スウェーデンのバイクメーカー『Husqvarna(ハスクバーナ)』から新型モデル『ヴィットピレン401』および『スヴァルトピレン401』が登場しました。両車両は、オフロードバイクばかり作ってきたハスクバーナが、久しぶりに販売するロードスポーツモデルということで注目を浴びています。長らくロードスポーツモデルを開発していなかったハスクバーナが送り出したロードスポーツモデルは、一体どんなバイクに仕上がっているのでしょうか。

 

ハスクバーナー・スヴァルトピレン401

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

普通自動二輪免許で乗車可能!ハスクバーナ・ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401が登場

 

ハスクバーナー・ヴィットピレリ401

ハスクバーナ・ヴィットピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

ハスクバーナー・スヴァルトピレン401

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

『Husqvarna(ハスクバーナ)』といえばオフロードバイクをメインに製造しているスウェーデンのバイクメーカーですが、今回紹介する『ヴィットピレン401(VITPILEN 401)』は、ロードスポーツモデルです。

そして、兄弟車となる『スヴァルトピレン401(SVARTPILEN 401)』はブロックタイヤとアップハンドルを装着したデュアルパーパスモデル。

車名にある”401″は排気量を示している訳ではなく、実際は排気量373ccで普通自動二輪免許でも乗ることが可能です。

そのため日本の免許制度にも適合しており、軽量コンパクトな車体は日本の道にもぴったりなモデルといえるでしょう。

 

ハスクバーナは最古のオフロードバイクメーカー

 

1910_1919_Husqvarna Moto-Reve

1910~1919年まで生産された Husqvarna Moto-Reve / 出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Husqvarna_Motorcycles

 

ハスクバーナというメーカーの歴史はとても古く、スウェーデン王室におさめるマスケット銃のメーカーとして1689年に設立されました。

日本であれば江戸時代、徳川綱吉の時代です。

社名のハスクバーナは、工場がハスクバーナ川の辺りに建てられたことが由来で、その後、ミシンや自転車の製造を開始し、1903年にオートバイの製造をスタート。

さらに、チェーンソー及びエンジン搭載芝刈り機の製造も行うようになり、日本でも農林/造園に関わる人々には定番メーカーの1社!

また、ハスクバーナ製ミシン『ハスクバーナ・バイキング』は高級品とされ、日本でも株式会社ベビーロックが正規輸入代理店として販売を行っています。

 

1900年代前半レース活動の他に小型のモペット開発にも着手

 

1930年代、ハスクバーナー製バイクがレースに出走する様子

1930年代、ハスクバーナー製バイクがレースに出走する様子 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

1903年に製造を開始したハスクバーナ製バイクは、1930年代に入ると350ccと500ccのロードレースに出場するようになり、マン島TTレースのジュニアTTクラスでは3位に入るほどの活躍を見せます。

そして積極的にレース活動も行い、高性能なバイクを次々と開発。

また、1935年には小型2ストロークエンジンを搭載したモペットの販売に乗り出し、生産台数を伸ばしていきました。

 

ハスクバーナー製モペッドNovolette

ハスクバーナー製モペッド『Novolette』 / 出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Husqvarna_Motorcycles

 

高性能2ストモトクロッサーで世界最強のモトクロスバイクメーカーに

 

1970年代にハスクバーナーのバイクで多くの優勝を獲得した Heikki Mikkola氏
/ © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

1960年代には2ストロークエンジン搭載の高性能なオフロードバイクを次々と送り出し、1960年代から70年代にかけて、125cc、250cc、500ccの各クラスで14回のモトクロス世界選手権チャンピオンを獲得。

24回のエンデュロ世界選手権と11回のバハ1000の優勝を飾り、モトクロスやエンデューロ、ラリーにおいては圧倒的な速さを誇っていました。

 

カジバ・BMW・KTMによる買収

 

1987年、ハスクバーナの二輪車部門は、イタリアのバイクメーカー・カジバに買収されます。
しかし、カジバの経営状態が悪化し、2007年にハスクバーナの経営権をBMWが買収するも、わずか6年で手放し、紆余曲折あって現在はKTMの傘下でハスクバーナの二輪車部門は運営されています。

 

ハスクバーナ・ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401とはどんなバイク

 

