ませ、ラップを重ねていきました。

 

©︎Motorz

 

そして、最終ラウンドで最後のドライバーを任されたのはGTドライバーでもある井口卓人選手。

今年5月に開催された『ニュルブルクリンク24時間レース』ではスバル WRX STIでクラス優勝を達成し、スーパーGTシリーズでもスバル BRZを走らせる、スバルの勝利請負人です。

 

レース終了直後、ピットへ駆けつける井口選手/©︎Motorz

 

井口選手は開いていた6号車とのタイム差をみるみる縮め、最後は安定した走りで2位チェッカー!

それは、シリーズチャンピオン獲得の瞬間でした。

 

無事チェッカーを受け、勝利の喜びを噛みしめる後藤選手、石坂選手、大澤選手/©︎Motorz

 

各ドライバーのレース後のコメント

大澤 学 選手

今年は本当に苦しくて、試練の年でしたね。

30kgのウエイトハンデを搭載した状態からシリーズがスタートし、その中でもみんなでなんとか力をあわせて勝ち取ったチャンピオンだと思います。

ここまで来たら7連覇……とかは、とりあえず今は考えられないですね(笑)。

後藤 比東至 選手

正直、ホッとしています。

富士の24時間レースでは度重なるアクシデントでノーポイントに終わり、やられた!と一瞬思ったので……。

そこから後半は巻き返せたので、本当にホッとしたのが素直な気持ちです。

石坂 瑞基 選手

今回自分はDドライバーとして走らせていただいて、みんなで確実にチャンピオンを獲るという目的を無事に果たせてすごく嬉しいです。

ツーリングカーと耐久レースというのは自分にとって、初めての挑戦だったので、初めての年でチャンピオン獲れた点も、個人的にはすごく嬉しいです。

井口 卓人 選手

クルマはすごく調子良かったし、実際にあと少しで優勝できる位置まで肉薄する速さがあったので、まだまだ来年以降も面白いレースができるんじゃないでしょうか。

普通にプッシュもしましたが、今回はちゃんと完走してチャンピオン獲ることが1番の使命だったので、達成できて良かったです。

空力パーツは市販品でなくてはならない

量産車によるレースにこだわるスーパー耐久シリーズでは、装着可能なパーツへの制限もかなり厳しいものとなっています。

特に外装パーツは、空力パーツの装着自体は認められているものの、市販品(一般消費者が普通に購入できるもの)でなくてはならず、特注品や『著しく高価なもの』は禁止されています。

ST-2クラスでスバルWRXを走らせるTOWAINTEC Racingチームは、そんな厳しいルールの中で最高のパフォーマンスを発揮できる市販エアロパーツとして、DAMDのエアロパーツを用いているという訳です。

同チームの6連覇を支えたと言っても過言ではないDAMDのエアロについて、長年チーフメカニックを務めるの石原孝行さんと、同じく長年ドライバーを務める後藤 比東至選手に話を伺いました。

 

チーフメカが語る “圧倒的な冷却性能”

レース直前マシンのチェックに余念がない石原さん/©︎Motorz

 

ダウンフォースはもちろんなんですが、クーリング性能が圧倒的ですね。

特にターボ車なので、水温は1番気になる点となりますから、その点では絶対的に信頼できますね。

風洞に掛けたりしている訳ではないので正確なデータはないのですが、そもそもWRXというクルマは同クラスのライバルに比べてもコーナリングスピードに優位性があるので、コーナリング中のダウンフォースなんかにも良い影響を及ぼしているのではないでしょうか。

 

ドライバーが語る”フィッティングの良さ”

後藤 比東至 選手(画像左)/©︎Motorz

エアロに関しては、なんといっても見た目のカッコよさが最大のポイントですかね。

レーシーだけど嫌味のないデザインは、街乗りのWRXでも十分イケると思います。

DAMDクオリティのデザイン性の高さは見てもらえればわかる通りなのですが、フィッティングの良さもかなりのもの!

レースペースで走っていても「外れちゃうかも。」という不安感を感じさせない精度の高さは、自動車メーカーに純正採用されているメーカーだけはあるな、と言ったところです。

 

チャンピオンマシンを徹底解剖!

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

S耐マシンに装着されるエアロは市販パーツでなければいけないため、レースカーと同じスタイリングであることは言うまでもありません。

市販パーツは、レースのために広げすぎた開口部などをストリート走行の為に一部見直してリデザインされていたりもするので、各部を細かく見ていきたいと思います。

 

フロントバンパー

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

 

実は、最近発売されたDAMD製レヴォーグ用ボディキットも、スーパー耐久レースで空力が実証されたWRX STI用エアロパーツをベースとして開発されています。

中央より左右に突き抜けたウイングがダイナミックで鮮烈なイメージを与え、レヴォーグをよりアグレッシブなシューティングブレイクへとレベルアップさせてくれるアイテムです。

 

オーバーフェンダー

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

 

こちらもレヴォーグ用のオーバーフェンダーですが、やはりWRXをベースに開発されています。

フェンダーの各部に空いたダクトはエンジンルーム内の熱を逃す効果があり、その性能は耐久レースで実証済み!!

高い信頼性を誇ります。

 

サイドスカートにも注目!

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

ボディサイドを流れる空気を整流する効果のあるサイドスカートは、意外とバカに出来ないパーツです。

サイドを流れる空気を整えることで、最高速の伸びと安定感が増加!!

高速移動などが多いWRXユーザーには、特にオススメのパーツとなっています。

 

リアバンパーはエアの抜けがスゴい!

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

 

フロントフェンダーだけでなく、リアも大胆に開口部が広がっており空気の抜けは抜群!

こうして写真で見比べてみると、実戦で投入されているパーツと同じであることが良くわかると思います。

 

2018シーズンはリアウイングもアップデート

©︎Motorz

出典:https://www.damd.co.jp/

 

2015年シーズンにデビューしたDAMD製のWRX用エアロパーツですが、2018シーズンは若干のアップデートもされているようです。

特にリアウイングはステーまでもが軽量化されており、旧モデルとは微妙に違うポイントとなっています。

DAMD WRXのエアロパーツを詳しく見る!

 

まとめ

 

©︎Motorz

 

見事2018年シーズンも制し、6連覇を果たした『TOWAINTEC Racingチーム』。

今回は、そんな同チームを空力面でサポートするDAMDのエアロパーツについてご紹介しました。

レースでも用いられている同社のエアロパーツはカッコいいだけでなく、実用的でもあることが実戦で証明されています。

愛車をドレスアップしたい方はもちろん、高い次元でブレーキング性能やエンジンパワーを気にするスバル車が好きな方、WRXオーナーの方は是非1度チェックしてみてくださいね!!

必ず気に入って頂けると思います。

 

©︎Motorz

 

DAMD|WRX特設ページはコチラ

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!