日産自動車より1995年に販売が開始された、R33型スカイラインGT-R。先代R32 GT-Rから更にスペックアップしたマシンの魅力や中古相場は?詳しく見ていきましょう。

Photo by Nick Preston

R33スカイラインGT-Rとは

1993年に販売が開始された、9代目スカイラインR33型の2ドアモデルをベースとして開発かれたR33スカイラインGT-R。

先代R32 GT-Rのニュルブルクリンクタイムから、21秒縮めた「マイナス21秒ロマン」を大きな目標に掲げた車両です。

そして、R32が8分20秒だったのに対し、R33は7分59秒と驚きのタイムを叩き出しています。

スタイリッシュな先代モデルと比べ、大きくなったR33 GT-Rには、重量増などをカバーするために、様々な最新システムや改良されたエンジンが搭載されました。

R33 スカイラインGT-Rのグレード展開

Photo by peterolthof

R33スカイラインGT-Rには、2ドアの標準モデルに加え、チューニングが施されたVスペック、VスペックN1、NISMO 400Rのグレードが展開されました。

さらに、4ドアのオーテックバージョン 40th ANNIVERSARも存在します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Vスペック

Photo by CarSpotter

ATTESA E-TS PROを標準装備し、標準モデルとは足回りのセッティングが異なるだけでなく、車高も少し下げられました。

よりスポーティな走りが楽しめるモデルです。

Vスペック N1

Photo by Tony Crowe

N1耐久レースに出場するために、販売されたモデルです。

走りに不要なエアコンなどの装備が省かれ、耐久レースでも壊れないよう、空冷オイルクーラーや空力パーツが装備されています。

NISMO 400R

出典:https://en.wheelsage.org/nismo/nissan_skyline/16659/pictures/mwymax/

エンジンが2600ccから2800ccにボアアップされたことに加え、大型インタークーラーや、NISMOによるコンピューターチューニングが施されたモデルです。

生産台数は55台限定で、非常に希少なレア車でもあり、最大出力400PS/6800rpm、最大トルク47.8kgf/rpmを発するモンスターマシンとなっています。

オーテックバージョン 40th ANNIVERSAR

出典:https://www.nissan-global.com/EN/HERITAGE/342_skyline_gt-r_autech.html

2ドアモデルをベースに、4ドア化されたモデルです。

生産台数も442台と少なく、大変希少なモデル。名称が長いので、4ドアGT-Rと呼ばれました。

引き継がれる名機、RB26DETT

Photo by 陳 清

先代と同じ型式の直列6気筒ツインターボエンジンを搭載していますが、重量増をカバーするため更にスペックアップされています。

過給圧を高くし、圧縮比、吸排気タイミングなどの見直しが施されました。

最大出力は280PS/6800rpm、最大トルクは37.5kgm/4400rpmを発揮します。

進化した電子制御システム

ECUのビット数が8から16に増やさらる、より細かな演算を可能にするなど、進化した電子制御システムが搭載されています。

ATTESA E-TS PRO

Vスペックモデルに搭載されたATTESA E-TS PROは、通常の前後トルク配分を0:100〜50:50まで可変させる制御に加え、後輪軸に多板クラッチ電子制御式LSDが組み合わされたシステムです。

先代モデルでネックだった、アンダー傾向の走りが解消されました。

スーパーHICAS

Photo by Drive Addiction

スーパーHICASは、ステアリング操作に応じて前輪だけでなく後輪の舵角も制御し、コーナリング中の安定性を高めるシステムです。

特に高い速度域での走行時や、高速コーナーでの安定性の向上が目的とされました。

油圧式だったR32に対し、電動式となったことで、さらに細やかな制御を可能にしています。

重量増をカバーするブレーキ

Photo by Mervin Truong

ハードな走行を繰り返しても高いポテンシャルを保てる、安心のブランド製キャリパーが、全グレードで採用されています。

R33 GT-R主要スペック

Photo by FotoSleuth

R32と比較したスペックをご紹介します。カッコ内はR32のスペックです。

これだけ、車体サイズが大きくなったにも関わらず、車両総重量はたった50kg増というのが驚きのポイントとなっています。

車両型式:BCNR33 (BNR32)

全長×全幅×全高(mm):4675×1780×1360 (4545×1755×1340)

車両総重量(kg):1750 (1700)

エンジン型式:RB26DETT

総排気量(cc):2568

最大出力(PS/rpm):280/6800 (280/6800)

最大トルク(kgm/rpm):37.5/4400 (36.0/4400)

R33 GT-Rの中古車相場

Photo by orion

未だ人気の衰えないR33 GT-Rの中古車価格は、2021年1月現在でも最低300万円、Vスペックで600万円ほど。限定台数のNISMO 400Rや4ドアGT-Rは2,000万円と、驚きの価格になることもあります。

R32ほど中古車相場は高騰していませんが、R33もかなり台数が少なくなってきており、今後更に価格が上昇していくことは確かです。


まとめ

今日においても、人気が衰えないスカイラインGT-Rシリーズ。その中でも威厳があり迫力のある車体サイズのR33スカイラインGT-Rは、日本だけでなく世界中で語り継がれる名車です。

 

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!