ハスクバーナ・ヴィットピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

ハスクバーナー・スヴァルトピレン401

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

ヴィットピレン(VITILEN)とスヴァルトピレン(SVARTPILEN)は、スウェーデン語でそれぞれ白い矢(ヴィットピレン)と黒い矢(スヴァルトピレン)を意味します。

そんなヴィットピレンのデザインを手がけたのは、オーストリアの工業デザイン会社『Kiska』。

2015年のミラノショーでコンセプトモデルを発表し、多くの反響があったのか、そのままのかたちで市販化に至りました。

 

実はKTM390デュークとベースは同じ

 

KTM390DUKE

KTM390DUKE / © Asset Bank 2018

 

『ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401』は『KTM 390 DUKE』をベースに開発され、フレームやエンジンは共通。

だた、ベース車両の『KTM 390 DUKE』よりエンジンパワーは2馬力アップされており、足回りやデザインもハスクバーナ独自の味付けがされています。

その為、ストリートファイタースタイルの『KTM 390 DUKE』と、カフェレーサースタイルの『ヴィットピレン401』、スクランブラースタイルの『スヴァルトピレン401』という3兄弟がここに誕生し、ネイキッドバイク好きには選択の幅が広がったと言えるのではないでしょうか。

 

カフェレーサーのヴィットピレン401とスクランブラーのスヴァルトピレン401

 

ハスクバーナ・ヴィットピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

ヴィットピレン401はカフェレーサースタイルを全面に出した、ロードスポーツモデルです。

スポークホイールが足回りにレトロな味を出しつつ、タンクからシートまで一体になったサイドカバーが近代的なデザインを演出。

欧州メーカーらしいスタイリッシュなネオクラシックカフェレーサーとなっています。

そして、フロント足回りはWP製の倒立フォークとリアモノサスに、ブレンボのグループ企業であるBYBRE製のラジアルマウントキャリパーが装着され、タイヤはメッツラー製のラジアルタイヤなど、かなり高価なパーツが多数採用されています。

 

ハスクバーナー・スヴァルトピレン401

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

また、スヴァルトピレン401はアップアンドとブロックタイヤを装着し、スクランブラースタイルに仕上げられています。

サスペンションとブレーキはヴィットピレンと共通で、タイヤはピレリ・スコーピオン!。

ヴィットピレンはタイトなポジションで、長距離でのライディングは疲れてしまいそうですが、スヴァルトピレンはアップハンドルで上半身があまり前傾にならないため、長距離でのクルージングに向いていると思われます。

 

ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401のスペック&価格

 

ハスクバーナー・ヴィットピレリ401

ハスクバーナ・ヴィットピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

ヴィットピレン401 スヴァルトピレン401
全長×全幅×全高(mm) 未公開 未公開
軸間(mm) 1,335 1,335
シート高(mm) 835 835
車両乾燥重量(kg) 155 157
エンジン種類 水冷4ストローク単気筒DOHC 水冷4ストローク単気筒DOHC
排気量(cc) 373 373
内径×行程(mm) 89×60 89×60
圧縮比 12.6 12.6
最高出力(kW[PS]/rpm) 30.8[42]/9,000 30.8[42]/9,000
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm) 37.2[3.8]/6,750 37.2[3.8]/6,750
トランスミッション 6速リターン 6速リターン
タンク容量(L) 約9.5 約9.5
タイヤサイズ 110/70R17 110/70R17
150/60R17 150/60R17
車両価格(円) 777,000 777,000

 

まとめ

 

ハスクバーナー・ヴィットピレリ401

ハスクバーナー・ヴィットピレン401 / © Husqvarna Motorcycles All Rights Reserved

 

老舗バイクメーカー、ハスクバーナが生み出したヴィットピレン401/スヴァルトピレン401は新興メーカーが作り出したと思わせる新鮮さを感じさせてくれます。

特にヴィットピレン401は、カフェレーサーとされていながら今まで見てきたカフェレーサーとは一線を画すほど斬新かつスタイリッシュ。

チューニングショップがカスタムを施したバイクのようでもあります。

ハスクバーナが培ってきたモトクロスバイクのノウハウが注入され、今までに見たことないようなスタイルの全く新しいモデル!

ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401から目が離せません。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!